スカイスキャナー ニュース 11月にベストシーズンを迎える海外旅行先5選

すべての記事

11月にベストシーズンを迎える海外旅行先5選

日本はこれから寒い冬へと向かっていきますが、世界には、これから気候が温暖なベストシーズンを迎える観光地が数多くあります。更に、11月は日本からの旅行のピークシーズンではないため、航空券も比較的お手頃。マカオやオーストラリアの世界遺産など、11月におすすめの海外旅行先5選を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイ

約5ヵ月間にも及ぶ雨季が明けるのが11月。1年の中で一番過ごしやすい季節となり、バンコクのみならずタイ全土で観光のシーズンがやってきます。タイは観光だけでなく、ビーチやグルメ、ショッピング、マッサージなど、楽しみがたくさんあります。

年に一度の有名なイベント「タイ・コムローイ祭り」は、今年は11月22日に開催されます。タイの各地で行われ、無数の天燈が夜空に上がっていく光景はとても幻想的です。
また、映画『ザ・ビーチ』で有名なピピ島のマヤ湾は、6月1日~9月30日まで立ち入り禁止になっているので、11月に行く場合はぜひ訪れたい場所の一つです。

マカオ

雨が少なく、快適に過ごすことができる10月~12月にベストシーズンを迎えるマカオ。華やかなカジノやナイトライフを楽しむのも良いですが、せっかくの良い季節ですから、東洋と西洋の文化が融合した、独特のマカオの街並みを探索するのもおすすめです。

世界文化遺産に登録された「マカオ歴史地区」には、22の歴史的な建造物と8つの広場がありますが、市民にとっては日常の生活の場。街を歩きながら、気軽に世界遺産を楽しめるのもマカオならではです。マカオの代表的なスイーツ、エッグタルトを食べることをお忘れなく。

オーストラリア

南半球にあるオーストラリアは、日本と季節が逆で、雨が少なく暖かい9月~12月がベストシーズン。11月はちょうど春にあたります。世界三大花木の一つジャガランダは、日本の桜のように、オーストラリアの春を告げる花として親しまれています。2週間ほどで散ってしまうのも桜と同じですが、散った後の青紫色の花びらの絨毯も見ごたえがあります。

「エアーズロック」がある「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」(世界複合遺産)は、3月〜5月と9月〜11月がベストシーズン。珊瑚の産卵も11月といわれています。世界最大のサンゴ礁地帯であり、世界自然遺産にも登録されている「グレート・バリア・リーフ」で、神秘の世界に浸れます。

陸地側には、グレートバリアリーフと平行するように、世界最古であり世界自然遺産に登録されている熱帯雨林「クインズランドの湿潤熱帯地域」が続いており、大自然を満喫するには良い季節です。

モルディブ

インド洋に広がる26の環礁と、1200以上もの島からなるモルディブ。モルディブの平均気温は1年中あまり変わらず安定しているため、オールシーズン海に入ることができますが、やはり乾期にあたる11月〜4月の間は晴天も多いので、旅行に行くならベストシーズンです。この季節は、海の透明度が高く澄み渡っており、ダイビングに最適です。

1島1リゾートとなっているため、外界から隔絶された小さな島々でのくつろぎを求めて、世界中から旅行者が集まってきます。各リゾートがそれぞれ違った魅力をもち、自分に合ったリゾートを探すのも楽しみの一つです。

ニュージーランド

夏と冬の気温差が10度前後というニュージーランドでは、年間を通して旅行を楽しめますが、旅行好きの人には断然9月〜11月の春がおすすめ。花が咲き乱れる中、トレッキングをするのは最高です。クライストチャーチは、イングリッシュ・ガーデンに花が咲き乱れるシーズンを迎えます。子羊が生まれる季節なので、生まれたばかりの子羊を見ることもできます。跳ねまわる子羊たちに癒されること間違いなし。

英国風の街並みがおしゃれなクイーンズタウンでは、船遊びも気持ちの良い季節。
ダイナミックな景観美を堪能できるミルフォートサウンドでは、クルーズやトレッキングを楽しむことができます。
また、人気のホビット村も色とりどりの花が咲き、SNS映えする写真を撮ることができます。

地図