スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 豪華客船で巡る世界クルージング旅行の魅力

すべての記事

豪華客船で巡る世界クルージング旅行の魅力

豪華客船で各国を回るクルージング旅行。世界のクルージング人口は年間およそ2,000万人と言われていますが、ここ日本ではいまだに時間的、経済的に余裕がある「シニア世代の贅沢」というイメージがあるためか、まだまだ馴染みが薄いようです。今回はそんな、まだ実態が知られていないクルージング旅行の世界をのぞいてみましょう。

その昔、船による長旅というと、つらく苦しいものというイメージが根強かったのですが、高級ホテル並みの設備とサービスが揃った豪華客船の登場により、その印象はがらりと一変しました。富裕層にとってクルージング旅行はポピュラーなバカンスの定番となり、やがて世界中の上流階級の人々にとって最上のステータスとして浸透するようになりました。さらに近年では、リーズナブルなツアーも登場するようになり、今では手軽にクルージング旅行が楽しめるようになりました。

豪華客船による旅の魅力

その魅力はいくつかあります。まず、目覚めると次の目的地に到着しているという手軽さ。まるで洋上のホテルに宿泊しながら、様々な国に次から次へとアプローチできるのは何よりも嬉しいものです。下船するまで荷造りの必要がなく、しかも寄港地観光も手ぶらで楽しめる点にも人気が集まっているようです。また、船内での食事やエンターテイメントはすべて料金に含まれているため洋上ではお財布要らず。船内では多彩なアクティビティが用意され、非日常的で優雅な時間が体感できます。プール、フィットネス・ジム、ライブラリー、シアター、カジノ、バー、ダンスフロアーなど船内施設を使いこなすだけでも、一日はあっという間に過ぎてしまいます。

代表的な豪華客船

代表的な豪華客船をご紹介しましょう。世界三大クルーズ会社「プリンセス・クルーズ」が運航する豪華客船「サン・プリンセス」は、全長260メートル、14階建て、定員2000人の豪華客船。イギリスのダイアナ妃、女優オードリー・ヘプバーン、元英国首相マーガレット・サッチャーのような故人から、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃など世界を代表するセレブから愛されているといいます。日本発着クルーズも運行されている世界でもっとも有名なクルーズ専門会社で、世界一周クルーズも取り扱っています。

日本籍で最もポピュラーなクルーズ船である「飛鳥II」。日本郵船の子会社である郵船クルーズによって運航されており、日本船籍としては最大級、毎年110日前後で世界一周をするクルーズツアーが用意されています。「ぱしふぃっく びいなす」は、日本クルーズ客船によって運航されているクルーズ船。日本船籍としては2番目に大きいクルーズ船で、97日間の世界一周クルージングが用意されています。また最近では、日本寄港ではなく乗船地まで飛行機を利用する「フライ&クルーズ」も人気急上昇。多くの航空会社や船会社において、このような便利なプランが登場し、話題になっています。

気になる費用は?

しかし、気になるのはそのお値段ですよね。世界一周旅行の場合、コースや期間、部屋のタイプによって大きく変動しますが、価格帯は150万~1800万といったところ。2名1室で、普通の部屋であれば150万円くらいが相場のようです。ここまではちょっと…という方には日本出発で短期間のコースがお勧め。5−10万円と手軽に試せるコースもあります。まずはこちらで試して、気に入ったらよりゴージャスな豪華客船で数カ国回ってみるのも素敵です!

昔に比べてずっと手頃で、身近になったクルージング旅行。現在人気上昇中です。たまには飛行機以外の旅行手段で旅行してみるのもいいかも?