スカイスキャナー ニュース 旅のインスピレーション 困った!航空会社が突然スト!そんな時の対処法を教えます

すべての記事

困った!航空会社が突然スト!そんな時の対処法を教えます

航空会社のストライキ(スト)が原因で、フライトが遅延したり、キャンセルされて空港に足止めなんて経験はありますか?そんなの滅多にないから自分とは関係ないこと、と思いがちですが、海外では意外と頻繁に起きるもの。もしもの時のために、受けられる補償や払い戻しについて知っておいて損はありません。

格安航空券の検索はこちらから!

フライトが遅延またはキャンセルになった場合の補償とサポートは?

EU圏内では、EU規則(261/2004)に基づき、下記の便がキャンセルまたは3時間の遅延があった場合、乗客への補償*とサポートを提供します: ・EUの空港を出発する便 ・EU圏外からEUの空港へ到着するEUの航空会社の便

フライトがキャンセルされたら全額払い戻される?

同EU規則に基づき、以下の措置から選択可能です: ・7日以内に航空代金を全額払い戻し* ・近くの空港から最終目的地までの代替便と追加移動費用を航空会社が提供 ・スト期間外の後日日程で代替便の提供(通常12ヶ月以内)

大幅な遅延の場合どんな補償が受けられる?

・大幅な遅延の場合(フライト距離により、2時間またはそれ以上)は、食事と軽食ならびに電話2件とEメールが無料で提供されます。 ・出発が翌日に遅延された場合は、宿泊場所の提供、ならびに宿泊場所と空港間の移動費用を航空会社が提供します。 ・5時間以上の遅延については、以下の権利を有します:航空券の全額払い戻し(7日以内)、状況に応じて最初の出発地点までのフライトの提供。 利用予定の航空会社が上記のサポートを提供していない場合は、レシートを保管しておきましょう。帰宅後に航空会社に提出して、払い戻しを請求することができます。

ストの影響を受けたら代償を受けられる?

航空会社は火山の噴火、スト、異常気象など避けられない理由による欠航や遅延については、法的に補償を提供する義務は無いとされています。どこまでが航空会社の責任かについては、意見が分かれるところです。ストを起こしているのが誰かによりますが、最高で約77,000円(£530)の補償を受けられる可能性があります。

代償を受けるまでの流れ

(1)航空会社に申請をする:申請方法は航空会社によって異なります。申請手続きが面倒な場合は、代行申請サービスを提供しているAirHelpなどのサイトを利用しましょう。また、Moneysavingexpertでは、申請手続きのためのテンプレートを無料で提供しています。 (2)仲裁者を立てる:申請が拒否・保留された場合は、航空会社が登録している仲裁者などを利用して、申請を次の段階に進めることができます。 (3)訴訟を起こす:航空会社が拒否を続ける場合、または決定に不満がある場合、訴訟を起こすことができます。イギリス、北アイルランド、ウェールズでは、6年以上遡る請求については裁判所で拒否される場合があります(スコットランドでは5年)。

出費は旅行保険で補償される?

ストによって発生したホテル代や移動費は航空会社が負担することと規則で決められていますが、ストライキが航空会社の責任では無い場合、航空会社が補償を拒否することがあります。その場合でも、旅行保険の補償が適用されるかもしれません。補償の内容については、契約条件を確認しましょう。 *別途料金が発生する場合があります。

スカイスキャナーで格安航空券をチェック!

あわせて読みたい

海外旅行中の食中毒の予防と対処法

時差ボケにならないための10のコツ

スカイスキャナーでお得に旅を!10月におススメのビーチ5選

地図