スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 「シンコ・デ・マヨ」ってご存知ですか?

すべての記事

「シンコ・デ・マヨ」ってご存知ですか?

皆さんは、「Cinco de Mayo」ってご存知ですか?“シンコ・デ・マヨ”と読む、この言葉は元々、スペイン語で“5月5日”の意味を持つメキシコの祝日を現すもの。1862年5月5日にプエブラの会戦でメキシコ軍が50年間無敗のフランス軍を撃退したのを記念して制定された日で、その勝利を祝うならわしになったようです。

日本における「シンコ・デ・マヨ」

この「シンコ・デ・マヨ」のお祝いがイベント化され、やがてメキシコからの移民が多いアメリカにも広がっていったのだとか。近年は日本でも盛り上がりを見せていて、2013年からメキシコ・ラテン文化の祭典「シンコ・デ・マヨフェスティバル」が開催されるようになりました。日本や海外からのエンターテイナーがたくさん来場。音楽やダンスをみんなで楽しむことができるお祭りが繰り広げられてきました。さらに会場内にはラテン・フードが楽しめる屋台も数多く出店。日本でも、この「シンコ・デ・マヨ」が年々、浸透していくにつれ、フェスティバルも盛り上がりを見せるようになってきました。

今年も開催される「シンコ・デ・マヨフェスティバル」

そんな「シンコ・デ・マヨフェスティバル」も今年で4回目。実はこのフェスティバル、昨年までは入場無料だったのですが、今年からは入場料が必要に。もちろん有料になることで内容はグレードアップされ、ステージイベントも充実し、よりエンターテインメント性の高いラテン・フェスティバルになるとのことです。

東京会場はお台場へ、大阪会場は長居公園へと、さらに広い場所に移り、アジア最大級のイベントになること間違いなし。メキシコ、アメリカ、ペルーブラジルキューバチリなど、南北アメリカ各国の人々が一堂に集い、ステージでは、国内外のトップ・クラスのアーティストたちによるパフォーマンスが繰り広げられます。

さらに、フードはメキシコ、アメリカ、ペルー、ブラジル、チリ、パラグアイなど全20店舗が出店を予定。タコスやブリトーなど本場の料理をリーズナブルな価格で味わうことができます。同時にビールフェアが開催され、特別に醸造されたビールや各国のクラフトビールに登場。子供も楽しめるイベントも充実しており、子供向けダンスレッスンや、ピニャータ、フェイスペインティング、ピエロのパフォーマンスなどが開催される予定です。

お祭り好きの人なら、盛り上がること間違いなし。ぜひ足を運んでみてください。

■東京会場 http://www.cincodemayo.jp/tokyo.html お台場 青海J区画 (東京都江東区青海) ゆりかもめ線/青海駅より徒歩1分 りんかい線/東京テレポート駅より徒歩3分

開催日程 5月3日(火・祝日)/10:00~21:00 5月4日(水・祝日)/10:00~21:00 5月5日(木・祝日)/10:00~21:00

料金 前売りチケット:1000円(1日) 当日:1500円(1日)

■大阪会場 http://www.cincodemayo.jp/osaka.html 長居公園 自由広場 (大阪府大阪市東住吉区長居公園) 地下鉄御堂筋線/長居駅で下車し、3番出口すぐ JR阪和線/長居駅で下車し、東出口より東へ3分

開催日程 4月29日(金・祝日) 4月30日(土・休日) 5月1日(日・休日)

料金 前売りチケット:500円(1日) 当日:800円(1日)