スカイスキャナー ニュース 壮麗な白いモスク、アブダビにある「シェイク・ザイード・グランドモスク」を観に行こう

すべての記事

壮麗な白いモスク、アブダビにある「シェイク・ザイード・グランドモスク」を観に行こう

アラブ首長国連邦の首都アブダビは、ドバイと並んで有名な観光地ですが、どんな観光スポットがあるのか、具体的に知らない人も多いのでは?今回は、現在まで訪れた国は26ヶ国、80都市以上、世界中を旅しながら働くノマドワーカーの対木理恵さんの旅日記から、アブダビ屈指の観光スポット「シェイク・ザイード・グランドモスク」と「エミレーツ パレス ホテル」をご紹介します。

 

    • もくじ
 

どうしても行ってみたかった美しいモスク

私が今回シェイク・ザイード・グランドモスクを訪れた理由は、旅行で訪れたドバイで、現地の人から偶然「お隣のアブダビ首長国にとても綺麗なモスクがあるよ」と聞いたからです。そう聞いてしまうと、もうどうしても自分の目で見てみなければ、とバスで約1時間半かけて行って来ました!アブダビのバスターミナルからはタクシーで移動。UAEはタクシー代がとても安く、初乗りが約90円からなんですよ、びっくり。

 

シェイク・ザイード・グランドモスク

見えて来ました!タクシーの中からカメラを連写。想像以上に大きく豪華!テンションが上がります。

シェイク・ザイード・グランドモスクは82個のドーム、1,000本以上の円柱、24金メッキのシャンデリア、そして世界最大級の手織りのペルシア絨毯が特徴。建設は2007年と、けして長い歴史を誇る建造物ではありませんが、伝統的なイスラムのデザインと近代的な建築の見事な融合が訪れる人々を魅了し続けています。アブダビの代表的な観光スポットです。

アブダビ行き航空券をチェック👉

伝統衣装(アバヤ)を無料でレンタル

入り口に向かうと、服装ルールが書いてありました。

入り口に向かうと、服装ルールが

モスクは、イスラム教徒の方々が礼拝をする場所なので基本的に露出がNG。ほとんどの観光客は無料の伝統衣装(アバヤ)を借りていました。私も実際着させてもらい、こんな感じに…

無料の伝統衣装(アバヤ)

気分が上がります!撮影するにも雰囲気が出ていいですよね。ただ、これはあくまでも観光客用。本物のアバヤは、中の私服が一切見えることはなかったです。色は黒でも、よく見ると一人一人違った刺繍が施されていてとても綺麗でした。

とにかく圧巻の美しさ

このモスクの美しさはとにかく圧巻です。人がすごく小さく見えるの分かりますか?

シェイク・ザイード・グランドモスク

通常モスクはイスラム教徒以外の人たちは入れないのですが、このモスクは観光客が入れる特別な場所でした。ただ、時間になると実際のお祈りも行われていました。

世界最大のペルシャ絨毯と美しく豪華なシャンデリア

モスクの中に入ってみると、そこはまた別世界が待っていました。

モスクの中に入ってみると、そこはまた別世界

エントランスはイメージしていたのと違い、とってもかわいらしい!

世界最大と言われているペルシャ絨毯

こちらが世界最大と言われているペルシャ絨毯。素足で歩くと気持ちが良く、贅沢な気分に。

世界最大のシャンデリア

中には直径10メートル、高さ15メートル、重量9トン以上といわれる世界最大のシャンデリアが。

美しいシャンデリア

こんなに華やかで美しいシャンデリアは初めて見ました。色使いも繊細で、飽きずにずっと見惚れてしまいました。

お花柄の素敵なタイル

ペルシャ絨毯以外の床はお花柄の素敵なタイル。

壁

壁にもこだわりが。どこも見逃せません!

1日に5回行われるイスラム教徒のお祈りの時間

こちらは1日に5回行われるイスラム教徒の方々のお祈りの時間です(本当は数字の表記も出ていたのですが、撮影したときはアラビア語になってしまいました…)。時間になるとお祈りが始まるアザーンが流れて、とても幻想的な雰囲気に。

夕日とライトアップに染まるモスク

夜の景色も気になり、日が落ちるまで待ちました。待って大正解!お昼とは全く違う壮麗な雰囲気に。行かれる方は、ぜひ夕方までゆっくり滞在する事をオススメします。

夕日とライトアップに染まるモスク
夕日とライトアップに染まるモスク
夕日とライトアップに染まるモスク

徐々に変わっていく姿にただただ圧巻!感動!来てよかった~。

【スポット情報】
シェイク・ザイード・グランドモスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)
住所:Sheikh Rashid Bin Saeed Street، 5th St – Abu Dhabi – Abu Dhabi – United Arab Emirates
電話番号:+971 2 419 1919
営業時間(通常):
9:00~22:00(土曜日〜木曜日)
16:30~22:00(金曜日)
営業時間(ラマダン時期)※毎年6月頃の約1ヶ月間:
9:00~13:00(土曜日〜木曜日)
休み(金曜日)

アブダビに来たら寄りたいホテル

実は今回、アブダビではもう一つやりたい事リストがありました。

エミレーツ パレス ホテル

こちらはゴージャスな「エミレーツ パレス ホテル」!中はピカピカのゴールド。

エミレーツ パレス ホテル

そして私のお目当は…

金箔カプチーノ

この金箔の(乗った)カプチーノです!中東の美容フルーツ、デーツ付き。1杯約1,800円もしましたが、もう金額どころではありません。頼むしかありません。

金箔ソフトクリーム

そして実はここ、テラスのカフェでは金箔のソフトクリームも頂けます。これを食べるためにわざわざ最終日にも来てしまいました。

【ホテル情報】
エミレーツ パレス ホテル(Emirates Palace Abu Dhabi)
住所:West Corniche Road United Arab Emirates
電話:+971 2 690 9000

このホテルをチェック👉

ドバイにきたら少し足を伸ばして、アブダビ観光がおすすめ。1日中楽しめますよ。

ドバイからのアクセス方法

Al Ghubaiba Bus Station

私は、ドバイの「Al Ghubaiba」というメトロ駅からすぐの「Al Ghubaiba Bus Station」というバスターミナルからアブダビに向かいました。この写真がチケット売り場です。バスは沢山あるのですが、行き先に「Abu Dhabi」と英語で書いてあるので見つけやすいと思います。ドバイからアブダビまでは約1時間半。車内から景色を見て楽しんでいるとあっという間です。

ドバイ行き航空券をチェック👉

アブダビ行き航空券をチェック👉


プロフィール

フリーランス ウェブデザイナー 対木理恵

札幌市出身。パソコン一つ、海外・国内、旅をしながら働くノマドワーカーです。各地でおしゃれなカフェを探しながら仕事場にしています。趣味はスカイスキャナーのお得な航空券検索、常に「次はどこに行こうか」と考えています。現在まで訪れた国は26ヶ国、80都市以上。現地で感じた発見やオススメの情報をお届けします。ブログ(http://rie.link)やInstagram(@rie.tsuiki)でも旅情報を更新中。 

地図