スカイスキャナー ニュース 【カリフォルニアディズニーランド特集④】最終回はスター・ウォーズ。ディズニーランドであの壮大な宇宙の物語に飛び込もう!

すべての記事

【カリフォルニアディズニーランド特集④】最終回はスター・ウォーズ。ディズニーランドであの壮大な宇宙の物語に飛び込もう!

20世紀が始まる1901年、ウォルト・ディズニーはイリノイ州シカゴに生まれました。幼い頃から図画やアートの才能に恵まれていたウォルトは、青年期に新聞に漫画を描く仕事を始め、19歳にして初のアニメ作品『ニューマン劇場のお笑い漫画』(1921年)を手掛け、22歳の時、兄のロイと共にディズニー・カンパニーを設立、1928年にミッキーマウスをこの世に誕生させました。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }      h1 { font-size: 2.4em !important; -webkit-text-size-adjust: auto; }

ご家族で楽しめるディズニーランド

また、ウォルトは、2人の娘をカーニバルや遊園地によく連れていっていました。ある日、メリーゴーラウンドに揺られて楽しむ娘たちを見ていたウォルトは、自分はベンチに座ってポップコーンを食べるだけという状況に気付き、親も子どもたちと一緒に楽しめる場所を造るべきでは、とひらめきます。この2つの必然が、ディズニーランド計画の始まり。見る人、訪れる人すべての人々の笑顔を追及し、尽きることのない遊び心と好奇心が、夢を現実にしました。それらは、ミッキ-マウスの初代声優を自ら務めていたことからもうかがえますね。

展示品の一つ一つに語りつくせぬ銀河の壮大な物語が!「スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ」では待ち時間すらも楽しめちゃう仕掛けがたくさん!

20世紀のテーマパークやエンターテインメントシーンを引っ張り、21世紀の現在も、そしてきっと未来永劫、覚めることのない夢と魔法を私たちに提供し続けてくれるであろうディズニーランド・パークには、その未来をテーマにしたテーマランド“トゥモローランド”があります。最終回の第4回は、世界で人気のSF映画『スター・ウォーズ』にフォーカス!

まずは、一際目立つ、まるでミレニアム・ファルコン号が着陸したかのような外観の「スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ」から。この施設では、映画に登場したキャラクターと触れ合えたり、小道具のレプリカや記念品が展示されています。

スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ
施設では、闊歩する帝国軍のストームトルーパーがお出迎え。通路には初期から最新作まで、設定画や資料、シアター内にはショーケースに展示された、反乱同盟軍の宇宙船、ホームワンやスターファイター、銀河帝国軍のスター・デストロイヤーなどの模型がテンションをあげてくれます。 歩を進めると、頭上には オープニングの“A long time ago in a galaxy far, far away….”の文字が。思わず映画の世界に飛び込んだ気分になりますね。スピーダー・バイクやアナキン・スカイウォーカーが乗っていたビークルなど、一つ一つのエピソードに事欠かない展示室です。
反乱同盟軍や銀河帝国軍の小道具がたくさん!
施設内では、ハン・ソロの相棒チューバッカや、ダース・ベイダーと触れ合えたり、記念撮影ができるほか、映画さながら、物々交換してくれるジャワ族がいたり、スター・ウォーズの世界観に浸れるだけではなく、むしろあなたは登場人物の一人となって楽しむことができます!

3Dシアターであのキャラクターたちとともに、迫力ある宇宙旅行を!「スター・ツアーズ:アドベンチャー・コンティニュー」

「スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ」でひとしきりフォースの力を得たなら、次に向かう先は同じくトゥモローランドにある「スター・ツアーズ:アドベンチャー・コンティニュー」に決まり!ゲストはスター・ツアーズ社が催行する、惑星エンドアの神秘的な月へのツアーに参加するため、おなじみのC-3POやR2-D2とともに、スタースピーダー3000に乗り込むものの、トラブル続き!?ついには貨物船なのに帝国のスター・デストロイヤーのトラクター・ビーム(重力を操作して対象物を引き寄せたりするテクノロジー)に拿捕されて、なぜかデス・スターへの攻撃に加わることになり…?

