スカイスキャナー ニュース これからが春本番。4月下旬から5月に見頃を迎える北海道の桜

すべての記事

これからが春本番。4月下旬から5月に見頃を迎える北海道の桜

関東では桜が散り、新緑の季節を迎える4月下旬。北海道の桜はこの時期から咲き始め、北の大地に春を告げます。今回は4月下旬から5月に楽しめる、北海道の桜の名所を4カ所ご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内のイベントは、記事公開日時点の予定です。新型コロナウイルスの感染状況等により、期間の短縮や開催を中止する場合があります。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。2021 年4月12日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 日本最北のソメイヨシノ群生地|東明公園(美唄市)

道央にある美唄(びばい)市の東明公園は、日本最北のソメイヨシノ群生地として有名な場所。春になるとソメイヨシノやエゾヤマザクラなどの2000本の桜が咲き誇ります。

函館本線の美唄駅から車で10分ほどの場所にある東明公園は、テニスコートや野球場も併設されている大きな公園です。空知地方(札幌と旭川の間に位置し、10市14町で構成される地域)では随一の桜の名所で、満開になるころにはたくさんの人が桜を楽しみにやってきます。

例年の見頃は5月上旬から中旬頃。4月29日〜5月5日には「びばいさくら2021」というイベントが開催され、「美唄やきとり」や「とりめし」などのご当地グルメを楽しむことができます。夜には花火大会が開催されるなど、毎年人気のイベントです。

東明公園は5月下旬から6月上旬ごろにかけてのツツジも人気です。近くには宿泊もできる温泉施設があるので、桜を楽しんだあとはゆったりと温泉に浸かるのも素敵ですね。

【スポット情報】
東明公園
美唄市東明町2区

2. 道内屈指の桜の名所|二十間道路(日高郡新ひだか町)

道央にある日高郡新ひだか町には直線で7キロにわたって桜が咲き誇る一本道「二十間道路」があり、その美しさは日本屈指といわれています。

「日本の道百選」や「さくら名所100選」、「北海道遺産」にも選ばれる、日本でも指折りの桜の名所、二十間道路。この場所には以前宮内省の御料牧場があり、牧場を視察する皇族のために道路を造成したのが始まりだといわれています。出来上がった道の幅がちょうど二十間(約36メートル)だったことから、二十間道路と呼ばれるようになったのだそうです。

二十間道路の桜はエゾヤマザクラが主で、カスミザクラやミヤマザクラもみられます。大正5年から3年かけて近隣の山々からエゾヤマザクラなどを移植し、時とともに今の桜並木が出来上がりました。

例年の見ごろは5月上旬から中旬。4月30日〜5月5日には「しずない桜まつり」が開催され、特産品の販売なども行われています。

【スポット情報】
二十間道路
新ひだか町静内

3. 圧巻の桜のトンネル|優駿さくらロード(浦河郡浦河町)

道央にある浦河町には、「サラブレッド観光と乗馬の町」であるこの町の観光施設で、乗馬体験施設、厩舎、牧場、パークゴルフ場、宿泊施設、レストランなどを備えたうらかわ優駿ビレッジAERU(優駿の里公園)があります。

その入り口から3キロにわたる道「優駿さくらロード」には1000本を超えるエゾヤマザクラが立ち並び、春には圧巻の桜のトンネルとなります。

樹によって色や葉の付き方もさまざまで、道行く人を楽しませてくれます。優駿さくらロードという名前は、この桜並木をもっと多くの人に知ってもらうため、町民からの応募で決まった名前なのだとか。

優駿さくらロードの桜は例年、5月上旬から見ごろを迎え、4月29日〜5月9日の夜にはライトアップが行われる予定です。ただし同時期に行われる「優駿の里 浦河桜まつり」は、2021年は残念ながら中止となっています。

【スポット情報】
うらかわ優駿ビレッジAERU
浦河郡浦河町西舎141-11
https://aeru-urakawa.co.jp/

4. 多種多様な桜を1ヶ月楽しめる|松前城(松前郡松前町)

北海道の最南端に位置する松前郡松前町には、桜の名所として知られる松前城があり、松前生まれの100種を含む、250種1万本もの桜を楽しむことができます。

松前の桜は、江戸時代に本州から渡ってきた人によって植えられたのがきっかけで、その後全国から桜を収集して品種改良に努めるなどした結果、現在のように多種多数の桜が咲く名所になったのだそう。松前生まれの桜も約100種類あり、その中には松前でしか見られない珍しい品種もあります。

松前城のある松前公園内には「光善寺の血脈桜(けちみゃくざくら)」、「龍雲院の蝦夷霞桜(えぞかすみざくら)」、「天神坂の夫婦桜」と名前がついた松前三大桜もあり、訪れる人を楽しませてくれます。

松前公園にある桜は種類が多いので開花時期がそれぞれに異なり、早咲き、中咲き、遅咲きと、約1カ月にわたってリレーのようにお花見を楽しむことができます。見頃は例年、4月下旬から5月中旬。訪れるたびに、違う品種の桜を楽しめそうですね。

2021年は4月24日〜5月9日の期間に「松前さくらまつり」の開催が予定されています。

【スポット情報】
松前城
松前郡松前町字松城144番地


日本で最後に桜が見頃を迎える北海道。北国の長い冬に終わりを告げる花を楽しみたいですね。