スカイスキャナー ニュース 5,000円でこんなこともできる!コスパ抜群のバリの楽しみ方

すべての記事

5,000円でこんなこともできる!コスパ抜群のバリの楽しみ方

毎年、数多くの観光客が訪れるバリ島。大自然と絶景、マリンスポーツにスパ、そしてアートなど、その魅力はひとことでは言い表せないのですが、物価の安さも大きな魅力の一つ。今回はそんなコスパ抜群のバリで、5,000円あったらできることをまとめてみました。お財布のことを気にせず、とっておきの体験ができるなんてうれしいですよね。これからバリへ行かれる方、いつかは行ってみたいなと思っている方もぜひ参考にしてみてくださいね。

本場バリのスパを楽しむ

バリといえば、バリニーズマッサージ。インドネシアの伝統的なアロマオイルのマッサージです。他にも、マンディルルール(古い角質や汚れを落とし、肌を滑らかにするバリの伝統的なマッサージ)など、5,000円あればスパを存分に楽しむことができます。
クタエリアでは、さらに安いスパを見つけることができますし、ウブドエリアにもお手頃なスパがたくさんあります。例えば、日本人にも人気の「ウブド・ボディーワークス・センター」でも、マッサージとマンディルルール、そしてフラワーバスを5,000円以内で受けることができます。ちょっと贅沢な気分を味わいたい場合は、高級ホテルのスパでも、部分マッサージでしたら可能です。

マリンスポーツを楽しむ

サーフィンのメッカであるクタビーチで、サーフィンのレッスンを受ける、なんてこともできます。グループレッスンですが、日本人が経営しているスクールでも、初心者であれば3人に1人のインストラクターがつき、4~5時間のレッスンを受けることができます。バリでサーフィンなんて、憧れますよね。

photo by peck / Shutterstock.com

バリは、サーフィン以外のマリンスポーツも充実しています。グラスボートやシュノーケリング、ジェットスキーにウェイクボードを、5,000円以下で楽しむことができます。マングローブの林の中をボートでまわるジャングルツアーもありますよ。

ローカルグルメを満喫

バリ島の料理は、日本人にもなじみやすいものがたくさんあります。インドネシア風焼き鳥の「サテ」は、鶏肉だけでなく、牛肉、ヤギ、ミンチなどでも作られています。他にも、チャーハンのような「ナシゴレン」、インドネシア風焼きそばの「ミーゴレン」、豚を丸焼きにした「バビグリン」、茹でた野菜にピーナッツソースがかかった「ガドガド」、インドネシア風チキンスープの「ソトアヤム」など、ローカルフードは数百円ほどなので、5,000円で一日三食、お腹いっぱいに食べることができます。高級なレストランでの食事はそれなりにしてしまいますが、観光客向けのオシャレなレストランでも、5,000円以下で充分に楽しむことができます。輸入されたアルコールは高いですが、インドネシア産ビール「ビンタンビール」は大瓶でも250円ほど。ヤシの実や米が原料の蒸留酒「アラック」も安く飲むことができます。

5,000円以内で宿泊できるホテルも

ビーチやショッピング、ナイトクラブを楽しめるクタエリアには、たくさんの格安ホテルがあります。また、バリ島の魅力を存分に味わいたいなら、ウブドエリアのホテルも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ライステラスと呼ばれる棚田をゆっくり散歩したり、バリ舞踊を鑑賞したり、大自然やバリのアートを満喫することができます。
スカイスキャナーのサイトで価格を設定すると、5,000円以下の宿を見つけることができますよ。

バリ島で5,000円以下の宿を見つける

心置きなくお土産を買う

Photo by MemoryMan / Shutterstock.com

とにかく物価が安いので、5,000円もあれば相当な数のお土産を購入することができます。ナシゴレンの素などのインドネシア料理に使われる調味料、アクセサリー、オーガニック石けん、ヘアトリートメントオイル、チョコレート、クッキーなど、挙げたらキリがないほどです。帰国の際に、荷物が重量オーバーになってしまわないよう、気をつけてくださいね!

地図