スカイスキャナー ニュース 12月に6万円以内で行けるベストシーズンの海外ビーチリゾート5選

すべての記事

12月に6万円以内で行けるベストシーズンの海外ビーチリゾート5選

寒さ厳しい日本の冬こそ、常夏バカンスへと繰り出したくなるものです。今回は、12月にベストシーズンを迎える海外のビーチリゾートをご紹介。クリスマスや年末に向けて航空券が割高になる季節ですが、比較的お財布に優しい6万円以下で行ける旅先を厳選。降り注ぐ日差しと青い海に囲まれて、のんびりバカンスを楽しみましょう!

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから国ごとに「月全体」で検索した際の最低価格です(2019 年12月出発、羽田/成田空港発、エコ ノミークラス大人 1 名、往復便)。2019 年8月2日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。


1. クラビ(タイ)

クラビのビーチ(タイ)
透明度抜群のクラビの海
ESB Professional/Shuttertsock.com

知る人ぞ知るタイの秘境・クラビへは、バンコク(スワンナプーム国際空港)から飛行機で約1時間20分。乾季である11月〜3月は、ダイビングやシュノーケリングなどが楽しめるベストシーズンを迎えます。

断崖絶壁に囲まれた複雑な地形であることから、アクセスは海からのみのビーチが多く、手付かずの自然が魅力です。ジェットスキーなどのモーターを使用するマリンスポーツは禁止されているため、静けさを堪能したい方にうってつけ。聞こえてくる波の音や風にそよぐ葉音に耳を澄ませ、大自然に身を委ねる時間は贅沢の極みと言えるでしょう。

クラビの海(タイ)
断崖絶壁に囲まれた複雑な地形
Olena Tur/Shuttertsock.com

クラビ周辺には約130以上の島があります。そのうちいくつかの厳選された島をボートで巡る「アイランドホッピングツアー」は、人気アクティビティの一つ。マングローブ林が生い茂る「イースト・ライレイビーチ」、クライミングが楽しめる「プラナンビーチ」、パウダーサンドの白い砂浜が美しい「ポダ島」など・・・お気に入りの場所がきっとみつかるはずです。


2. ケアンズ(オーストラリア)

ケアンズ グレートバリア・リーフ(オーストラリア)
世界遺産「グレートバリア・リーフ」
lkpro/Shuttertsock.com

オーストラリアのケアンズといえば、世界遺産「グレートバリア・リーフ」。雄大に広がる世界最大のサンゴ礁地帯は、見る者すべてを魅了します。一般的に12月から雨季が始まると言われてはいますが、降水量が多いのは1月〜3月。一日中雨が降るわけではないので、夏真っ盛りである12月は訪れるのにおすすめのタイミングです。

ケアンズから最も近い「グリーン島」、豊富なアクティビティが楽しめる「フィッツロイ島」、海ガメに出会えるかもしれない「ミコマスケイ」など・・・様々なクルージングツアーが開催されています。日本語サポートがあるプランを選べば、言語が不安な方でも安心です。

グレートバリア・リーフは、島に上陸するのももちろん素敵な体験ですが、空からの眺めを堪能するというのもおすすめです。エメラルドグリーンに光る巨大珊瑚地帯をヘリコプターで遊覧し、低空飛行で間近に眺めるその景色はまさに圧巻!船とはまた違った良さがあるものです。

ケアンズ グレートバリア・リーフ(オーストラリア)
グレートバリア・リーフのヘリツアー
Angelina Pilarinos/Shuttertsock.com

グアム 

グアム 恋人岬
恋人岬
BYUNGSUK KO/Shuttertsock.com

日本から飛行機で約3時間半、気軽に行けるビーチリゾートとして人気のグアムも12月からベストシーズンを迎えます。最大の魅力はなんといっても美しい海!「タモンビーチ」は、リゾートホテルが立ち並ぶ繁華街から直結した場所にありながらも、透明度の高い海が自慢です。ちょっと足を伸ばしてグアム最北端の「リティディアンビーチ」を訪れれば、まるで絵に書いたような白い砂浜と真っ青な海の美しさに出会えます。

ホテルでのんびり過ごすというのもグアムでの乙な過ごし方。部屋のテラスから、夕日が沈むのをドリンク片手に眺める・・・なんとも贅沢な時間ではないでしょうか?

グアムのビーチ 夕焼け
グアム のサンセット
J’nel/Shuttertsock.com

ディナーのおすすめは地元家庭料理店でいただく「チャモロ料理」。アメリカ・スペイン・日本・東南アジアなど、さまざまな国の文化が合わさったグアムの郷土料理です。ココナッツや唐辛子、レモン汁に醤油など、日本人の口によく合うと評判。他にもショッピングや観光名所め巡りなど、豊富な楽しみ方があり滞在中飽きることがありません。


4. モルディブ

モルディブ 水上コテージ
美しく連なるモルディブの水上コテージ
Food Travel Stockforlife/Shuttertsock.com

インド洋に浮かぶ珊瑚の島・モルディブ。ベストシーズンど真ん中とは言えませんが、12月のモルディブは乾季にあたり、爽やかで過ごしやすい気候です。

モルディブの最大の魅力はやはり、部屋から海へ直接入れる「水上コテージ」。階段を降りるとそこに広がるのはエメラルドグリーンの海、美しい世界がまるで自分たちのためだけにあるような錯覚に陥ることでしょう。泳ぎ疲れたらそのままバスタブへ移動、海を眺めながら至福のお風呂時間を過ごせます。

ハネムーンで訪れるカップルも多いモルディブ、夜はロマンティックなキャンドルライトディナーが一押しです。満天の星空の下、砂浜にテーブルをセッティング。二人だけの特別なひとときを過ごせば、忘れられない思い出になるはず。

モルディブ ビーチディナー
ロマンティックなキャンドルライトディナー
Sven Hansche/Shuttertsock.com

ランカウイ島(マレーシア)

ランカウイ島(マレーシア)
ランカウイ島のビーチ
Alan Tan Photography/Shuttertsock.com

古来より数々の伝説が語り継がれるマレーシアのランカウイ島は、「伝説の島」と呼ばれています。この海と緑に恵まれたリゾートアイランドは、日本ではまだあまり知られていない隠れ家的スポット。物価が比較的安く、5つ星ホテルにリーズナブルな価格で泊まれるのも魅力の一つです。また島全体が免税になっているので、ショッピングもとことん楽しめます。

ランカウイ島を訪れたなら、山頂にかけられた巨大吊橋「スカイブリッジ」をぜひ渡ってみて下さい。全長125m、まるで空中を歩いているかのようなスリルを味わえます。他にも島全体を一望できるケーブルカー「スカイキャブ」や、カヤックで熱帯雨林をめぐるツアーなど・・・見どころ満載です。

ランカウイ島 スカイブリッジ(マレーシア)
巨大吊橋「スカイブリッジ」
ssk.zp/Shuttertsock.com

さて今回は12月にベストシーズンを迎える、海外のビーチリゾートをお届けしました。ハイシーズンにも関わらず6万円以内で行けるおすすめの場所ばかり。この冬はぜひ、常夏バカンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

地図