スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション あげる?あげない?世界のチップ事情

すべての記事

あげる?あげない?世界のチップ事情

日本では一般的にチップをあげる習慣が存在しないため、海外でチップをあげるべきか、あげるとすればいくらぐらいあげるべきか、悩む人も多いことでしょう。チップを渡す場面は、ホテルに宿泊して部屋を出る前にベッドに置いたり、レストランで食事をした後にテーブルの上に置いていくのが普通ですが、その習慣は国によって異なります。またチップをあげた方が良い国と、あげない方が良い国があるのをご存知ですか。今回はそんな悩ましいチップ事情についてスカイスキャナーがまとめてみました。

アメリカ

アメリカのレストランでは、支払額の15~20%のチップを置いていくのが一般的。これは他の国より少し高めです。というのもアメリカのサービス業界では、レストランの接客係にはチップをもらうことが考慮された低い時給が設定されていることが多いからなのです。ですのでチップを渡さないと彼らの時給が大幅に下がることに。またバーでは合計額の15%が基本ですが、1回のサービスに対し最低1~2ドル支払います。タクシーでは10~15%のチップを渡すのが一般的です。どのくらいの金額のチップを渡すかは場所やサービスのレベルによって異なります。

アメリカ行き航空券を確認

サンフランシスコ

カナダ

カナダのチップ習慣はアメリカよりシンプルです。タクシーでは10~15%、レストランでは15~20%、バーのカウンターで1杯ずつ注文する場合は、1杯に対し1カナダドル支払います。

カナダ行き航空券を確認

オタワ

フランス

一般的にチップは支払額に含まれていますが、サービスがとても良いと感じた場合には、それとは別に5%渡すと良いでしょう。タクシーでもチップは渡しませんが、小銭分は切り上げし、きりのいい金額で支払う慣習があります。細かい金額をきっちり払うのではなく、少し上乗せして切りの良い金額で支払うことをお勧めします。

フランス行き航空券を確認

パリ

インドネシア

インドネシアでは一般的にチップは渡しません。ホテルでは、請求書に税金として既に21%加算された金額が表示されており、10%は政府に、残りはサービス料としてホテルが受け取ります。レストランでもサービス料として請求書に含まれています。もし含まれていない場合には、10,000ルピア~請求額の10%を渡すと喜ばれるでしょう。また気持ちのいいサービスを受けたときや、無理なお願いをしたときにも渡すと良いかもしれませんね。

インドネシア航空券を確認

インドネシア

タイ

多くの東南アジア諸国と同様、タイもチップは一般的に渡しません。タクシーにはメーターが付いていて、到着時には端数の料金は繰り上げられます。ホテルでも10%サービス料が請求書に含まれている事が多いですが、もしサービスがとても良いと感じた場合はチップを別で渡すと感謝されるでしょう。カジュアルなレストランでは小銭を置いて行き、テーブルまでの案内係などがいる高級レストランでは5~10%のチップを置いていくと良いでしょう。

タイ行き航空券を確認

タイ

シンガポール

シンガポールも10%のサービス料が請求書に含まれているのでチップは一般的に渡しません。ホテルでベルボーイが荷物を運ぶお手伝いをしてくれた場合や、タクシーやツアーガイドにチップをあげる事もありますが、相手はもらうつもりではいませんので、サービス次第で決めても良いですね。また、レストランの接客係など決まった相手にチップを渡したい場合は、机の上に置いていくのではなく、直接手渡しする事をお勧めします。

シンガポール行き航空券を確認

シンガポール

中国

アメリカなどチップを渡さないと失礼とされる国もありますが、中国では反対にチップを渡すことはあまり良くないことと思われているようです。お会計とは別のチップはもらうものとされておらず、禁止の場所もあるので注意が必要です。高級ホテルやレストランのように、一般的にチップを払うところでは、すでに請求書にサービス料として5~10%加算されているので、支払う必要はありません。もしベルボーイや案内係の人にチップを渡したい場合は1つの荷物に対し10元が一般的です。

中国行き航空券を確認

中国

いかがでしたか?まさに「ところ変われば品変わる」で、チップ一つとってもその習慣は実にさまざまですね。