新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 紅葉シーズンはもうすぐ!10月に見頃を迎える北海道・東北の紅葉スポット4選

すべての記事

紅葉シーズンはもうすぐ!10月に見頃を迎える北海道・東北の紅葉スポット4選

蒸し暑い夏が過ぎ、もうすぐ日本列島に紅葉のシーズンが到来!木々が黄色やオレンジ、赤に色づき、各地で美しい秋景色を見ることができますね。今回は一足早く秋色が楽しめる、北海道・東北の紅葉スポットをご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最安価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便、乗継便含む)。記事公開日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. ダイナミックな景色は圧巻|北海道・定山渓

例年の見頃:10月上旬~10月中旬

北海道の紅葉スポットとして有名な「定山渓」は、札幌市街地から南西へ車で1時間弱の場所にあり、温泉地として発展してきました。支笏洞爺湖国立公園の自然に恵まれたエリアにあり、美しい紅葉が楽しめるスポットがいくつも。

札幌市街地からのアクセスが良く、冬はスキー場として人気の「札幌国際スキー場」。紅葉時期に合わせて、山頂駅までを結ぶゴンドラが運行します。石狩湾を望むパノラマ展望台からの雄大な紅葉の景色は圧巻!

フルーツ狩りができる「定山渓ファーム」は、国内初の本格的なオーチャード(果樹園)ガーデンとしてオープンした人気スポット。ツリートレッキングやジップラインなど、豊かな自然を舞台にしたアクティビティも楽しめます。敷地内のビューテラスは、360度紅葉の景色に囲まれる絶景スポットです。

定山渓温泉街の近くを散策すると、森や渓谷の美しい景色を眺められるスポットがいくつもあります。温泉街から定山渓ダム方向にある、白井川に架かる「時雨橋」もそのひとつ。遠くに連なる山々が赤く染まる、ダイナミックな秋の絶景を見ることができますよ。

2. 秘湯で紅葉スポット巡り|青森県・酸ヶ湯温泉

例年の見頃:10月中旬

十和田八幡平国立公園内の標高約900メートル地点にある「酸ヶ湯温泉」は、八甲田大岳や井戸岳、赤倉岳などの北八甲田の登山口となっており、八甲田観光の拠点として人気の温泉地。開湯300年という長い歴史をもち、1954年には全国の温泉のモデルケースとして、国民保養温泉第一号に指定されました。

酸ヶ湯温泉から歩いて10分のところにある「地獄沼」は、近くから湧き出る温泉がたまった沼で、秋は紅葉の名所として知られています。沼の周囲の木々が黄色や赤く色づきはじめると、一気に秋ムードに。

酸ヶ湯温泉を通る国道103号線は「八甲田ゴールドライン」と呼ばれ、紅葉の名所が点在するドライブルート。国道沿いの木々が秋色に染まり、見事な紅葉のアーチが続きます。秋ならではのドライブが楽しめそうですね!

この103号線を酸ヶ湯温泉から南東へ約4キロ進むと、エゾヒツジグサが自生している「睡蓮沼」に到着します。こちらは、大岳をはじめとする八甲田連邦の雄大な眺めとともに、紅葉が楽しめるスポットです。天気に恵まれると、沼に紅葉が映る神秘的な風景も見られるそうですよ。

3. 雄大な自然と紅葉のコントラストが美しい|岩手県・雫石

例年の見頃:9月中旬(三ツ石山)、10月上旬~10月中旬(葛根田渓谷)、10月中旬〜10月下旬(舟原の紅葉)

岩手県盛岡市から西へ車で約30分の雫石町から、岩手山へ向かって北に広がる「雫石エリア」は、四季を通して自然を満喫できる施設や名所が多いエリアです。岩手山から八幡平に続く「三ツ石山」は、雄大な自然とともに紅葉の絶景が楽しめる人気の登山ルート。特に秋は山頂付近から見晴らすと、一面が赤やオレンジ、黄色に染まる壮大なパノラマが有名です。

Yspbqh14 / Shutterstock.com

雫石エリアの北部、岩手山の南麓を流れる葛根田川(かっこんだがわ)沿いには、「葛根田渓谷」があります。高さ70メートルもの断崖が160メートル続く景勝地で、このエリアにはブナの原生林が広がり、秋にはブナの木の黄葉にモミジやカエデ赤い紅葉が混ざり、一帯を秋景色に染め上げます。

雫石町の近くなら、国道46号線(橋場街道)を秋田方面へ車で15分ほど進むと見えてくる「舟原(ふなら)の紅葉」がおすすめ。竜川沿いの低い山々が色づき、ドライブをしながら紅葉が楽しめます。町の中心地からアクセスがよく、気軽に秋を堪能できますよ。

4. 世界的にも珍しい奇勝|秋田県・小安峡

例年の見頃:10月中旬~11月上旬

秋田県湯沢市の中心地から南東へ車で約1時間、栗駒国定公園内にある景勝地「小安(おやす)峡」。皆瀬川の急流によって長い歳月をかけて深く浸食されたV字谷で、川沿いの一角には熱湯と蒸気が激しく噴出している「大噴湯」があることで知られています。ここは地熱貯留層の亀裂が露出している、世界的にも珍しい地形なのだそう。

岩伝いに続く階段をゆっくり降り、川沿いの遊歩道を歩いていくと、白い湯けむりが大地から噴出する轟音が聞こえてくるほどの迫力。自然のエネルギーを体感できる、小安峡の名所です。

川の両側に高さ60メートルもの断崖が続く峡谷は、秋は紅葉の名所として大人気。この大噴湯以外にも、峡谷には大小さまざまな滝があり、色づいた木々と峡谷の荘厳な景色が織りなす絶景が楽しめます。

駐車場から歩いて3分の場所には、小安峡をまたぐアーチ状の川原湯橋があります。ここは、V字に浸食された峡谷美を、上から見下ろすかたちで眺められる絶景ポイント。モミジやイチョウなど、赤や黄色に染まる紅葉を背に、蒸気が立ち込める小安峡ならではの景色が堪能できます。