新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 美しいインフィニティプールが楽しめる国内のホテル6選

すべての記事

美しいインフィニティプールが楽しめる国内のホテル6選

その先の景色と一体となり、まるで浮遊しているような気分を味わえるインフィニティプール。国内にも絶景が楽しめる人気のインフィニティプールがあるホテルが各地にあります。今回は一度は訪れてみたいそんなホテルを6軒ご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内の期間は、記事公開日時点の予定です。新型コロナウイルスの感染状況等により、期間の短縮や提供を中止する場合があります。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。記事公開日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 季節を問わず快適に泳げる|大磯プリンスホテル(神奈川県)

まず最初にご紹介する大磯プリンスホテルは湘南でも屈指の人気老舗ホテル。併設されている大磯ロングビーチは夏になるとにぎわいを見せる、大磯の風物詩のような存在です。2017年に温泉・スパ施設「THERMAL SPA S.WAVE」がオープンし、より一層の注目を集めるようになりました。

「THERMAL SPA S.WAVE」内にあるインフィニティプールは、季節によって30〜38度に水温を調節しているので、冬でも快適に利用できます。プールにはテラスやジェットバスが併設されていて、相模湾を眺めながら日差しを楽しんだり、水平線に沈む夕日を眺めたりと、海を独り占めしているような気分を味わえます。

気になる混雑状況も、アプリのインストール不要で事前にチェックすることが可能。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

【ホテル情報】
大磯プリンスホテル
神奈川県中郡大磯町国府本郷546
https://www.princehotels.co.jp/oiso/

2. 瀬戸内の多島美を堪能できる|ベラビスタ スパ&マリーナ(広島県)

広島県の尾道にあるベラビスタ スパ&マリーナは、瀬戸内海を望む丘の上に立つ大人の隠れ家。美しい眺めを堪能し、「何もしない贅沢」を満喫できるリゾートです。瀬戸内海に浮かぶ島々が見せる美しい景観は「多島美(たとうび)」と呼ばれ、訪れるゲストの目を楽しませてくれます。

瀬戸内海へまっすぐに続く、エッジのないインフィニティプールは、海まで一続きになっている眺望が楽しめます。宿泊ゲスト専用の屋外プールで、2021年は7月16日~8月31日の期間中オープンする予定です。

ベラビスタ スパ&マリーナでは、館内の展望風呂からも「東洋のエーゲ海」とも例えられる瀬戸内海を眺めることができます。時間とともに豊かな表情を見せる瀬戸内海を堪能できるホテルです。

【ホテル情報】
ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道
広島県尾道市浦崎町大平木1344-2
https://www.bella-vista.jp/

3. 美術館から生まれ変わったラグジュアリーホテル|瀬戸内リトリート青凪(愛媛県)

瀬戸内海を見下ろす山の中にある瀬戸内リトリート青凪は、安藤忠雄氏が建築・設計を手がけたオールスイート、全7室のスモールラグジュアリーホテル。元は美術館として一部を公開していた建物をリノベーションし、ホテルへと生まれ変わらせました。

海に向かって突き出すように設計された全長30メートルのインフィニティプールは、水面の先に瀬戸内海がつながって見え、サンセットの時間になると水面が夕日に照らされます。

館内には年間を通して遊泳できる温水プールがあり、温泉ジャグジーや庭の見えるサウナも貸し切りで利用できます。「安藤建築」の空間で過ごす静かな休日は、今までにない特別なものになりそうです。

【ホテル情報】
瀬戸内リトリート青凪
愛媛県松山市柳谷町794-1
https://www.setouchi-aonagi.com/

4. 温泉街の湯煙や別府湾を一望|ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ(大分県)

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは日本屈指の温泉地、別府にあるラグジュアリーリゾート。別府八湯のひとつ「明礬(みょうばん)温泉」を源泉とするお湯を堪能できるのはもちろんのこと、高台からの眺望も楽しめるのが魅力です。

ホテルのアイコンとなっている幅20メートルのインフィニティプールからは、扇山、湯煙の町、別府市街と別府湾の大パノラマを望みます。

またプールサイドにあるプライベートスペース「カバナ」では、シャンパンやフルーツを楽しみながら、ゆったりとしたひとときを過ごすことができます。

【ホテル情報】
ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ
大分県別府市大字鉄輪 499-18
https://anaicbeppu.com/

5. ビーチ目の前の五角形プール|伝泊 The Beachfront MIJORA(鹿児島県・奄美大島)

伝泊 The Beachfront MIJORAは、奄美大島のビーチに直結して建設された13棟のヴィラ。穏やかな海を眺めながら、癒やしの時間を過ごすことができます。

伝泊 The Beachfront MIJORAに隣接した施設「2 waters」は2021年にオープンしたばかり。「伝泊」宿泊者限定で利用できる五角形のインフィニティプールは全ての面がオーバーフロー仕様になっていて、眼前の海に浮かんでいるような気分を味わえます。

「2 waters」には海へ向かって開けた大きな窓が開放的なレストラン&バーや、屋外シアターも。奄美の自然に抱かれ、日常の喧噪を忘れて過ごす休日は、最高のご褒美になりそうです。

【ホテル情報】
伝泊 The Beachfront MIJORA
鹿児島県奄美市笠利町大字外金久968-1
https://den-paku.com/the-beachfront-mijora/

6. 「瀬底ブルー」をひとり占め|瀬底山水(沖縄県・瀬底島)

瀬底山水は、沖縄本島から車で行ける瀬底島に位置する一日一組限定の一棟貸しヴィラ。同じ間取りの部屋が2つ並んだデザインで、グループ旅行や2世帯旅行の際などには部屋を分けてプライベートな空間を確保することもできます。ヴィラにはキッチン設備もあるので、近くで沖縄ならではの地元食材を買ってきて、わいわいと料理をするのも楽しそうですね。

ヴィラに備わっているインフィニティプールの目の前は海。「瀬底ブルー」と呼ばれる美しい青や、行き交う船、瀬底大橋を望むこのプールを独り占めできるのは、この上ない贅沢。

ヴィラのある瀬底島ではサイクリングで島巡りをしたり、ビーチを散歩したり、SUPをしたり。ゆったりと島時間を楽しむことができそうです。

【ホテル情報】
瀬底山水
沖縄県国頭郡本部町瀬底2471-26
http://sesoko-sansui.jp/