スター・ツアーズ:アドベンチャー・コンティニュー
頼りないキャプテンレックス(RX-24)に命運を預け、銀河の大冒険が始まる!結末は自らの手で掴み取ってくださいね!旅立つあなたに、“May the Force be with you.”(フォースと共にあらんことを)

あなたのお子さんがパダワンに!?ライトセーバーを操れ!参加型エンターテインメントショー「ジェダイ・トレーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル」

トゥモローランドには、お子さまだけの特権があります。それが、「ジェダイ・トレニーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル」です。当該の看板のある場所で開催されるイベントです。(4歳~12歳迄)開始時間になると、どこからともなくジェダイの騎士が現れ、子どもたちにジェダイになりたいか尋ねてまわります。ここで勢いよく「YES!」と返事をすると、運が良ければローブを手渡され、パダワン(ジェダイの候補生)に!ステージ上で他のパダワンの子どもたちと一緒に、ライトセーバーの訓練を受け、ダース・ベイダーやダース・モールと実際に戦います!今ならカイロ・レンもいるかもしれません。銀河に平和をもたらした後は、あのジェダイ・マスターから直々のお言葉と証がもらえます。達成感とともにフォースも得られるショーにぜひご参加してみてくださいね!

ジェダイ・トレーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル

お土産はもう決めた?ここでしか買えない特別なものを事前にチェック!

第4回でフォーカスしたスター・ウォーズ関連のグッズも、「スター・ツアーズ:アドベンチャー・コンティニュー」を出たところで購入が可能ですが、最終回におすすめしたいのは、ディズニーランド・パークのメインストリートUSAにある「マッド・ハッター」というお店。『ふしぎの国のアリス』(1951年)に登場する、風変わりなお茶会、マッド・ティーパーティーを開いている帽子屋さんのことですが、彼の名を冠したお店になります。定番ともいえる、ミッキーのキャップなどたくさんの帽子が売っていますが、ここではその場で名前を刺繍してくれるサービスがあります。あなただけのオンリーワンな思い出をぜひ帽子に刻んでくださいね。また、日本では、地球の歩き方Travelのチケットサイトだけが扱っている、オンラインのパークチケット販売、今なら2デー以上のパークホッパー・チケットを購入されたお客様に先着でもれなく、ミッキーのクリスマスオーナメントをプレゼント中! ※在庫がなくなり次第終了

オリジナルの刺繍を入れてくれるマッド・ハッター

さて、4回に渡り特集してきました、カリフォルニア アナハイムのディズニーランド・リゾート特集、いかがでしたでしょうか。第1回ではカリフォルニアの気候とともに、ディズニーランド・パーク8つのテーマランドと「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」を、第2回では、ロサンゼルス国際空港(LAX)からのアクセス、リニューアルした「ファンタズミック!」や伝統のショーを、第3回ではモデルプランと本格ミュージカル「アナと雪の女王:ライブ・アット・ザ・ハイペリオン」、ディズニー/ピクサー映画『カーズ』(2006年)の世界を舞台にしたカーズランドなどをご紹介してきました。4回では書ききれないこともたくさんありますのでぜひ本場のカリフォルニア アナハイムのディズニーランド・リゾートを訪れて、実際に体験してくださいね!

最終回は、4回の特集を通じてわかった、ウォルトの思いから。

「Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world.」 (ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう。)

1955年7月18日、世界初のディズニーランドがオープンし、人々がパークに押し寄せた時、ウォルト自身が語った言葉です。世界中の人々に愛され、今なお進化を続けるディズニーランドは、この時のウォルトの意志や思いが、受け継がれているからなのですね。

今なお進化を続けるディズニーランド

ロサンゼルスまでの最安値をチェック!

ディズニーランド・リゾート近郊のホテルをチェック!

締め切り間近!海外ディズニーリゾート限定グッズが当たるキャンペーン��施中!

クイズに答えて、海外ディズニーリゾート限定グッズを当てよう。

もう応募しましたか?スカイスキャナーでは今月カリフォルニアのディズニーリゾート特集の掲載を記念し、プレゼントキャンペーンを実施中。クイズは全部で4問あり今回が最後です。全問正解すると、当選確率がアップするかも!?締め切りは9月29日(金)。詳細、応募は下記応募フォームから。みなさんのご応募を心よりお待ちしております😁✨

【今回のクイズ】

問題:子どもだけが参加でき、ジェダイになるためのトレーニングが受けられる参加型エンターテインメントショーの名前は?

答えはこの記事の中!わかった人はこちらから応募してね。

キャンペーンの詳細と応募はこちらから!

地図