地図

南アフリカ行きの格安航空券の検索・比較

日本から南アフリカ行きのフライト

南アフリカはアフリカ最南端に位置する国です。東部はインド洋、西部は南太平洋に面し、南端部には15世紀にポルトガルのバーソロミュー・ディアズによって発見された喜望峰があります。内陸部には高原地帯、西部にカラハリ砂漠がある一方、沿岸部には平野が広がり変化に飛んだ地形です。クルーガー国立公園でサファリ体験をしたり、ケープタウン近郊のビーチではケープペンギンを間近に観察したり、野生動物も多く生息しています。南アフリカでは行政府・立法府・司法府をそれぞれ異なる都市に置いていますが、行政府のあるプレトリアが首都とされています。国内最大の都市はヨハネスブルグで、O・R・タンボ国際空港は南アフリカ最大規模の空港です。日本から南アフリカへの直行便は就航していませんが、アジアや中東を経由するルートがあります。

ヨハネスブルグ行きのフライト

ヨハネスブルグのO・R・タンボ国際空港は、南アフリカはもとよりアフリカで最も大きな規模の空港です。グローバルに路線ネットワークを展開する南アフリカ航空のメインハブ空港で、アフリカ・インド洋をはじめ、ヨーロッパ・中東・アジア・北米・南米・アジア・オセアニアの主要都市とヨハネスブルグを結ぶ定期便が発着しています。日本からは香港シンガポールドバイでヨハネスブルグ行きのフライトに乗り継ぐのが一般的です。

ケープタウン行きのフライト

ケープタウン国際空港は南アフリカでヨハネスブルグについで大きな空港で、南アフリカ国内線のほかアフリカ・インド洋・中東・ヨーロッパからの国際線定期便が就航しています。日本からケープタウン行きの直行便は就航していませんが、ドバイ・ドーハイスタンブールで乗り継ぐルートが利用可能です。ヨハネスブルグで国内線に乗り継ぐ場合は、ケープタウン到着まで2時間10分ほどのフライトです。

南アフリカ行き航空券の相場と旅行のベストシーズン

南アフリカ行きの料金の相場(*1)

  • 年間平均:約 ~avg_price_str~
  • 最も安い月:~min_month_str~ 約 ~min_price_str~ (平均より ~min_price_dif~ 安い)
  • 最も高い月:~max_month_str~ 約 ~max_price_str~ (平均より ~max_price_dif~ 高い)

南アフリカは南半球に位置するため、日本とは季節が逆になります。年間を通して温暖で過ごしやすいものの地域によって気候が異なるのが特徴です。サファリを楽しむなら4~10月、ホエールウォッチングは8~10月など目的により旅行のベストシーズンが異なります。現地では冬を迎える7~9月は旅行客の増える時期になるため航空券の価格が高くなりますが、11~2月の夏場は相場が安い時期です。選択するルートやフライトにもよりますが、往復10万円以下の格安航空券も利用できます。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃。価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

南アフリカ行きの格安航空券はスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?南アフリカ行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示します。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、その航空券を取り扱っている旅行代理店や航空会社のサイトから直接南アフリカ行きのフライトを予約することができます。

南アフリカ行きの直行便を就航する日本の空港

日本から南アフリカまでは、成田・羽田・関西国際空港の各空港からアジアや中東の主要空港で飛行機を乗り継ぐ必要があります。ヨハネスブルグまでは1回、ケープタウンまでは1回ないしは2回の乗り継ぎで、フライトの選択肢も幅広く格安航空券も利用可能です。成田・羽田・関西国際空港からヨハネスブルグまでは香港・シンガポール・ドバイ・ドーハでの乗り継ぎが便利。また、ドバイではケープタウン行きのフライトにも乗り継げます。

南アフリカ行きの航空会社

南アフリカのフラッグキャリアである南アフリカ航空は日本に就航していませんが、香港からヨハネスブルグ行きの直行便を開設しています。スターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、香港-ヨハネスブルグ線ではアライアンスパートナーのANA (全日空) とのコードシェアにより、乗り継ぎもスムーズです。そのほかキャセイパシフィック航空 (香港経由) ・シンガポール航空 (シンガポール経由) ・エミレーツ航空 (ドバイ経由) ・カタール航空 (ドーハ経由) など、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアラインを獲得している航空会社のフライトが利用できます。

航空会社 タイプ アライアンス 主な就航ルート
南アフリカ航空 フルサービス Star Alliance 香港→ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ→ケープタウン
ANA (全日空) フルサービス Star Alliance 成田・羽田→香港
※香港→ヨハネスブルグは南アフリカ航空
シンガポール航空 フルサービス Star Alliance 羽田・関西→シンガポール→ヨハネスブルグ
キャセイパシフィック航空 フルサービス oneworld 成田・関西→香港→ヨハネスブルグ
カタール航空 フルサービス oneworld 羽田→ドーハ→ケープタウン
エミレーツ航空 フルサービス   羽田・関西→ドバイ→ヨハネスブルグ
成田→ドバイ→ケープタウン

南アフリカの主要空港から市内までのアクセス

ヨハネスブルグの空港→市内

ヨハネスブルグのO・R・タンボ国際空港は市内中心部から約22km東に位置しています。市内までの主な交通手段は電車・タクシーです。電車 (Gautrain) は朝5時15分~夜22時まで12~20分間隔で運行し、空港からマルボロ駅まで約10分、サントン駅まで約15分で移動できます。タクシーはメーター制で、事前に空港のインフォメーションデスクで料金を確認してから乗車しましょう。Uber (ライドシェアサービス) を利用する人も増えつつありますが、ホテルや旅行会社の空港送迎サービスも事前予約が可能です。車の場合、市内中心部までは約25分で移動できます。

ケープタウンの空港→市内

ケープタウン国際空港は市内中心部から約20km離れた場所に立地しています。市内中心部までの交通手段は、バス・タクシーです。バス (MyCiti) はメインターミナルの到着ロビーを出たところに乗り場があり、市内のシビックセンターと空港間を約30分で運行しています。タクシーを利用した場合、メーター制で空港から市内まで20分でアクセス可能です。トラブルを避けるため必ず空港認可のタクシーを利用しましょう。

南アフリカ旅行のお役立ち情報

アフリカ最南端の国には見どころがいっぱい!南アフリカの旅

ヨハネスブルグでは南アフリカ最大の都市で、北部のサントン地区は中心にオフィス街やホテル、ショッピングセンターなどが集積しています。ヨハネスブルグの郊外には「ライオン・サファリパーク」や「クリップリバーズバーグ自然保護区があり、ライオンやシマウマなど野生動物を間近に観察できるスポットがあります。首都プレトリアからケープタウンまでの約1,600kmを1泊2日で走る豪華列車ブルートレインも旅行客から人気です。
南端部ケープタウンには喜望峰をはじめ風光明媚な観光名所が多くあります。テーブルマウンテン (標高1,087m) の頂上まではロープウェイが運行し、ケープタウン市街を一望できます。ペンギンの姿を間近に観察できるボルダーズビーチも、ケープタウンの名所のひとつ。ウォーターフロント地区ではショッピングやグルメスポットも多く、南アフリカ産のワインとともに美味しいシーフード料理を味わえます。なお、90日間以内の滞在であれば南アフリカ入国にあたりビザは必要ありません。

海外旅行におすすめの情報・ツール

南アフリカへの滞在でホテルをお探しですか?

南アフリカのお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な 南アフリカのホテル・宿・ホステルをご予約頂けます。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。