スカイスキャナー ニュース 仲間とわいわい楽しめる、国内の卒業旅行先5選

すべての記事

仲間とわいわい楽しめる、国内の卒業旅行先5選

「卒業旅行に行きたいけれど、時間や予算が限られている」、「メンバーを変えて、複数回卒業旅行に行きたい」。そんなときにおすすめなのが、日本国内の卒業旅行です。テーマパークや大自然など、みんなでわいわい楽しめる国内の卒業旅行先をご紹介。大切な仲間と一緒に、新たな日本の魅力を発見しませんか。

北海道:ダイナミックな自然に包まれて非日常体験

みんなでレンタカーを借りて北海道の大平原をドライブ、なんてちょっと憧れませんか。特別な卒業旅行だからこそ、北海道ならではのダイナミックな自然風景を探しに出かけましょう。

卒業旅行シーズンの2~3月に見頃を迎えるのが、網走の流氷。この時期だけの一面が氷で覆われた海は、まるで異世界の光景。氷を砕きながら進む砕氷船でのクルーズや、流氷ウォーク、気球からの流氷観光など、非日常体験も目白押しです。

北海道 網走 流氷
atthle/Shutterstock.com

北海道の雪まつりといえば、「さっぽろ雪まつり」が有名ですが、より自然との一体感が楽しめるのが、「層雲峡氷瀑まつり」。北海道の3大冬祭りの一つで、北海道中部の上川町層雲峡で開催されます。

会場には札幌時計塔など、氷でできた北海道内外のランドマークや氷の神社がお目見え。カラフルにライトアップされ、打ち上げ花火も上がる夜は、一段と幻想的な雰囲気に包まれます。2019年の会期は、1月25日から3月17日まで。さっぽろ雪まつりよりも期間が長く、卒業旅行に最適です。

【スポット情報】
層雲峡氷瀑まつり
北海道上川郡上川町層雲峡
http://www.sounkyo.net/hyoubaku/

北海道は、温泉数日本一位の温泉天国。寒い冬の北海道だからこそ、心も身体も温まる温泉はいかがでしょう。南西部にある登別温泉は、登別地獄谷の雄大な自然風景を抱える日本屈指の温泉地。近くには、ゆかいなクマたちに出会える「のぼりべつクマ牧場」もあるので、グループ旅行にぴったりです。

北海道 登別温泉
Sean Pavone/Shutterstock.com
北海道行き航空券を確認

沖縄:肌寒い季節ならではの楽しみも!

青く透き通った海の風景と共に、開放的な卒業旅行を楽しみたいなら沖縄へ。

沖縄の冬の風物詩が、ホエールウォッチング。1月上旬から4月上旬ごろまで、沖縄本島の南西側の海域で、大型のザトウクジラを観ることができるのです。頭部を海面に叩きつける「ヘッドスラップ」や、垂直に体を持ち上げ、スピンしながら潜る「スパイホップ」など、生で観るクジラのショーは大迫力。

多くの旅行会社やマリンショップがホエールウオッチングツアーを主催しているので、誰でも気軽に参加することができます。

沖縄 ホエールウォッチング
OttoPhoto/Shutterstock.com
沖縄行き航空券を確認

沖縄の大自然を満喫するなら、離島へも足を延ばしてください。東京や大阪から直行便のある石垣島なら、沖縄本島を経由することなく、直接離島入りすることもできます。

石垣島
Jihun Sim/Shutterstock.com

石垣島で絶対に見逃せないのが、ミシュラン観光ガイドの3つ星に選ばれた、川平湾。「カビラブルー」と呼ばれる、水にエメラルドブルーの絵の具を垂らしたような見事な色彩は、言葉を失う絶景です。

石垣島は、竹富島や小浜島、波照間島など、他の離島への起点ともなる島。ウェットスーツを着れば、冬でもシュノーケリングなどが楽しめるので、アイランドホッピングを楽しみながら、沖縄の美しい海と触れあってみては。

石垣島行き航空券を確認

長崎:世界遺産をはじめ見どころ盛りだくさん

日本にいながらにして、エキゾチックな風景の数々に出会える長崎。卒業旅行で長崎を訪れるなら、日本最大級のテーマパーク「ハウステンボス」は外せません。オランダの街並みを再現した美しい風景はもちろん、乗り物やショー、ミュージアムなどで一日中遊べます。

