スカイスキャナー ニュース ネパールの見どころ

すべての記事

ネパールの見どころ

近年、多くの観光客から注目を集めるネパール。その見どころについてご紹介します。

中国とインドに接する小さな内陸の国ネパール。北部にヒマラヤ連山が聳え、南部にタライ平原が広がる雄大な自然の中に、ヒンドゥー教、仏教などを信仰する多民族が暮らしているため、その神秘的なイメージより、「神々の棲む国」といわれています。

近年では、世界最高峰のエベレストや、希少な動物が生息するチトワン国立公園内のジャングル、中世にタイムトリップしたような寺院や町並みが残って首都カトマンズ盆地など、さまざまな観光資源にあふれる国として注目。世界中から多くのツーリストが集まっています。

エベレスト

エベレスト

今回は、そんなエキゾチックな雰囲気が魅力的なネパールで人気を集める観光スポットをいくつかご紹介。旅のプランニングの参考にしていただければと思います。

ネパールの首都であるカトマンズは、街全体がユネスコの世界文化遺産に指定された古都。そのレンガ造りの街並みは、まるで中世の世界に迷い込んだような印象を受けるものです。街のいたるところに小さな寺院があり、宗教都市としての趣もたっぷり。多くの人々が行き交う活気ある街は、多くの日本人がなぜか懐かしさを感じると言います。カトマンズの街の中は、どこを撮影しても絵になるので、カメラは必携アイテムとなっています。

カトマンズ

カトマンズ

カトマンズの西200Kmの地点に位置する「ポカラ」はネパール語の「ポカリ」(湖)を語源とする街で、その名の通りアンナプルナ氷河を水源とするペワ湖、ベグナス湖、ルパ湖の美しい湖を有しています。気候もカトマンズより温暖で、湖のほとりでヒマラヤの山々を眺めながら、リラックスできるリゾート地として人気のあるスポットとなっています。

ネパールの見どころとして欠く事ができないのが、ヒマラヤ山脈でしょう。世界の屋根といわれるヒマラヤ山脈は世界の最高峰エベレストをはじめ、8,000m級の山々がそびえています。トレッキングルートも多数用意されていますが、中でも有名なのがエベレスト街道とアンナプルナ・ダウラギリ山群のルート。現地ガイドと共にチャレンジしてみるのも良いでしょう。歩きに自信のない人は、山々の間近を飛ぶ、迫力満点のエベレスト遊覧飛行を利用することもできます。

古都の大自然の両方の魅力が味わえるネパール。現在、日本からの直行便は運航されていないため、バンコクデリー香港シンガポールクアラルンプールソウルなどアジアの都市を経由して行くのが一般的で、所要時間は航空会社や便にもよるが、乗り継ぎ時間を含め約15時間半となっています。

地図