スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション オンラインで航空券購入する際に気をつけたい5つのポイント

すべての記事

オンラインで航空券購入する際に気をつけたい5つのポイント

好きな時間に好きな場所で航空券が手に入るオンライン購入は、忙しい人の強い味方。でも、手軽に購入できてしまう分、気をつけるべきポイントがいつくかあるのもまた事実。そこで、今日は航空券をオンラインで購入する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

1. 出発時間と到着時間をよく確認する

日付変更線をまたぐ長距離フライトでは、離発着時間を間違えやすいものです。フライトによっては、到着日が出発日の2日後なんてこともあります。また、時差により到着時間が出発時間より前になることもあるので、よく確認しましょう。

WHYFRAME/Shutterstock.com
目的地がまだ決まっていない人は地図から航空券を検索

2. スペルミスに注意する

航空券をオンライン購入する際によくあるのが、ローマ字のつづりの間違いです。名前や性別を誤って逆に入力してしまっただけでも、飛行機に搭乗することはできません。

普段のローマ字のつづりと、パスポートのつづりが異なる場合もあります。その場合は、パスポートに合わせる必要がありますので、パスポートを手元に置き、確認しながら一文字ずつ丁寧に入力するようにしましょう。

また、一度発券してしまったチケットは、変更できたとしても大変な手間と料金がかかってしまう場合があるので、つづりの間違いが起こらないように細心の注意を払いましょう。

Motortion Films/Shutterstock.com

3. 書類をきちんと揃える

必要な渡航書類を持っていないと、空港で搭乗を拒否されてしまいます。国内線に搭乗する際に、チケットと全く同じ名前が記載された身分証明書を提示する必要のある国もあります。

滞在期間が短い場合でも、パスポートの期限が6ヶ月以上無いと入国できない国も多くあります。目的地と乗換地点の両方で有効なビザを持つようにしましょう。

また、頻繁に旅行している場合は、ビザスタンプのページがいっぱいになってしまっていないか、今一度確認しましょう。

パスポートの残存期間が気になる方はこちら
「空港で出国できないことも!気を付けたいパスポートの残存有効期間」

Maxx-Studio/Shutterstock.com

4. 正しい行き先を選ぶ

正しい行き先を選ぶなんて当たり前のこと、と思うかもしれませんが、実はオンライン購入する際に、行き先の選択ミスはよくある失敗なのです。それは、同じ名前の都市が世界中にはたくさんあるから。メルボルン市はオーストラリア以外にもカナダの2つの州に存在しますし、アメリカにはワシントンという地名が88ヵ所もあるのです!

5. 航空券の契約条件をよく確認する

航空券購入の契約条件はチケットの種類毎に異なります。急用や急病などでフライト日時を変えないといけないケースもあるので、購入前に変更やキャンセルに関する規定は、特に注意して見ておく必要があります。

出発日の何日前から変更/キャンセルの手数料が発生するのか、また、払戻し手数料が別途必要かなどの諸条件は、しっかり確認しておきましょう。忘れないように、カレンダーに変更/キャンセル料が発生する日にちをメモしておくのも有効です。

takayuki/Shutterstock.com

目的地がまだ決まっていない人は「すべての場所」行き航空券を確認

なかなか旅行会社へ足を運べない人にとって、隙間時間を使って航空券購入ができるオンラインサービスはとても便利なもの。また、思わぬ掘り出しもの航空券と巡り合えることもあるので、今回ご紹介したポイントに気をつけながら、上手に活用したいですね。

地図