スカイスキャナー ニュース 【スカイスキャナーツアーレポート】紅葉ツアーin青森! 絶景プロデューサー詩歩さんと歩く奥入瀬の絶景

すべての記事

【スカイスキャナーツアーレポート】紅葉ツアーin青森! 絶景プロデューサー詩歩さんと歩く奥入瀬の絶景

スカイスキャナーでは10月、『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』で有名な絶景プロデューサーの詩歩さん&トラベルインスタグラマーの皆さんと一緒に、青森県蔦沼&奥入瀬渓流の紅葉を巡るツアーを開催。今回は、参加者がSNSにあげたため息が出るほど美しい写真とともに、蔦沼&奥入瀬渓流の魅力をお届けします。

1. 絶景が見たければ早起きせよ。真っ赤に染まるブナの木が美しすぎる「蔦沼」

一行がまず向かったのは、青森県三沢空港から車で1時間半ほどの十和田市蔦沼。周辺一帯は国立公園に指定されているため、手つかずの自然がそのまま残されています。ガイドさんいわく、倒木や落ち葉も人間の妨げにならない限り、自然のまま、触らないことが鉄則なのだとか。

私たちが蔦沼のある蔦温泉に到着した時刻はなんと朝の5時(!)です。

車を止めて、眠い目をこすりながら、ブナの木が生い茂る遊歩道を懐中電灯片手に歩くこと10分ほど。

何やら真っ暗な中、三脚や大きなカメラを抱えた人だかりに遭遇しました。

三脚や大きなカメラを抱えた人だかり

ここでは、日の出から30分ほどの短い「ゴールデンタイム」にだけ見ることのできる、息を飲むほど美しい紅葉があるのです。みなさん早朝から場所取りに集まっています。中には前日から野宿をする人も。

明るくなってきた蔦沼

詩歩さんいわく「絶景写真を沼の反対側から撮影するには、風のない穏やかな早朝がベスト」なのだとか。

まずはインスタグラマーさんが少しずつ赤みを帯びてきた木々を撮影。

さらに明るくなってきましたよ。

そして5時58分の日の出とともに撮影された詩歩さんの写真がこちら。

インスタグラマーさんたちの写真も赤、赤、赤

このように燃えるような赤い木々たちは一年のうちに数日しか観ることができません。

帰り道の遊歩道。だいぶ明るくなってきました。

絶景を撮りたければ日の出前の暗いうちからの場所取りが必須ですが、年に数日しか見ることのできない、美しすぎる蔦沼の紅葉、来年はぜひみなさんも鑑賞しにきてください。とっても寒いのでカイロは必須ですよ。スカイスキャナーおすすめの紅葉の絶景です!

蔦沼までのアクセス:

三沢空港から路線バス、タクシーなどで1時間40分ほどの蔦温泉より徒歩10分

三沢空港までの格安航空券をチェックしよう

2. 澄み切った空気とマイナスイオンでパワーチャージ!in 奥入瀬渓流

蔦沼の燃えるような赤いブナの木の紅葉を拝んだ後、一行は車で10分ほどの奥入瀬渓流へ到着。渓流沿いにはおよそ14キロほどの散策道があり、歩きながら木と岩と水が織りなす自然の雄大さを歩きながら肌で感じることができます。

奥入瀬渓流はその昔、火山活動による十和田湖の決壊でできた渓谷なのだとか。あたり一帯は山岳国立公園に指定されており、渓流沿いの散策道にはガードレールすらありません。とはいえ勾配は緩やかで、大きな坂もなく、ハイキングやトレッキング、サイクリングにはぴったり。

奥入瀬渓流

渓流とひとことで言っても緩やかな流れあり、あたり一面水の音しか聞こえないほど猛々しい流れあり。

奥入瀬渓流

少し歩くだけでも本当に様々な顔を見せてくれます。

奥入瀬渓流

こちらのインスタグラマーさんは「意外とハマったのが苔(こけ)!」とコメント。そうなんです。わざわざ足を止めて虫眼鏡で観察する人もいるくらい、苔の世界も奥が深い!

こちらはインスタグラマーさんが撮影した渓流沿いの「雲井の滝」。奥入瀬はどこを切り取ってもフォトジェニック。

来年はみなさんも奥入瀬の秋をぜひ体験しにきてください。

奥入瀬渓流までのアクセス: 青森空港より路線バス、JRバスで2時間40分、車で1時間40分、三沢空港より路線バスで2時間30分、車で1時間30分

青森空港までの格安航空券をチェックしよう

三沢空港までの格安航空券をチェックしよう

3. 散策の休憩は十和田湖畔でサックサクのアップルパイ!

さて少し歩いてお腹も減ってきたところで私たちが向かったのは「十和田湖マリンブルー」。手作りのアップルパイで有名な湖畔のカフェです。

こちらのカフェは朝8時からオープンしていますので、蔦沼で日の出を鑑賞し、奥入瀬渓流を散策した後にぴったり。

青森県産のりんごがぎっしり入ったアップルパイをいただきます。外はサックサクなのに、中にはしっとりしたりんごがぎっしり。温めてもおいしそう!

絶品アップルパイ

十和田湖に面したロケーションもまたステキ。今回のように澄み切った青空の日には湖の周りを散策するのも気持ちいいですよ。

奥入瀬渓流にいらっしゃった際にはぜひお試しあれ。

十和田湖マリンブルー: 所在地:秋田県鹿角郡小坂町十和田湖休平 連絡先:0176-75-3025 時間:8:00〜18:00(4月下旬〜11月上旬オープン)

いかがでしたか?今年の紅葉を見逃した人も来年はぜひ蔦沼&奥入瀬渓流まで足をのばしてみてくださいね。


あわせて読みたい

スカイスキャナー厳選!読むと旅に出たくなる小説3選

通勤中の電車内、ちょっとした待ち時間、そして実際に飛行機へ搭乗前の空いた時間、映画でも漫画でもない旅を空想する時間、それが小説です。今回は秋の夜長に読みたい、旅に関する小説3選です。

スカイスキャナー厳選!読むと旅に出たくなる漫画4選

世界中にファンを持つ、日本の誇る”漫画”。その中でも海外をテーマにした、読むと思わず旅に出たくなってしまうような4つの作品をご紹介します。

旅のカメラ講座:これで差がつく!プロが教えるスマホとミラーレス一眼の今更聞けないあれこれ

旅先で絶景写真やグルメを撮影して自分のSNSにあげたい!でもスマホにデジカメ、何を使ってどう撮ったらベストな写真が撮れるの?と思っている方も多いのでは。スマホとデジカメの違いや、インスタ映えなスポットを上手に撮影するためのコツをご紹介します。

世界も注目する、日本のウィンターイルミネーション5選

海外のメディアにもたびたび取り上げられる日本のウィンターイルミネーション。その規模は毎年大きくなっています。『日本三大イルミネーション』を含む、話題のイルミネーションを5つご紹介。

金沢・兼六園の紅葉ライトアップを見に行こう

晩秋から初冬にかけての金沢には、鮮やかに染まる紅葉の日本庭園をはじめ、冬の風物詩「雪吊り」が見られる兼六園や冬の味覚など、見どころ、食べどころがいっぱい。

地図