地図

トロント(YTOA)行きの格安航空券・飛行機・LCCの検索

プラハ行きのフライトが発着している日本国内の空港

トロント ピアソン国際空港は都心部より約27キロに位置するカナダ最大規模の空港です。エアカナダウエストジェット航空のハブ空港としても活用され、カナダ国内線や北米路線をはじめ中米・カリブ・南米・欧州・アジアからの国際線定期便も多く就航しています。日本からは羽田空港よりトロント行きの直行便が就航しています。日本国内各地から出発する場合は、東京で国内線から飛行機を乗り継いでトロント行きのフライトを利用します。そのほかにもワシントン・シカゴ・サンフランシスコといったアメリカ国内都市で乗り継いでトロントへ行く方法もあります。羽田空港から直行便を利用した場合、トロントまでは約12時間のフライトです。

トロント行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

トロント行きの飛行機は、年間の平均で約130,148円です。(*1)

トロント行き航空券の安い時期・高い時期

トロント行きの航空券は、年間平均で約130,148円 (大人1名あたりの往復運賃) です。相場が高い時期と安い時期が数ヶ月おきに入れ替わります。9~12月は航空券が安いシーズン。最安値になるのは11月で年間平均運賃より19%安く、相場は約108,000円です。12月になると価格は上昇に転じ124,300円台にまで上昇します。1~6月はアップダウンを繰り返しながら、相場は12~13万円台で推移。2~3月は価格が下がり、相場は121,000~122,000円台で年間平均より8%ダウンします。7~8月は旅行者数が増えることから航空券価格が再び高くなります。8月は最高値をマークし、相場は約160,000円。夏休みに航空券が高くなる時期もありますが、早期割引運賃やセール運賃が適用されることもあるので格安航空券を利用できるチャンスがたくさんあります。 (価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算)

トロントはカナダ最大の都市で、北米五大湖のひとつオンタリオ湖沿岸に街が広がり、経済・商業の中心地として発展しています。カナダは移民の受け入れに寛容な国で、トロントはさまざまな国から移住してきた人々が暮らすコスモポリタンシティとしても有名です。街のシンボルであるCNタワーをはじめ、ショッピングやスポーツ観戦ができるレジャー施設も充実。日本からは観光だけでなく語学留学やワーキングホリデーで訪問する人もたくさんいます。トロントには四季の区別がありますが、春と秋が短く夏と冬の寒暖差が大きいのが特徴です。夏はオンタリオ湖の影響を受け湿度が高く、日中の最高気温が35度を超えることもあります。冬は最高気温が氷点下のこともあるため、防寒対策をしっかりしておきましょう。春と秋は比較的過ごしやすく旅行のベストシーズンといえそうです。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

相場より割安で入手できる航空券

お得な航空券の情報は同ルートにおける過去1年間の平均価格を基準に、過去24時間以内に見つかった20%以上安いフライト価格を抽出して表示しています。価格は毎日更新。

トロント行きの格安飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?トロント行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接トロント行きのフライトをご予約いただけます。

日本からプラハへ就航している主な航空会社

日本からトロント ピアソン国際空港にはエアカナダが就航しています。ANA (全日空) とエアカナダはスターアライアンスに加盟しているため、羽田-トロント線でコードシェアを行っています。北米や中南米の各都市へのフライトも、トロントを経由すればスムーズに乗り継げます。トロント ピアソン空港にはユナイテッド航空アメリカン航空デルタ航空といったアメリカの航空会社も乗り入れています。アメリカ主要都市を経由してトロントに行く場合は、アメリカの航空会社を利用することもできます。現在のところ、日本からトロントに就航している格安航空会社 (LCC) はありません。

トロント ピアソン国際空港から都心部へのアクセス

トロント・ピアソン国際空港から都心部までの主な交通手段は、鉄道・バス・タクシー・ウーバー (UBER) です。またトロント市内で利用できるチャージ式交通カードPRESTO CARD (プレストカード) を購入のうえ料金をチャージしておくと、UPエクスプレス (鉄道) やTCC (バス・地下鉄・路面電車) の乗降時に便利です。

・鉄道 (UPエクスプレス)
空港とトロント最大のターミナル・ユニオン駅を結ぶ鉄道です。ターミナル1と駅が直結していて、運行間隔は15分です。途中ウエストン駅とブロア駅に停車し、終点ユニオン駅までの所要時間は25分。料金は片道12カナダドルです。

・バス
市内中心部までトロント交通局 (TTC) のバスを利用することができます。料金の支払いは乗車時に行いますが、現金の取扱いはコインのみ。空港到着時にPRESTO CARDを購入しておくと便利です。乗り場はターミナル1と3の両方にあり、【192番】キップリング駅行き、【52A】ローレンス・ウエスト駅行きのほか、深夜バス【300A】ブロア・ダンフォース通り行きがあります。料金は一律カナダ3ドル。運行間隔は路線によって異なりますが10~20分です。

・タクシー
ターミナル1・ターミナル3の到着ロビーを出るとタクシー乗り場があります。ゾーンごとの定額制で料金は50カナダドル~。大きな車両のリムジンも利用可能ですが、タクシーより料金が10%ほどアップします。チップは料金の10~15%が相場です。

・ウーバー (UBER)
日本でも最近徐々に利用者が拡大している配車アプリサービスを使って空港から市内中心部まで行くことができます。あらかじめUBERのアプリをスマートフォンにダウンロードし、配車のリクエストをします。空港からユニオン駅までの料金は42ドル~で、所要時間は30~60分ほどです。車種によって料金が異なりますが、予約時に行き先や車種ごとの料金を確認できます。

トロント旅行のお役立ち情報

見どころいっぱい!カナダ最大の都市 トロント

オンタリオ湖のほとりにあるカナダ最大の都市・トロント。ランドマークともいえるCNタワーは553.33メートルもあり、展望台からトロントの街を一望できます。CNタワーのグラスフロアは文字どおり床がガラス張りになっていて、空中散歩をしている気分になります。屋外展望台もあり、上空116階の張り出しのうえを一周できる「エッジウォーク」というスリリングなアトラクションも人気。トロントからちょっと足を伸ばしてナイアガラの滝ツアーに参加する人もたくさんいます。ナイアガラまではシャトルバスで約90分と近く、大迫力の絶景を眺めることができます。そのほか1914年に建てられた「カサ・ロマ」も人気の観光スポットのひとつ。中世のお城のような大富豪の邸宅で、館内を見学することもできます。高級ブランド店の多いブロア・ヨークビルでショッピングをしたり、スポーツが好きな人はアイスホッケーを観戦したり・・・と、いろいろな楽しみ方ができるのがトロントの魅力です。

国内旅行におすすめの情報・ツール

トロントへの滞在でホテルをお探しですか?

トロントのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得なトロントのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

人気都市発トロント行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。