スカイスキャナー ニュース ローマのフォトジェニックなアルベルゴ(ホテル)3選

すべての記事

ローマのフォトジェニックなアルベルゴ(ホテル)3選

世界屈指の観光都市ローマには、魅力的な宿泊施設アルベルゴ(ホテル)が数多くあります。今回は、地球の歩き方ローマWeb特派員の阿部美寿穂さんに、観光スポットにアクセス抜群で、ローマらしさいっぱいのフォトジェニックなアルベルゴを紹介いただきます。レストラン利用でもぜひ訪れてみたい素敵なホテルばかりですよ!

1. ローマっ子の秘密の庭園「デ・ルッシエ」

「デ・ルッシエ」の外観

観光スポット「ポポロ広場」のすぐ横にある「デ・ルッシエ」の庭園は、ローマ中心部にあるアルベルゴでもっとも美しいといわれています。バブイーノ通りに面したアルベルゴの入口は小さく、しかも、庭は建物で囲まれています。その為、ほとんどの人が存在に気づかずに通り過ぎてしまうほど、プライベート感が満載の場所です。

建物に囲まれた秘密の庭園

この庭園は、1800年代初頭、ジュセッペ・ヴァラディエにより、「ポポロ広場」や「ピンチョの丘」などと同時に、ローマの都市計画の一部として整備されました。歴史ある小さな緑のオアシスは、古くから「デ・ルッシエのシークレットガーデン」と呼ばれ、地元っ子に愛されてきました。

「デ・ルッシエのシークレットガーデン」と呼ばれる庭園

階段状に造られた庭園の上に佇むのは、「ピンチョの丘」。そして、「ボルゲーゼ美術館」などで有名な「ボルゲーゼ公園」が連なっています。

庭園は、薄いグリーンの葉を持つ樹木が植栽されているため、ソフトでエレガントな雰囲気。レモンなどの柑橘類の木々とオールドローズなどを中心に、地中海地域で見られる植物が集められたメディテレーニアンスタイルとなっています。よく手入れされていて、古代ローマを感じさせる彫像などのオブジェがちりばめられ、どの角度から写真を撮っても美しい一枚となること間違いなしです。

ライトアップされた緑豊かな庭園

食事もできるエレガントな緑のオアシス

「デ・ルッシエ」の庭園では、食事や休憩がとれます。レストラン「ル・ジャルダン・デ・ルッシー」とバー「ストラヴィンスキー・バー」は、宿泊客でなくとも利用が可能です。人気店なので、事前の予約をおすすめします。メニューはパスタやリゾット、肉、魚、デザートまで、質の高いイタリア料理が楽しめます。

庭園レストランで質の高いイタリア料理に舌鼓

「デ・ルッシエ」の庭園は、世界のセレブリティの隠れ家的なミーティングポイントのひとつとなっています。カクテルを片手にソファにゆったりと身を沈めれば、辺りから聞こえる小鳥のさえずりをBGMに、思わずウトウトと眠ってしまいそうです。

「デ・ルッシエ」から眺める夕景

絵になるスタイリッシュで個性的な客室

86ある客室は、内装がおしゃれで、とてもスタイリッシュ。コロッセオ風の壁紙でしつらえられたエグゼクティブ・スイートなど、随所にローマらしさを感じられ、印象的な滞在を演出してくれるでしょう。

「デ・ルッシエ」のエグゼクティブ・スイート
エグゼクティブ・スイートのスタディーエリア

【ホテル情報】
デ・ルッシエ(De Russie)
Via del Babuino 9, 00187, Rome, Italy
https://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resorts/hotel-de-russie/

このホテルをチェックする

2.トリトンの噴水を見下ろす「シナ・ベルニーニ・ブリストル」

トリトンの噴水と「シナ・ベルニーニ・ブリストル」の外観

「シナ・ベルニーニ・ブリストル」は、トリトーネ通りの先、「バルベリーニ広場」にあります。近くには、バロックの巨匠ベルニーニ作の「トリトンの噴水」があり、海の神様がほら貝から水しぶきを出す様子や、かわいい4匹のイルカを観に、多くの人が訪れます。

「シナ・ベルニーニ・ブリストル」の徒歩圏内には、「トレビの泉」や「スペイン階段」など多くの観光スポットがあります。また、「バルベリーニ広場」からは、フェデリコ・フェリーニ監督の映画「ドルチェ ヴィータ(甘い生活)」の舞台となったヴェネト通りが始まります。

「シナ・ベルニーニ・ブリストル」のホール

パノラマの絶景が広がるミシュラン1つ星レストラン

「シナ・ベルニーニ・ブリストル」のレストラン、および一部の客室からは、ローマ中心部の美しいパノラマを鑑賞することができます。「ミシュランガイド」で1つ星を獲得した、アルベルゴの最上階にあるパノラミックレストラン「ジューダ・バレリーノ」では、宿泊客でなくとも、360度の絶景を楽しみながら、洗練されたローマ料理を味わうことができます。

パノラミックレストラン「ジューダ・バレリーノ」

【ホテル情報】
シナ・ベルニーニ・ブリストル(Sina Bernini Bristol)
Piazza Barberini 23, Rome Italy
https://www.sinahotels.com/it/h/sina-bernini-bristol-roma/

このホテルをチェックする

3. ロケーションが自慢の「コルベ・ホテル ローマ」

「コルベ・ホテル ローマ」の玄関口

最後に紹介する「コルベ・ホテル ローマ」は、「フォロ・ロマーノ」と「パラティーノの丘」の隣にあります。また、映画「ローマの休日」で有名な「真実の口」や「コロッセオ」も、徒歩でのアクセスが可能です。

「コルベ・ホテル ローマ」の名は、1930年から日本にも滞在したマキシミリアノ・コルベ神父が、宿泊施設になる以前に、この建物に滞在していたことに由来します。施設内には、コルベ神父が勉学に励み、月日を過ごした部屋がそのまま残されています。また、コルベ博物館や礼拝堂も備えられています。

「コルベ・ホテル ローマ」の全貌

いざ、アルベルゴの窓から遺跡の撮影に挑戦!

客室は全部で72室。「パラティーノの丘」側に並ぶ部屋の窓からは、遺跡が眼前に迫ってきます。窓を額縁に見たてて撮影をすれば、まるで絵はがきのような写真のできあがり。遺跡や歴史などが好きな方にはたまらない眺めです。

「コルベ・ホテル ローマ」の客室からの眺め
客室の窓から遺跡の撮影ができるなんて!

【ホテル情報】
コルベ・ホテル ローマ(Kolbe Hotel Roma)
Via di San Teodoro 44, 00186, Rome Italy
https://www.kolbehotelrome.com/

このホテルをチェックする

「石を投げれば遺跡に当たる!」といわれるローマは、街のあちらこちらで古代遺跡がひょっこりと顔を出し、すべての旅行者がいとも簡単に3,000年の長い歴史を垣間見ることができる美しい街です。今回紹介したフォトジェニックなアルベルゴは、多くの見どころが集まるローマ中心部にあり、観光の途中に立ち寄って覗いてみることも、写真撮影も可能な施設です。どうぞ、すばらしい滞在を!

ローマに関する情報をもっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

著者プロフィール

地球の歩き方ローマWeb特派員 阿部 美寿穂
イタリア政府公認観光通訳、ツアーコンダクター。ローマ大学卒(文学哲学部文化遺産学専攻)。日本では公的機関で企画および広報業務に6年間携わる。植物の専門知識を活かしイタリアの庭園も専門的に案内。ローマの旬な情報を地球の歩き方ローマWeb特派員ブログからお届けしています。

地図