スカイスキャナー ニュース 冬の北海道、この時期だけ味わえる絶景4選

すべての記事

冬の北海道、この時期だけ味わえる絶景4選

雄大な自然が残る、北海道。その北海道には様々な魅力が満載ですが、冬にしか味わえないこともたくさんあります。またこの時期はニシンやホッケの他にも、毛ガニやエビ、ホタテ、エゾバフンウニなどが、冬の荒波にもまれ、一層おいしさが増しているのだとか。今回はこの時期だからこその北海道の魅力をまとめました。さっそく北海道旅行の計画を立ててみませんか?

1. 日本のウユニ塩湖と呼ばれる、野付半島

北海道の知床半島と根室半島の間に位置し、全長約26kmの日本最大の砂嘴(さし=海上に長く突き出た地形)の野付半島。「トドワラ」というトドマツの枯れ木が残り、「この世の果て」と呼ばれる枯れ木の林や、風化したミズナラが立ち枯れて残る「ナラワラ」など、荒涼とした風景は幻想的です。

野鳥や野生生物の宝庫で、2005年にはラムサール条約登録湿地となりました。

その野付半島は今「日本のウユニ塩湖」と呼ばれ、注目を浴びています。

野付湾は浅瀬のため、冬の時期には凍りつき、氷上を歩くことができます。どこまでも続く真っ白な雪原は、まるで乾季のウユニ塩湖のようで、息をのむほどの絶景。

野付半島ネイチャーセンターでは、12月〜3月の期間、まっさらな雪原を歩く人気ツアー「トドワラ・氷平線ウォークツアー」を実施中。

野付半島近くまで流氷が流れてくることがあるので、運が良ければ海岸線に漂着した流氷を間近で見ることもできるのだとか。流氷クルーズも3月までなので、急いで訪れる必要がありそうですよ。

野付半島ネイチャーセンター公式ホームページ:http://notsuke.jp/
アクセス方法:中標津空港から車で約50分

中標津空港行き航空券をチェック

2. 冬限定の村「しかりべつ湖コタン」

アイヌ民族の言葉で「村・集落」を意味する「コタン」。そのコタンが、北海道で一番高い、標高800メートルにある然別湖に冬の間だけ現れます。

1980年に始まったこのイベントでは、全てが雪と氷だけで作られた「イグルー」という雪のブロックを積み重ねてつくる建物が出現します。

しかりべつ湖コタン

自分で氷のグラスを作ることもでき、自分でデザインして作ったグラスで飲むドリンクは、また違った味わいになること間違いなし。

しかりべつ湖コタンのイグルー内

露天風呂も足湯もあるこのコタン。満天の星空の下で入浴できるなんて贅沢ですよね。2019年は3月21日(木)までの開催です。

しかりべつ湖コタン公式ホームページ:http://www.shikaoi.net/contents/event/kotan/

アクセス方法:最寄りの空港は帯広空港、空港からバスで約1時間。新千歳空港からもJR北海道を利用して1時間40分程度。

帯広空港行き航空券をチェック

3. 雪ではなく氷!層雲峡温泉氷瀑まつり

札幌では「雪まつり」が有名ですが、こちらは「氷瀑まつり」。つまり、氷のお祭りです。層雲峡の冬は、断崖絶壁から流れ落ちる滝さえも凍りついてしまうほどの寒さなので、滝は氷瀑となるのです。

層雲峡は大雪山国立公園に位置し、石狩川の両側には断崖絶壁が約24キロメートル続きます。この石狩川沿いに作られた氷の建造物は七色の光に照らされ、幻想的な雰囲気に。

メインの氷像は、北海道内にある有名な建築物をイメージしているのだそう。中に入るとトンネルになっていて、つららがシャンデリアのように垂れ下がり、まるで氷の世界に迷い込んだよう。

アイスクライミングや氷の滑り台、極寒証明書の配布など、たくさんの楽しみがあります。旭山動物園と一緒に訪れるのもいいかもしれませんね。2019年は3月17日(日)までの開催予定です。

層雲峡温泉氷瀑まつり公式ホームページ:http://www.sounkyo.net/hyoubaku/

アクセス方法:旭川空港から車で約1時間半。旭川空港からバスで旭川市まで40分程度、そこからバスで1時間半。上川森のテラス バスタッチ下車徒歩5分。

旭川行き航空券をチェック

4. 青い池もライトアップされ、さらに幻想的に

観光名所としても人気なマイルドセブンの丘などがあるのは、美瑛町。「日本で最も美しい村連盟」に加盟し、夏には一面緑の畑が続く絶景場所としても有名ですが、冬はあたり一面真っ白な雪景色になります。

その中でも「北海道美瑛町・青い池のライトアップが織りなす冬限定の絶景

」でご紹介した青い池は、何とも言えないブルーの池に木が浮かぶ絶景スポットとして有名です。その青い池が、冬の間ライトアップされ、さらに神秘的な雰囲気に。

白ひげの滝

青い池とともに有名な白ひげの滝もライトアップされます。十勝岳火山の地層の境目からの湧水でできるこの滝も青く、滝が流れ落ちる美瑛川は「ブルーリバー」と呼ばれています。

期間中はライトアップ箇所を巡る「美遊バス ライトアップコース」もあり、運転に自信がない人も安全です。2019年のライトアップは4月30日までです。詳しくは公式ページでご確認ください。

美瑛町公式ページ:http://town.biei.hokkaido.jp/about/event/illuminate.html

アクセス方法:旭川空港からふらのバス(ラベンダー号)で、美瑛まで約12分。

旭川行き航空券をチェック

北海道旅行に関する情報をもっと知りたい人はこちらの記事もチェック!

北海道行き航空券をチェック
地図