スカイスキャナー ニュース この3連休がラストチャンス!大自然がキャンパス 青森・田舎館村の田んぼアート

すべての記事

この3連休がラストチャンス!大自然がキャンパス 青森・田舎館村の田んぼアート

青森県中央部、津軽平野に位置する田舎館(いなかだて)村は、稲作が盛んです。田んぼをキャンパスに見立てた壮大な「田んぼアート」は、その緻密さと芸術性の高さが国内外から注目され、毎年多くの観光客が訪れます。1年を通して田んぼアートに関するイベントが目白押しで、10月には稲刈り体験のイベントが開催されます。青々とした夏の様子と違った、秋ならではの姿を見ることができる田んぼアートの魅力と、あわせて訪れたい青森のおすすめスポット情報について、地球の歩き方青森Web特派員の鈴木 麻理奈さんにご紹介いただきます。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

国内外から注目されている田舎館村の田んぼアート

田んぼアートってどんなもの?

田舎館村では、田んぼをキャンパスに見立て、色が異なる稲を植えて巨大な絵を描く「田んぼアート」に取り組んでいます。平成5年から始まったこの取り組みは、当初3色の稲で、単純な絵柄からスタートしましたが、年々技術が向上して今では7色もの稲を見事に使い分けた迫力あるアートを作り上げています。

田んぼをキャンパスに見立て、色が異なる稲を植えて巨大な絵を描く「田んぼアート」

青森行きの航空券をチェックしてみる

2017年は?毎年変わる絵柄を楽しもう!

田んぼアートは毎年絵柄の題材が変わり、2016年は「真田丸」と「シン・ゴジラ」、2015年は「風と共に去りぬ」と「スター・ウォーズ」がテーマでした。自然をキャンパスにしていて広大であるがゆえに、高いところからでなければ全貌が見えません。田舎館村では作品を2ヵ所に分けて、それぞれに展望台を設置しています。 1つ目は、田舎館村役場の敷地内にある「第1田んぼアート田舎館村展望台」です。まるでお城のように立派な建物(村役場)の4階展望デッキと6階「天守閣」から、田んぼアートを眺めることができます。こちらの会場から眺めることのできる田んぼアートは、縦長の絵柄で、奥行きまで計算されて描かれています。2017年度の題材は、「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」でした。

今にも飛び出して鬼退治に行きそうな、2017年度2つ目の題材「桃太郎」

2つ目は、道の駅いなかだて「弥生の里」にある「第2田んぼアート弥生の里展望台」です。横長の絵柄で、写真1枚に収めるのが大変なほどのダイナミックな田んぼアートを見ることができます。こちらの会場の田んぼアートは子どもにもわかりやすい題材のものが多く、2017年度の題材は「桃太郎」でした。なんとも凛々しく、かわいらしいです。 また、最近は石のグラデーションを使って描く「石のアート」にも取り組んでいます。田んぼアートに負けず劣らずの素晴らしいクオリティで、展望台の観覧客から感嘆の声も聞こえます。

昨年度、石を使って描かれた石原裕次郎さんも圧巻です

芸術を収穫しよう!稲刈り体験ツアー

田舎館村の田んぼアートは、田植えから稲刈りまで全て手作業で行われています。毎年10月には第1田んぼアート会場にて、今年度の田んぼアートの稲をみんなで収穫する「稲刈り体験ツアー」が開催されます。参加費は無料で、参加者には昼食におにぎりと豚汁が配られるそうです。農作業のあとに食べるおにぎりは格別でしょうね。 来年、参加する際は、軍手、長靴、汗拭きタオルなどを持参のうえ、汚れても良い格好で参加してください。あと、稲刈り鎌もお忘れなく。

昨年10月に行われた稲刈り体験ツアーの様子

色が違う=品種が違う稲なので、手作業で種類ごとに刈り取っていきます。7月下旬~8月中旬までが見頃だった田んぼアートも、まさにこれから、10月頃には全体的に黄金色に色付いていき、夏の青々とした様子とは違った姿を楽しめます。

10月頃には黄金色に色付いてゆく田んぼアート

第1田んぼアート、第2田んぼアート両会場ともに、観覧期間は10月9日(月)までです。田植えをするのは6月上旬~中旬で、そこから稲がどんどん成長するほどに絵柄がはっきりと見えてきます。長い期間楽しむことが出来る田んぼアートですが、行く時期によって姿が変わるのも田んぼアートならではの楽しみ方です。 また、第1田んぼアートと第2田んぼアートの会場は少し離れています。ふたつの会場を結ぶ無料シャトルワゴン「たさあべ号」が、10月9日(月)までの期間中に運行しているので上手に利用しましょう。ちなみに、「たさあべ」というのは、「田んぼに行こう!」という意味の津軽弁です。

青森行きの航空券をチェックしてみる

各展望台の料金は?

