スカイスキャナー ニュース 明治維新から150年!いま薩摩の国「鹿児島」が熱い!【後編】

すべての記事

明治維新から150年!いま薩摩の国「鹿児島」が熱い!【後編】

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』でいま大注目のスポット、鹿児島。西郷隆盛ゆかりの地をご紹介した前編につづき、あわせて訪れたい鹿児島のおすすめグルメスポット、ホテルについて、地球の歩き方鹿児島Web特派員のララさんに紹介いただきます。

 

 

西郷隆盛が愛した温泉地

活火山がたくさんある鹿児島県には、火山の恵みにより県内各地に多くの温泉があります。源泉の数は2,753ヵ所と全国第2位で、さまざまな温泉を楽しむことができます。

西郷隆盛は、皮膚病の治療のために、鹿児島県内のさまざまな温泉に足を運んでいます。西郷隆盛が愛した名湯で旅の疲れを癒してみませんか。

1.栗野岳温泉 南洲館

西郷隆盛が入浴したと伝えられる「栗野岳温泉 南洲館」。この温泉は西郷隆盛が約1ヵ月も滞在し、温泉と狩猟を楽しんだ場所です。西郷隆盛が「ここは仙郷にござそうろう」と絶賛したほど、素晴らしい温泉です。3つの浴場があり、その内のひとつの竹の湯は明礬緑礬(みょうばんりょくばん)泉で、通称ドロ湯とも呼ばれます。風呂の底には滑らかな泥が沈殿しており、湯船に入るとお湯のなかで泥が煙のように舞い上がります。

西郷隆盛が入浴したと伝えられる「栗野岳温泉 南洲館」

【スポット情報】

栗野岳温泉 南洲館

住所:鹿児島県姶良郡湧水町木場6357

電話番号:0995-74-3511

定休日:不定休

アクセス:

車…鹿児島空港から高速道路を経由し栗野ICで下車。約50分。

タクシー…JR栗野駅から約20分。

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

2.鰻温泉

明治時代の初期、「征韓論」に敗れて故郷・鹿児島に帰ってきた西郷隆盛が、1884年1月末の夕方、従者2人と猟犬13頭を連れ、突然鰻地区を訪れました。 開聞岳付近に狩猟に出かけ夕方には帰るという、狩猟の日々を過ごしていたそうです。夜は毎晩鰻温泉に入浴してから食事をとり(食材の仕入れ先は山川)、少し焼酎で晩酌をして午後11時前後には寝ていたようです。

西郷隆盛が従者2人猟犬13頭と訪れた鰻温泉

【スポット情報】

区営鰻温泉

住所:鹿児島県指宿市山川成川6517

営業時間:8:00~20:00

定休日:毎月第1月曜日(5月の定休日については未定。要問い合わせ)

電話:0993-35-0814

アクセス:鹿児島市から車で約1時間30分。JR山川駅から車で約15分。

駐車場:有り(無料)

3.吹上温泉の中島温泉旅館

鹿児島市から車で約1時間の場所にある吹上温泉。西郷隆盛は、1870年、1871年、と1874年に吹上温泉にやって来て、ゆっくり休んだと伝えられています。特に明治7年のときは40日も滞在したそうです。温泉で心身を癒しながら、狩りを楽しんだと伝えられています。西郷隆盛は、ここの温泉が加水、加温をしない源泉かけ流しであり、持病の皮膚病に効果があると聞きつけ、この温泉を好んで訪れていたようです。3年後には西南戦争が起きて西郷隆盛は亡くなります。

西郷隆盛が40日も滞在した吹上温泉

【スポット情報】

中島温泉旅館

住所:鹿児島県日置市吹上町湯之浦1160

営業時間:6:00~21:00

定休日:第1、3、5月曜日

電話番号:099-296-2073

アクセス 鹿児島市から車で約1時間。

駐車場:有り(無料)

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

鹿児島まち歩きガイドを利用して、鹿児島をもっと身近に感じよう!

隠れネタの宝庫「鹿児島まち歩きガイド」

鹿児島市内で明治維新の偉人たちの史跡を巡る際に、ぜひ利用していただきたいのが「鹿児島まち歩きガイド」です。ガイドと一緒に、鹿児島の史跡を歩きながら歴史やエピソードを学ぶことができます。ガイドの説明はとても丁寧で、日本史では習わない隠れネタの宝庫です。観光で鹿児島を訪れた際はもちろんのこと、地元の人にも利用してほしいおすすめのツアーです。

鹿児島ぶらりまち歩きガイド参加方法

コースは全部で16種類あり、どのコースも事前予約制になっています。ガイドツアー催行会社のホームページから予約する場合は前々日の17時まで、電話で予約する場合は前日までに予約します。

コースによって異なりますが、ガイドツアーは約2時間です。出発地点、到着地点もコースにより異なります。自分の観光プランに合わせて、ツアーを選択するとよいでしょう。長時間歩きますし、コースによっては山道を歩いたりするので、歩きやすい格好で参加するのがおすすめです。

参加料

参加料は、500円(小中学生は100円)です。「かごしまシティビューまち巡りバス」や「桜島フェリー」を利用するコースの場合、乗車料金が別途かかります。支払いは現金のみで、出発地点で集合した際に徴収されます。

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

期間限定のおすすめスポット「西郷どん大河ドラマ館」

NHK大河ドラマ『西郷どん』の放送開始に併せて、一年間の期間限定(2018年1月13日~2019年1月14日)で鹿児島市高麗町に「西郷どん大河ドラマ館」がオープンしています。ここでは大河ドラマ『西郷どん』に関するパネルや実際にドラマで使われていた小道具などが展示されています。鹿児島の特産品を集めたおみやげコーナーも充実しているので、旅の思い出つくりに最適な場所です。

