スカイスキャナー ニュース 見るなら今!ラスベガスで大ブレイク中の絶景スポット、セブンマジックマウンテンズ

すべての記事

見るなら今!ラスベガスで大ブレイク中の絶景スポット、セブンマジックマウンテンズ

エンターテインメント、カジノといった観光要素がたくさんあるラスベガス。近くにはグランドキャニオンもあり旅行者が満喫できる観光地ですが、その中で、最近一日約1,000人が訪れているというパブリックアート「セブンマジックマウンテンズ(Seven Magic Mountains)」は、今年5月で公開からちょうど1年になります。今回は人気のインスタ映えスポットとして賑わっているセブンマジックマウンテンズをはじめ、オススメのホテルなど、ラスベガスの魅力を、地球の歩き方Web特派員石川葉子さんにレポートしていただきました。

インスタ映えスポットとして人気の「セブンマジックマウンテンズ」

ラスベガスで大人気のパブリックアート「セブンマジックマウンテンズ」

荒野に突然出現するカラフルな巨大岩の正体とは

スイス人アーティスト、ウーゴ ・ロンディーノ(Ugo Rondinone)氏の作品であるこの一風変わったインスタレーションは5年の歳月をかけて昨年完成。まわりを山に囲まれた広大な砂漠の中にぽつんぽつんと7本の巨大岩石のオブジェが並んでいるだけなのですが、一面の荒野とカラフルな岩の組み合わせが不思議と心を惹かれる風景を作り出しています。

近くの町から切り出された石灰岩を積み上げて作られたこのオブジェは、1本の高さが約10メートル。ネオンカラーでペイントされた岩はひとつがなんと平均18トン!オブジェに近づくにつれて、鮮やかな色とともにその大きさに圧倒されます。

ラスベガスで大人気のパブリックアート「セブンマジックマウンテンズ」

フォトジェニックなカラフルな岩を撮りにいこう

岩に上ったりすることはでき��いので、ここでできるのは写真を撮ることだけなのですが、積み上げられた岩や砂漠に映えるカラフルな色のコントラストなどにより印象的な絶景スポットになりました。つい最近は、ファッション誌ヴォーグ(VOGUE)の撮影も行われたそうで、アメリカだけでなく今や国際的に注目を集めているようです。

「セブンマジックマウンテンズ」への行き方

ラスベガスからセブンマジックマウンテンズへの行き方

セブンマジックマウンテンズ(Seven Magic Mountains)へはラスベガスから車で約20分。公共交通機関を利用して行くことができないので、レンタカーやタクシーをご利用ください。ラスベガスからフリーウェイ I-15を南へ向かい、Slone Rd.(Exit 25)で降りたら、左折してLas Vegas Boulevardへ入り、南へ10分ほど走ると左手に駐車場の入り口があります。路上駐車はできませんので気を付けてください。
観光スポットになっているのですが、売店やトイレ、日陰もない砂漠地帯で、夏になると気温が40℃近くまで上がるので、水など水分はたっぷり持って行きましょう。

実はこの「セブンマジックマウンテンズ(Seven Magic Mountains)」、2016年5月11日から2018年5月11日の2年間限定の展示なのです。ということは、見ることができるのはあと1年だけ! これからラスベガスへお越しの方は、ぜひ時間を作って足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

【スポット情報】
セブンマジックマウンテンズ」(Seven Magic Mountains)
住所:S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89054

ラスベガス行きの航空券をチェックしてみる

そのほかラスベガスの注目スポット

30分の空中散歩、お手軽に空からラスベガスを眺める方法はこれ!

ラスベガスには世界最大の観覧車があります。その名もずばり「ハイローラー」(High Roller)。(カジノで大金を賭けて遊ぶプレーヤーのことを「ハイローラー」と言うのですが、それに引っ掛けたネーミングなのです)

ラスベガスを空中から眺めるハイローラー

フラミンゴホテルとリンクホテルの間に延びるプロムナード「リンク」(The LINQ)の一番奥にどんと構えているこの観覧車は人気アトラクションのひとつで、30分かけてゆっくりと1周する間、全面ガラス張りのキャビンから360度の眺望を満喫できます。特に夜、上空から眺めるストリップ大通りの光の洪水は一見の価値がありますよ!

Webサイトでチケットを購入することができ、料金も日中だと大人$25→$22、子供:$10→$9、Happy Hour:$40→$35と通常より割安。夜になると大人$37→$32、子供:$20→$19、Happy Hour:$52→$47になります。夜景を楽しめる夜がおすすめですよ。

【スポット情報】
ハイローラー(HIGH ROLLER at The LINQ)
住所:3545 Las Vegas Blvd South, Las Vegas, NV 89109

営業時間:11:30~2:00

ラスベガス行きの航空券をチェックしてみる

テラスつきのお部屋あり!密かな人気のザ・コスモポリタン・ホテル

ラスベガスでは珍しくテラスつきのお部屋があるのが、ザ・コスモポリタン・ホテル。ベラッジオ・ホテルのお隣というロケーションなので、部屋によってはテラスからベラッジオ・ホテルの噴水ショーを堪能できるという、うれしい特典が付いてくるお部屋もあります。少し高いですが、「テラス ステューディオ ファウンテン ビュー(Terrace Studio Fountain View)」をお選びいただければショーも見ることができます。

