スカイスキャナー ニュース タイの正月ソンクラーン

すべての記事

タイの正月ソンクラーン

水掛け祭りが有名なタイの正月ソンクラーンを紹介します。

タイのお正月を意味するソンクラーン。タイでは4月13日~15日の間、祝日となっていてお祭りモードになります。仏像や家族の年長者の手に水を掛けてお浄めをし、新しい新年を再出発する伝統的な風習のソンクラーンでしたが今では知らない人へも水を掛けあい楽しむ行事として知られ、現地の人も旅行者も楽しめるイベント一つです。

何を着て行く?

常に水をかけ合っているので昼間は服が乾く事はないと思っていて良いでしょう。ホテルを出た瞬間から水をあびる事になるので濡れても良い服を着て行きましょう。という事はカメラや携帯も濡れます!水中カメラを用意するか大事な物はホテルに置いていきましょう。

伝統的な風習のソンクラーン

どうやって参加する?

バケツや水鉄砲を持った人など様々です。水を入れられる容器を準備しましょう。そこら中で水をくむ事ができます。また、お酒を飲む事もソンクラーンで大勢の人がする事の一つなので陽気な酔っ払いの人が道にたくさんいる事を頭に入れておきましょう。また、もともとは伝統的な行事なので寺院などでは仏教儀式が行われています。マナーを守った行動を心がけましょう。

ソンクラーン

どこで参加できる?

チェンマイ

タイ各地で開催されますが、一番有名なのがチャンマイ。旧市街地の堀周辺で水かけ祭りが行われます。チェンマイではソンクラーンの事を「サリー・ピーマイ・ムアン」と別名で呼んでいるようです。市街地では、伝統舞踊などの紹介コーナーが設置されるなどの催しを見る事ができます。

バンコク

首都バンコクでは地方から働きに出ている人が帰省するので静かな街となりますが、王宮周辺で様々な催しが行われます。カオサン通りでは大規模な水かけ祭りが行われます。ワット・ポーではタイ各地のソンクラーンのお祝いの仕方がデモンストレーションされるので、実際に参加する前に見ておくと心の準備ができて良いですね。

アユタヤ

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット寺院ではお供え物をしたり仏像に水をかけたりなど伝統的なお祝いが行われます。市街ではミス・ソンクラーンのコンテストや民族衣装を着た人々を見られるパレードなどを楽しむ事ができます。旧市街では象柵跡で行われる象に水をかけるイベントがあったりなど、3日間毎日各地に参加したいですね。

タイ行き航空券を確認

像、水遊び

地図