一年間の期間限定でオープンしている「西郷どん大河ドラマ館」

JR鹿児島中央駅から甲突川沿いの「甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道」、「維新ドラマの道」を散策し、その終点の地に「西郷どん大河ドラマ館」が建っています。「西郷どん大河ドラマ館」までの道には、タブレットやスマートフォンをかざして見ると絵が動き出すAR(拡張現実)の技術を使ったモニュメントなどが並び、歩きながら歴史体験を楽しむことができます。

【スポット情報】

西郷どん大河ドラマ館

住所:鹿児島県鹿児島市加治屋町20-1(鹿児島市立病院跡地)

電話番号:099-808-3153

開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)

料金:大人(高校生以上)600円、子供(小・中学生)300円 ※6歳以下の未就学時は無料。

アクセス:

車…鹿児島北ICから車で約20分。

鹿児島市電(路面電車)…「新屋敷」駅で下車、徒歩約3分。

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

鹿児島市内のおすすめホテル

城山観光ホテル

「城山観光ホテル」は、鹿児島市街地と鹿児島のシンボル・桜島を見下ろす立地抜群のホテルです。

立地抜群の「城山観光ホテル」

展望露天温泉「さつま乃湯」は、地下1,000メートルから湧き出る通称「美人の湯」といわれる炭酸水素温泉です。温泉につかりながら、桜島や鹿児島市街地を眺めることができます。

温泉につかりながら、桜島や鹿児島市街地が一望できる

「城山観光ホテル」の近くには、「城山公園展望台」、「城山ドン広場」、「薩軍本営跡」などの観光スポットもあります。JR鹿児島中央駅と鹿児島市の繁華街、天文館へシャトルバスが運行されているので、鹿児島を観光する際にとても便利です。

【ホテル情報】

城山観光ホテル

住所:鹿児島県鹿児島市新照院町41-1

電話番号:099-224-2200

アクセス:天文館とJR鹿児島中央駅から無料シャトルバスあり

このホテルをチェックする

ホテル メイト

繁華街、天文館にある「ホテル メイト」

「ホテル メイト」は、鹿児島市の繁華街、天文館にあり、交通アクセスがとても良く、宿泊価格もリーズナブルで鹿児島観光の宿泊先としておすすめです。こちらのおすすめは何と言っても朝ごはんです。おいしい焼き立てパンがずらりと並びます。

おいしい焼き立てパンがずらり!

スープも具だくさんでとてもおいしいです。おいしい朝ごはんでパワーを充電して、鹿児島観光を思いっきり楽しんでくださいね。

スープも具だくさん!

【ホテル情報】

ホテル メイト

住所:鹿児島県鹿児島市呉服町5-17

電話番号:099-226-6100

アクセス:市電(路面電車)「天文館」駅で下車、徒歩約10分。

このホテルをチェックする

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

鹿児島市内へのアクセス

鹿児島の玄関口、鹿児島空港は鹿児島県霧島市溝辺町にあります。空港に到着したら、鹿児島市街地へはレンタカーか高速バスを利用して移動します。

鹿児島市街地へはレンタカーか高速バスを利用

鹿児島空港とJR鹿児島中央駅を結ぶ高速バスは10~15分おきに発車していて、JR鹿児島中央駅まで約40分で到着します。料金は大人1,250円、子供630円です。空港出口を出るとすぐに券売機が設置されていますので、前もってチケットを購入しましょう(乗車時に現金での支払いも可能です)。

天然温泉を利用した足湯と手湯

空港のバス乗り場の近くには、天然温泉を利用した足湯と手湯があります。とても温まるので、観光客に大人気です。バスの待ち時間に、ぜひご利用ください。

鹿児島県内ではさまざまな場所で明治維新150周年記念のイベントが行われています。さあ、時の流れに乗り遅れぬよう、みなさん鹿児島へ「おじゃったもんせ(いらしてください)!」

▷前編記事はコチラ

明治維新から150年!いま薩摩の国「鹿児島」が熱い!【前編】

鹿児島空港行きの航空券をチェックしてみる

 

 

 

 

筆者紹介

 

地球の歩き方鹿児島Web特派員 ララ

鹿児島市在住の専業主婦です。生まれも育ちも鹿児島で、桜島と海を見ないと落ち着かない生粋の薩摩おごじょです(でも降灰は嫌いです)。趣味は写真を撮ることと寺社巡りで、休日には家族でドライブがてら鹿児島のさまざまな表情やおいしい店、神社、イベントなどをリサーチして、旬な情報を地球の歩き方 鹿児島2Web特派員ブログからお届けしています。最近は、国内だけでなく海外の方からの問い合わせも増え、ブログの楽しみをより一層感じています!

あわせて読みたい

約15,000個のランタンが彩る長崎の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」

毎年100万人が訪れる、長崎の冬の風物詩として全国にその名が知られるようになった「長崎ランタンフェスティバル」。長崎新地中華街の人々が粛々と祝っていた「春節祭」を起源とするそうです。2018年は3月4日(日)まで。

ひと味違った”通”な東京!モダンとレトロが混ざり合う浅草橋に潜入しよう

浅草橋って地名は聞いたことあるけれど、一体どこにあるの?という方は、結構多いのではないでしょうか。浅草橋は秋葉原と浅草の間にあり、各地からのアクセスは抜群です。秋葉原のモダンな雰囲気と、浅草のレトロな雰囲気、そのどちらも味わえるのは、東京でも浅草橋だけでしょう。

地図