テラスつきのお部屋あり! 密かな人気のザ・コスモポリタン・ホテル

ザ・コスモポリタン・ホテルは、老舗ホテルとは違って格式張っていなくて気軽に宿泊ができるスタイリッシュなホテルなので、宿泊された方にも高評価です。人気のレストランも多く入っているので「食」も楽しめます。つい最近、ニューヨークを拠点とした人気アジアン・フュージョン・レストラン「MOMOFUKU」が、西海岸で初めてお店をオープンして話題になりました。ラスベガスのホテルに欠かせないビュッフェスタイルレストランも、他のホテルとは一味違いお料理がタパススタイルで小皿にさくっと盛り付けて用意されているのがうれしいところです。立地もストリップ大通りの中心に近いので便利なロケーションでもあり、これからもますます人気になっていくホテルだと思います。

【スポット情報】
ザ・コスモポリタン・ホテル(The Cosmopolitan of Las Vegas)
住所:3708 Las Vegas Boulevard South, ラスベガス, 89109, アメリカ
電話:+1 702-698-7000

このホテルをチェックする


筆者ご紹介

ライター 石川 葉子

南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。
縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、
実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。
そんなラスベガスのいろいろな顔を地球の歩き方ラスベガスWeb特派員としてご紹介しています。

ラスベガスの旅行に関連するおすすめ記事

広がる旅行プラン!今年こそは「国際運転免許証」で海外運転デビュー!

海外で運転と聞くと身構えてしまう人は多いと思います。もしも海外旅行中にレンタカーやレンタルバイクを借りることができたなら、アメリカのルート66を運転したりと、観光プランが一段充実したプランになるに違いありません。この記事では海外で車やオートバイを運転するための許可証「国際運転免許証」についてご紹介します。

壮大な自然を満喫!アメリカ国立公園を存分に楽しむ シリーズ①~王道編~

ラスベガスから近いアメリカを代表する国立公園である「グランドキャニオン」「デスバレー国立公園」「ヨセミテ国立公園」について、絶景の見どころをご紹介します。

壮大な自然を満喫!アメリカ国立公園を存分に楽しむ シリーズ②~絶景編~

そのほかにも絶景スポットとして、ラスベガスに来たらぜひとも訪れたい「ブライスキャニオン国立公園」「ザイオン国立公園」「バーミリオンクリフス国定公園」をご紹介。

.tftable {
font-size: 11px;
color: #34363d;
width: 100%;
border-width: 1px !important;
border-color: #fff !important;
border-collapse: collapse;
}

.tftable th {
font-size: 11px;
background-color: #21C4D9;
line-height: 18px;
border-width: 1px !important;
border-style: solid;
border-color: #fff !important;
padding: 6px;
text-align: left;
vertical-align: center;
color: #ffffff;
}

.tftable tr {
background-color: #E8EBED;
border-width: 1px !important;
border-style: solid;
border-color: #fff !important;
vertical-align: top;
}

.tftable td {
font-size: 11px;
line-height: 18px;
border-width: 1px;
padding: 6px;
border-style: solid;
border-color: #fff !important;
vertical-align: middle;
}

.tftable tr:hover {
background-color: #fff;
}

.tftable .tfrequirement {
font-size: 11px;
color: #34363D;
background: #83E000;
border-width: 1px;
border-style: solid;
border-color: #fff;
vertical-align: top;
}

.tftable .tableHeader h1 {
font-size: 23px;
line-height: 26px;
color: white;
padding: 15px;
}

h2 {
font-size: 1.5em !important;
}

.social__row {
padding: .375rem;
line-height: 1.875rem;
text-align: left;
}

.social__buttons {
display: inline-block;
letter-spacing: .375rem;
text-align: left;
}

.social__buttons-item {
display: inline-block;
height: 20px;
font-size: 0;
overflow: hidden;
vertical-align: middle;
}

.social__buttons-item–fb-fix {
line-height: 0;
}

.fb_iframe_widget {
display: inline-block;
position: relative;
}

.fb_iframe_widget span {
display: inline-block;
position: relative;
text-align: justify;
}


var news_title = document.getElementsByTagName(“title”)[0].innerHTML;

function getCanonicalUrl() {
var links = document.getElementsByTagName(“link”);
for (var i = 0; i < links.length; i++) { if (links[i].rel) { if (links[i].rel.toLowerCase() == "canonical") { return links[i].href; } } } return null; } var news_url = getCanonicalUrl(); if (document.getElementsByClassName("social__buttons") != null) { social_row = document.getElementsByClassName("social__buttons")[0].innerHTML; social_row = social_row.replace(/news_title_inj/g, news_title); social_row = social_row.replace(/news_url_inj/g, news_url); document.getElementsByClassName("social__buttons")[0].innerHTML = social_row; }

地図