第1田んぼアート、第2田んぼアート会場どちらの展望台も入場料がかかります。第1田んぼアートでは料金が2段階になっていて、4階展望デッキは大人(中学生以上)300円、6階天守閣は大人(中学生以上)500円です。第2田んぼアートは大人(中学生以上)300円です。

全国道の駅ランキング1位に輝いた「弥生の里」

第2田んぼアート会場の「弥生の里」は、『行ってよかった!全国道の駅ランキング2015』にて第1位を獲得した道の駅です。田んぼアートはもちろん、産直センター、レストラン、各種遊具、動物とのふれあい広場など盛りだくさんの施設で、津軽観光の玄関口にもなっています。

【スポット情報】 ■第1田んぼアート会場 住所:青森県南津軽郡田舎館村大字田舎舘字中辻123番地1 田舎館村役場 電話番号:0172-58-2111 開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)

第2田んぼアート会場 住所:青森県南津軽群田舎館村大字高樋字八幡10 道の駅いなかだて 弥生の里 電話番号:0172-58-4411 開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30) 写真提供:田舎館村企画観光課

青森行きの航空券をチェックしてみる

田舎館村へのアクセスとおすすめホテル

青森空港から田舎館村へは、車で県道27号線を経由して約30分で行くことができます。2つの田んぼアート会場間の行き来を考えると、レンタカーを借りたほうが便利かもしれません。 田舎館村には宿泊施設がないので、隣の黒石市、弘前市で宿を予約するのがよいでしょう。黒石市には温泉郷もあり、レトロで雰囲気のよい街並みを楽しむことができます。

レトロな温泉郷の黒石市にあるおすすめの温泉宿

黒石市でおすすめの宿泊先は、「ランプの宿 青荷(あおに)温泉」です。青荷渓谷の渓流沿いにある青荷温泉は、風情あふれる秘湯です。夜になると闇を照らす昔ながらのランプの灯りが、なんとも癒される情景を生み出しています。これからの時期は紅葉真っ盛りで、豊かな紅葉を眺めながらの露天風呂は格別です。

おすすめの宿 ランプの宿「青荷温泉」は風情あふれる秘湯です
【ホテル情報】 ランプの宿 青荷温泉 住所:青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7 電話番号:0172-54-8588 チェックイン/チェックアウト:15:00/10:00 写真提供:弘南観光開発株式会社

このホテルをチェックする

食べておきたい黒石B級グルメ「つゆ焼きそば」

黒石市といえば、焼きそば屋さんが多いことで知られています。なかでもB級グルメの決定戦「B-1グランプリ」にも入賞したことがある「黒石つゆ焼きそば」は、黒石市発祥のご当地B級グルメです。おすすめのお店は弘南鉄道の黒石駅から徒歩10分ほどの、昔ながらの街並みに佇む「すずのや」です。ひときわ大きなつゆ焼きそばの看板が目印です。

黒石市発祥のご当地B級グルメ「黒石つゆ焼きそば」

「黒石つゆ焼きそば」は独特の太くて平べったい麺でつくられた焼きそばに、和風だしのつゆと、揚げ玉、ネギがトッピングされたつゆ焼きそばです。ソースが絡んだ麺と、和風だしのつゆの組み合わせは「合うの?」と思われるかもしれませんが、絶妙な味のコラボレーションとなっており大人気です。まずは一度お試しください!

ソースが絡んだ麺と和風だしのつゆが、絶妙な味わいを引き出してくれます
【ショップ情報】 すずのや 住所:青森県黒石市前町1-3 電話番号:0172-53-6784 開店時間:11:00~15:00 定休日:火曜日 写真提供:岾谷知樹

青森行きの航空券をチェックしてみる

ただ見て楽しむだけでなく、稲刈り体験までできる田んぼアート。その名の通りのどかな「田舎」が広がる地域ですが、田舎でしか体験できない感動もきっとあるはず。今年の秋は、芸術も紅葉狩りも、グルメめぐりも、農業体験までできてしまう青森を旅してみませんか?

筆者ご紹介

地球の歩き方青森Web特派員 鈴木 麻理奈

青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさんあり、海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を地球の歩き方青森Web特派員ブログからお届けしています。


あわせて読みたい

世界遺産「熊野古道」〜悠久の歴史と文化を辿る中辺路ルートの見どころ、食べどころ

熊野三山へと通じる参詣道の総称「熊野古道」(熊野参詣道)や、熊野本宮大社が鎮座し、連日、海外からも多くの観光客が訪れています。いくつかある熊野古道のルートの中でも昔の面影が残る、人気の中辺路(なかへち)をご紹介します。

サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」で絶対に行きたいおすすめスポット

「瀬戸内しまなみ海道」は西瀬戸自動車道の愛称で、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ高速道路。最大の特徴は歩行者や自転車の専用道路が設けてあり、海の上や瀬戸内海の島々の絶景を楽しみながらサイクリングが楽しめるサイクリストの聖地をご紹介します。

地図