スカイスキャナー ニュース ウィズコロナの空の旅、いま私たちが気をつけたいこと&空港や飛行機の感染対策

すべての記事

ウィズコロナの空の旅、いま私たちが気をつけたいこと&空港や飛行機の感染対策

新型コロナウイルス感染症の拡大により、飛行機や空港ではさまざまなことが変わりつつあります。そもそも機内の換気は大丈夫?空港での手続きは変わった?私たち旅行者は何に気をつければいいの?・・・飛行機の旅にまつわるそんな疑問を、ANAに聞いてみました。

1. 飛行機は換気されている?

飛行機 換気
(C) ANA

電車や車と違って、窓が開けられない飛行機内。十分な換気ができていないのでは?密になるのでは?と思ってしまいますが、実は機内には常時上空のきれいな空気が取り込まれており、すべての空気が約3分ごとに入れ替わっています。

しかもその空気は、病院の手術室の空調設備と同レベルの高性能な「HEPAフィルター」を使い、ろ過されたうえで機内に供給されています。このフィルターは、0.3ミクロン以上の粒子を99.97%キャッチ。メーカーの見解でも、このフィルターで新型コロナの飛沫を吸着できるとのことです。

知っておきたいのは、空気が常に天井→床下という方向へ流れていること(詳しくはこちら)。特定の場所に滞留することはなく、隣に座った他の乗客との間を水平方向に流れているわけではありません。なおこの換気システムは、地上で飛行機が待機しているときも作動しています。

(C) ANA

また飛行機の場合、電車と違ってすべての乗客が同じ方向を向いて着席するので顔をつきあわせることが少なく、座席背面が後方から前方への伝染を防ぐ防御壁の役割を果たしています。IATA(国際航空運送協会)も、「航空機内では感染リスクが低い」という見解を発表しています。

2. 飛行機は消毒されている?

換気に続いて気になるのが、消毒・除菌の状況です。ANAでは、国際線の飛行機は毎便、国内線の飛行機は毎日夜間に消毒。テーブル、肘掛け、座席テレビ画面やコントローラーなど、乗客の手が触れる部分を中心にアルコール消毒されています。なおトイレは、毎便清掃・消毒されています(国内線の場合)。

機内 清掃 ANA
(C) ANA

加えて機内では除菌シートも無料配布しているので、気になる人はキャビンアテンダントにリクエストしてみましょう。なお空港では、チェックイン機や車椅子などの備品も定期的に消毒されています。

3. 空港や機内では何が変わった?

ショップや施設ではスタッフがマスクやフェイスシールドを着用し、カウンターにはアクリル板やカーテンが設置され、行列ができる場所には立ち位置を示したフットプリント、そこかしこに消毒液が置かれている・・・市中では、そんな光景が当たり前になってきました。それは空港や機内でも同じこと。

(C) ANA

加えて主要な空港では、セキュリティチェック(保安検査場)付近でサーモカメラによる体温測定が実施されています。そこで高い体温が検知された人には、非接触体温計による検温が行われます。

またスタッフと乗客の直接接触を極力減らすために、チケットや手荷物タグの受け渡しはトレイやカウンターに置く形に。搭乗口などでチケットを機械にスキャンするときは、乗客自身が行います。

Fotinia / Shutterstock.com

さらにANAでは優先搭乗サービスを中止し、後方の席の乗客→前方の席の乗客の順で搭乗するようにして、乗客同士の接触機会を減らしています。搭乗口から飛行機までバスを使う場合は、乗車人数を制限しています。

こうした対策のため、空港での各手続きには通常より時間がかかりそうに思えますが、ANAによると特に変更はないとのこと。セキュリティチェック(保安検査場)の締切は出発時刻の20分前、搭乗口の締切は10分前のままです。とりわけ早く空港に到着する必要はありませんが、時間には余裕を持って出かけましょう。

なおラウンジでの食事や機内食は個包装または極力蓋をした状態で提供され、サービス時にはスタッフが手袋やゴーグルを着用しています。

感染症対策 機内食
(C) ANA

4. 私たち旅行者が気をつけることは?

空港や機内でも、市中と同じように「常にマスクをつける」「頻繁に手指を消毒する」といった基本の対策がまずは重要です。ここでは空の旅特有の注意点を、「出発前」「空港で」「機内で」の3段階に分けてご紹介します。

出発前の準備では

マスクを忘れずに
小さな子供や着用の難しい理由がある人を除き、マスク着用は多くの航空会社で搭乗の際の必須事項になっています。ANAの場合、忘れてしまった人にはチェックインカウンターや搭乗口のスタッフがマスクを提供してくれるので、まずは相談してみましょう。

パッキング時は除菌剤に注意
今、消毒液を旅行に持参する人は多いはず。空間用除菌剤の「クレベリン」(置き型、スティックタイプ、スプレー)は、使用時に腐食性物質である亜塩素酸ナトリウム水溶液が生じるため、機内持ち込みも預け入れもできません(ジェルタイプの除菌剤など直接肌につけるものは可)。また荷物は規定の範囲内に収め、なるべく小さくすることが、空港や機内での行列回避、混雑緩和につながります。

体調が悪い場合は旅行をやめる
自宅を出発する前に検温しましょう。37.5度以上の発熱がある場合、咳やだるさなど体調不良が見られる場合は、思い切って旅行の中止を。ANAによると「マスクを着用いただけない場合、また発熱など体調不良がみられる場合は、実際にご搭乗をお断りすることがございます」とのこと。

チェックインや座席指定は事前に
空港到着前にオンラインチェックインを済ませておけば、カウンター前で行列に並ぶことなく、そのままセキュリティチェックに進めます。ANAの国内線の場合、オンラインチェックインは出発の24時間前から可能です(開始時刻は航空会社により異なる)。さらにスマートフォンに保存できるモバイル搭乗券を選択すれば、紙のチケットをスタッフとやりとりする機会が減らせます。自分の航空券がオンラインチェックイン対象外の場合は自動チェックイン機を利用し、また荷物を預ける場合は自動手荷物預け機を積極的に利用して、人との接触機会をできるだけ減らしましょう。

空港へ行く人数は最小限に
見送り・出迎えはできるだけ控えましょう。

機内エンターテイメントは自前のデバイスで
好きな映画などを自分のタブレットなどにダウンロードしておけば、機内エンターテイメント用のモニターやコントローラーに接触する機会を減らすことができます。なおANAの場合、ANAのアプリをダウンロードしておけば、機内エンターテイメントを自分のスマホやタブレットで再生することができます。このアプリでは羽田空港内の消毒液の設置場所も調べられるので、一石二鳥ですね。

空港では

ソーシャルディスタンスの確保を
航空会社や空港スタッフの指示、フットプリントの表示などに従いましょう。

機内では

不要な移動を避ける

大きな声で会話しない
随時手を洗うこと、咳エチケットを守るのはもちろんのこと、大声を出さないことは感染症対策のためにも大切です。

Awasada Kalayanamit / Shutterstock.com

ゴミは持ち帰る
使用済みのマスクやティッシュペーパーなどはビニール袋に入れて口を閉じ、自分で持ち帰りましょう。

常にソーシャルディスタンスを
乗り降りのときはスタッフの案内に従い、焦らずに他の乗客との間隔をあけましょう。降りる時は、スタッフの案内があるまで着席して待ちましょう。

トイレでは手洗いを
利用前・利用後には手を洗い、利用後は蓋を閉めてから流しましょう。


旅行をする人も、空港や航空会社のスタッフも、そして旅行先の人たちも、安全に過ごすために。できることから実行して、安心して旅を楽しみたいですね。

参考:ANA Care Promise

地図