長崎 ハウステンボス
10NOVEMBER/Shutterstock.com

2019年5月6日までは、「光の王国」を開催中。夜景鑑定士が選ぶ「イルミネーションアワード」で、6年連続堂々の全国一位に選ばれている、世界最大のイルミネーションイベントです。色とりどりの光に照らされる夜のハウステンボスは、まさに夢の世界。

【スポット情報】
ハウステンボス
長崎県佐世保市ハウステンボス町
https://www.huistenbosch.co.jp/

世界遺産の教会やグラバー園、長崎新地中華街、出島など、異国情緒あふれる長崎市内の町歩きも長崎旅の魅力の一つ。長崎ちゃんぽんやカステラなどの名物グルメと合わせて、ノスタルジックな坂の町を楽しみましょう。

長崎
Sean Pavone/Shutterstock.com

ユニークな体験を求めるなら、廃墟島も見逃せません。「軍艦島」として知られる端島が有名ですが、近年では「第2の軍艦島」と呼ばれる池島にも注目が集まっています。軍艦島より立ち入れる範囲が多く、ツアーに参加すれば炭鉱内の探検もできますよ。

長崎行き航空券を確認

大阪:エネルギッシュな街でわいわい楽しもう

大阪 市内
Sean Pavone/Shutterstock.com

行くたびに圧倒的なエネルギーで包み込んでくれる街、大阪。大阪を卒業旅行先に選んだなら、まずはユニバーサル・スタジオ・ジャパン™へ。

2014年にハリー・ポッターエリアが新設されたのが記憶に新しいところですが、2017年には「ミニオン・パーク」がオープンしました。世界最大のミニオン・パークで、あの人気キャラクター「ミニオン」のハチャメチャな世界が楽しめますよ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™では、2019年2月28日まで「ウインター・イン・ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」を開催中。ホグワーツ城のプロジェクションマッピングなど、「ハリー・ポッター」の冬の魔法が待っています。

【スポット情報】
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™
大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33
https://www.usj.co.jp/

大阪といえば、B級グルメの食べ歩きも欠かせません。道頓堀の「グリコ」の看板前で写真を撮った後は、人気のたこ焼き屋台をはしごして、「くいだおれ」といきましょう。

大阪 たこ焼き B級グルメ
fuumi901/Shutterstock.com

ちょっとディープな下町の雰囲気漂う、通天閣周辺を散策したり、昔ながらのレトロゲームに興じてみたりするのもいいかも。「ベタな大阪観光」は、仲間と一緒なら何倍も楽しめるものです。

大阪行き航空券を確認

奄美大島:手つかずの自然が残る癒しの島

鹿児島県に属する奄美大島。沖縄に比べると、あまり観光地化が進んでいない奄美大島は、素朴な雰囲気と手つかずの大自然が残る癒しの島です。東京や大阪からLCCが運航していて、実は気軽に行けるのも嬉しいところ。

奄美大島
tororo reaction/Shutterstock.com

沖縄同様、奄美大島で便利なのがレンタカー。白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる土盛海岸や、サンゴ礁の海が一望できるあやまる岬など、奄美の美しい自然が堪能できるスポットをドライブで巡りましょう。

キュートなヤギに癒される農園「それいゆファーム」では、農園のフルーツを使ったスムージーや、ヤギの乳を使ったスイーツも味わえます。それいゆファームから、恋愛パワースポットとしても人気の「ハートロック」まではすぐそこ。干潮の時だけ見られるハート形の潮だまりは、自然からのロマンティックなギフトです。

奄美大島で挑戦したいアクティビティが、マングローブカヌー。亜熱帯の木々が生い茂る神秘的なマングローブ原生林の探検は、日本全国でも限られた場所でしかできない経験。日頃できないアドベンチャー体験は、時間を忘れて心身をリフレッシュさせてくれます。

奄美大島 マングローブ
MI7/Shutterstock.com
奄美大島行き航空券を確認

北から南まで、多彩な魅力あふれる日本国内の卒業旅行先をご紹介しました。知っているようで意外と知らないのが、国内の旅先。海外旅行にも違った魅力がありますが、日本を旅すれば「これほど美しくバリエーション豊富な自然と、歴史・文化を持つ国はなかなかない」と思えることでしょう。

地図