スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 日本の三大お勧めサービスエリア

すべての記事

日本の三大お勧めサービスエリア

みなさん今年のゴールデンウィークのご予定はもうたてられましたか?今年は間に2日休んで10連休という大型連休を取られる方も多いことでしょう。海外旅行はちょっと...という方も、国内で楽しんだり、また家族を連れて帰省する方も多いのでは?そんな時、利用することの多い高速道路のサービスエリア。グルメもすごいけれど、それ以外にも見どころが多いのが日本のサービスエリアなのです。ここでは、数あるサービスエリアの中でも特にお勧めの3か所を紹介します。トイレ休憩や給油だけじゃもったいない!今年のゴールデンウィークにぜひ立ち寄ってみてください。

国内航空券を確認

刈谷ハイウェイオアシス

リンク: http://www.kariya-oasis.com/ 住所:愛知県刈谷市東境町吉野55番地 伊勢湾岸自動車道、一般道路(県道54号線)、公共交通機関(刈谷市公共施設連絡バス)からもアクセスできる複合施設です。駐車場は、高速道路駐車場約600台、一般道路駐車場約1000台の広さがあります!

三重・愛知・静岡をつなぐ高速道路伊勢湾岸自動車道の刈谷パーキングエリアからも、一般道からも利用できる高速道路の「テーマパーク」。サービスエリアであるにもかかわらず、テーマパーク入場者数ランキングで、東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオジャパンにつぐ第3位にランクインするほど大大大人気(出典:レジャーランド&レクパーク総覧2014)の理由は、メリーゴーランドなどの小さな子供が遊べる遊具から、大きな観覧車まで利用料がなんと50円から100円という激安価格!また安いのはアトラクションだけではないんです。併設の食料品売場では朝採れ野菜や近海の魚介類が格安で売られています。運転に疲れたお父さんには温泉で体を癒してもらいましょう。ここに来れば家族1日のんびり過ごせちゃう、そんな魅力が連日大人気の秘密です。利用客に大好評の女性専用トイレ「デラックストイレ」も要チェック。トイレとは思えない絨毯張り、フラワーアレンジメントまで施された快適な空間なのです。わざわざ訪れる人が多いのも納得のサービスエリアですね。

鬼平江戸処

リンク:http://www.driveplaza.com/special/onihei/index.html 住所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686 羽生パーキングエリア上り線からアクセスできる鬼平が闊歩した町を楽しめる施設。駐車場は大型約150台、小型約114台とめられます。

歴史好き、時代劇好きなら一度は訪れたい、池波正太郎の時代小説「鬼平犯科帳」の世界観を再現したテーマ型サービスエリア。鬼平こと長谷川平蔵が生まれた1745年から、江戸の町人文化が隆盛を極めた文化・文政年間の1829年までにスポットを当て、江戸の空気感そのままに、2013年にオープンした施設です。ここでは、うなぎ、くず餅、たい焼、鍋など、江戸時代の当時の食をとことん味わうことができるだけでなく、江戸時代の生活そのままの看板、店先の暖簾、建物など、まるでタイムスリップしたかのような空間を楽しむことができるのです。「鬼平犯科帳」ファンならご存知、ストーリーで重要な舞台となっている軍鶏鍋屋。このモデルと言われる、日本橋人形町で1760年から続く老舗鶏料理店『玉ひで』監修のレストラン「五鉄」の「一本うどん」は要チェックの一品。

EXPASA海老名

リンク:http://www.driveplaza.com/sapa/1010/1010026/1/ 住所:神奈川県海老名市 大谷南5−1−1 東名高速道路からアクセス可能なサービスエリアです。駐車場は大型約114台、小型約440台とめる事ができます。

年間約900万人利用するという東名高速一番の人気エリア。駐車場がいっぱいになる事がよくあるので時間に余裕を持って寄る事をお勧めします。神奈川県のブランド「高座豚」を使ったEXPASA海老名限定品のあるローゼンハイムKOZA GRILLや神奈川県で誕生し50年以上愛されている「とんかつ和幸」、そしてお土産ショップやセレクトショップなどまるでデパ地下のようなサービスエリアです。名物は神奈川の人気店「箱根ベーカリー」の限定海老名カレーパン。見た目もインパクト大です。また上りと比較してあまり取り上げられることのない海老名サービスエリア下りでは、大人気商品、海老名メロンパンが販売されているのでお見逃しなく!

EXPASA海老名
Photo credit: Wei-Te Wong / Flickr

いかがでしたか?この高速道路サービスエリア、実は海外ではあまり見かけることがありません。この連休は国内ドライブ旅行でサービスエリアを堪能してみてください。