スカイスキャナー ニュース 花粉症の人におすすめの旅行先

すべての記事

花粉症の人におすすめの旅行先

花粉症の人に嬉しい花粉の少ない旅行先を紹介します。

花粉症で悩んでいる人が多い季節になりましたね。マスクが手放せない人も多いのでは?そんな花粉症の人に嬉しい花粉の少ない旅行場所を紹介します。

雪山<スキー・スノーボード>

まだ雪がある地域はたくさんあります。雪は木の葉を覆い花粉が飛ぶ事は少ないので花粉症の人にはスキーやスノーボード旅行が最適です。日本では5月上旬まで営業しているスキー場があり、スイスでは一年中スキー場が営業されています!蒸し暑い日本から出てウィンタースポーツ旅行も良いですね。

スイスのスキー場

ビーチ

同じ花粉がある場所をさける為になるべく家から遠いビーチへ行きましょう。砂浜に吹く風が花粉を飛ばし花粉症を和らげてくれます。ビーチでも、木や花が咲いている所にはやはり花粉があるので海の近くにいるようにすると良いでしょう。

ビーチ

クルーズ

一生に一度は行きたいクルージング旅行。この花粉が多く飛ぶ時期に行くのはどうですか?海の上なので花粉症の心配はいらないでしょう!値段は高めですが、カリブ海アラスカハワイなど行先も期間もプランはたくさんあるのでスケジュールに合ったツアーが見つけやすくなりました。

クルーズ

砂漠

気温が高い場所にいる事が苦にならない人には、ほとんどの砂漠には木や花がないので花粉症の人にお勧めです。ラクダに揺られて別世界を満喫してみるのはどうですか?ラスベガスドバイでは砂漠に行った後にカジノやショッピングなども楽しめます。

ドバイの砂漠

大都市

郊外に住んでいる人は、都心に行ってみてはどうですか。公園や植物の多い所は避けたいですが、大都市は郊外に比べ植物が少ないので花粉の量も少なくアレルギー症状も良くなるでしょう。もし、くしゃみが止まらない時なども、都心では美術館や博物館など室内の観光スポットがたくさんあるので楽しく旅行ができそうですね。

ニューヨーク

楽しく旅行するためのコツ

1.薬を飲んでいる人は薬を持っていきましょう。特に処方箋をもらって飲んでる人は、旅行先で同じ薬を見つけるのは難しいので多めに持っていきましょう。

2.ホテルで非アレルギー性の枕(non-allergen pillow)をリクエストしましょう。アメリカやヨーロッパの大都市のホテルでは多くの人がリクエストします。

3.自宅から遠くへ出かけましょう。違う気候の場所では違った植物が多く育つので今の花粉症の症状を和らげてくれるでしょう。

4.どの植物に対してアレルギー反応を起こしているのか、一度調べましょう。その植物が生息しない場所を探す事ができます。

5.運転する際は気を付けましょう。薬によっては眠くなる場合があるので一緒に旅行している人に運転をしてもらったり、公共交通機関を利用したほうが安全です。

地図