スカイスキャナー ニュース 若者の街、バンコク・サイアムのSNS映えスポット3選

すべての記事

若者の街、バンコク・サイアムのSNS映えスポット3選

バンコクのサイアムといえば、高級デパートや巨大ショッピングモールが建ち並ぶバンコク最大のショッピングエリア。学生や若者が集まる繁華街でもあるため、周辺には写真映えするスポットもたくさん!その中でも、特におすすめしたいスポットを、地球の歩き方バンコクweb特派員のサカモトヨウコさんに紹介いただきます。

アートな空間、チャラームラー公園

バンコク サイアム
4階建ての建物の壁面に描かれたグラフィティーは圧巻

BTSラチャティーウィー駅から徒歩2分の場所にある「チャルームラ公園(Chalerm La Park)」は、グラフィティー公園として知られるスポット。

公園の建物の壁すべてに、極彩色の壁画が描かれているので、絶好の写真映えスポットとして、カメラマンやインスタグラマーに大人気です。

入場無料。現地のカメラマンやインスタグラマーにも人気

作品の上に次々と新たな作品が描かれていきますので、どんな作品が見られるかはその時々によります。年に一度開催されるバンコク最大のグラフィティーイベント「ミーティング・オブ・スタイル(Meeting of Style ) 」の会場にもなっており、現在は、その時に描かれた作品が数多く残っています。

海外でも活躍するラキット(Rukkit)、アレックス・フェイス(AlexFace)、ミューボン(Mue Bon)といった、有名タイ人アーティストの作品も。

階段の上は、絶好の撮影スポット。ぜひシンプルな色の洋服で

階段を残して取り壊された建物は、お決まりの撮影スポット。また、この公園のある一帯は、「サパン・フア・チャーン(Sapan Hua Chang)」と呼ばれ、運河沿いや裏路地など至る所にストリートアートが描かれています。

【スポット情報】
チャラームラー公園(Chalerm La Park)
Soi Petchaburi 18, Petchaburi Rd., Ratchathewi, Bangkok 10400
https://www.facebook.com/pages/Chalermla-Public-Park/867296706672687?rf=1406647869444295

人気アーティストの作品と写真が撮れるMBK前広場

MBKこと「マーブンクロン・センター(MBKCenter)」は、約2,500店舗が入居する老舗の巨大ショッピングセンター。2017年の大規模リニューアルを機に、スタイリッシュな外観になりました。MBK前の広場には、巨大な像や壁画が設置され、新たな撮影スポットになっています。

東京ドームの約2倍の売り場面積。開業(1985年)当時はアジア最大

もっとも目を引く、全長7メートルもある真っ白い犬のようなスカルプチャーは、MBKの新しいマスコット、マ・クラッブ(Makrub)くん。横にいる小さなマ・ジャ(Maja)ちゃんと対になった作品です。周囲の壁画と共に、制作したのはタイを代表するアーティストのひとり、ローレイ(LOLAY)ことタウィーサック・シートンディー(Thaweesak Srithongdee)です。

イラストレーターとしても評価が高いローレイのイラスト前で

広場に点在するキュートなスカルプチャーやイラストの前は、現地の女の子たちが決まって足を止めるセルフィースポットです。白い背景に、カラフルな衣装やアイテムがよく映えます。地元の写真愛好家のポートレート撮影にもよく使用され、時に順番待ちをすることも。

女の子たちに人気のセルフィースポット

【スポット情報】
マーブンクロン・センター(MBK Center)
444 Phayathai Rd, Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok 10330
http://www.mbk-center.co.th/

個性派アイスクリーム専門店アイスディア

MBKの向かいにあるBACCこと「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター(Bangkok Art and Culture Center)」は、入館無料の美術館。展示スペースのほかに、小さなギャラリーやカフェ、地元アーティストの雑貨を集めたショップなどが30店舗ほど入居する、タイのアートシーンの中心的存在です。

そこの4階に店舗を構えるのが、アイスクリーム専門店「アイスディア(iceDEA)」。

個性派ショップが並ぶBACCのなかでも、ひときわユニークなアイスディア

メニューを見ると、トンカツ、ステーキ、マンゴスチン、皮付きのドリアンと、アイスクリームとは思えない写真が並びますが、すべての商品がアイスクリームです。

トンカツの中身は、メロンやブラウニー味のアイスクリーム

なかでも、ひと際フォトジェニックでおすすめなのが、犬のアイスクリーム。立体的な作りで、写真映えはもちろん、動画で撮るとより一層リアルに!

アールグレイ味のゴールデンリトリバー。目や舌はチョコレート

また、マンゴーともち米を一緒にしたタイのデザート、カオニャオ・マムアンをそのままアイススティックにした「Mango & Sticky Rice」も、タイならではの味で旅行者に人気です。

クッキー&ホワイトチョコ味のダルメシアンと、カオニャオ・マムアン風アイスクリーム

【スポット情報】
アイスディア(IceDEA)
4th Fl. Bangkok Art and Cultural Center, 939 Rama I Rd, Wang Mai, Pathum Wan,Bangkok 10330
http://www.icedea.com/

若者に人気のザ・クォーター・バンコク・レジデンス

スタイリッシュなホステルが増えています

サイアム周辺には、プチプラファッションで有名な洋服の問屋街「プラトゥナム(Pratunam)」や「プラチナム・ファッション・モール(Platinum Fashion Mall)」といった、旅行者に人気のショッピングスポットがたくさん。

スワンナプーム空港と直結しているパヤタイ駅(ARL/BTS Phaya Thai)やラチャティーウィー駅(BTS Ratchathewi)の周辺は、これらのショッピングスポットが徒歩圏内なので、若い旅行者向けのホステルが急増中です。

なかでも、「ザ・クォーター・バンコク・レジデンス(The Quarter Residence)」は、リピーターが多い人気の宿。5階建ての建物内には、1フロアにつき1部屋のみという広々とした作り。ダイニングルームなどの共有スペースが完備され、ゆったりとした心地よい空間となっています。

客室は全部で5室のみ。スタッフのきめ細かいサービスも好評です

周辺は、深夜まで営業する本格イサーン料理食堂や、有名なローカル屋台が集まる隠れたグルメエリア。ショッピング、グルメ、ファッションと、朝から晩までアクティブに楽しみたい方におすすめのホステルです。

【ホテル情報】
ザ・クオーター・レジデンス(The Quarter Residence)
69/73 Phaya Thai Road, Phaya Thai, Ratchathewi, Bangkok 10400
http://www.thequarterbangkok.com/

系列店のザ・クォーター・ポッシュテルは、カフェ・コワーキングスペースのみの利用も可能

タイの人々はとにかく写真撮影が大好きなので、街中には撮影ポイントが至る所に潜んでいます。サイアムでショッピングをする合間に、写真撮影も楽しんでみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

地球の歩き方バンコクWeb特派員 サカモトヨウコ

関西の制作会社でカメラマンとして勤務した後、バンコクに拠点を移し、東南アジア各地で取材・撮影を行う。音楽とお茶と山が好きで、旅先ではアートギャラリー巡りと猫の撮影を欠かさない。現在、バンコクのエネルギッシュなユースカルチャーを伝えるべく、webメディアなどに寄稿中。地球の歩き方バンコクWeb特派員ブログから、最新のバンコク情報をお届けしています。

地図