スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 入国ビザが必要な国?それとも不要な国?

すべての記事

入国ビザが必要な国?それとも不要な国?

【重要】3月15日、カナダの入国要件が変更され、カナダ入国ビザが免除されている国の国籍を持つ旅行者であっても、空路でカナダに渡航、またはカナダを経由する場合、電子渡航認証「eTA」が必要になりました。

eTAとは「Electronic Travel Authorization」の略語。これまでは観光でカナダへ渡航する際に、ビザの取得が不要だった国の渡航者であっても、出発前に「eTA」のオンライン申請が必要になりました。これはアメリカで2009年から実施されている「ESTA」と同様のシステム。アメリカのESTAの有効期限が2年間なのに比べ、カナダのeTAは5年間と期限が長く、申請料金が安いのが特徴です。今回の変更によって、カナダに初めて渡航する人のみならず、現在カナダに滞在中で、変更実施後に再入国する人も対象となるケースがあるため、注意が必要です。

そもそも観光ビザってどういうもの?

そもそもビザとはどういうもので、どのような国に渡航する際に必要なのか。よく知らない人が多いかと思います。海外旅行準備の時に気がついて、慌ててしまうこともありますよね。ビザとは、各国が「自国民以外が所有するパスポートが有効でありなおかつ入国しても問題ないだろうと許可した証書」のこと。許可の基準は国によって異なっていて、入国する旅行者によってはビザが免除されることもあります。特に日本人のパスポートは信用度が高いため、多くの国々において一定期間の観光であればビザが不要となるのケースが多くなっています。もちろん、留学や仕事など観光以外の目的で長期間滞在する場合には基本的にビザが必要です。

渡航の際に観光ビザが必要な国は?

入国に際して事前に渡航先にビザが必要かどうかを確認し、必要な場合は日本にある各国の大使館や領事館に申請して発給してもらうようにしましょう。またビザが必要な場合はビザ取得に必要なパスポート有効期間も確認しておきましょう。期間が充分でないとビザが取得できないケースもあります。詳しくは各国大使館のホームページなので確認してくださいね。

現時点において、日本人旅行者が観光ビザが必要な国は、ロシアカンボジアミャンマーブータンインドスリランカブラジルオマーンヨルダンサウジアラビアエチオピアなど。各国の政治事情により変更されるケースもあるので必ず渡航予定国の大使館・領事館で最新情報をチェックしてください。また、15日以内の滞在ではビザは不要になるなど、観光目的の入国であればビザが免除される国も増えつつありますので、併せて確認しておきましょう。

ビザの取得は早いときは2~3日間ですが、時間がかかるときは2週間~3週間程度かかる場合もありますので、早めに手続きしておいたほうが良いですね。しっかり準備して、素晴らしい旅行を楽しんでください。

地図