スカイスキャナー ニュース 宮古島に行ったら一度は訪れたい「東洋一の砂浜」とは?

すべての記事

宮古島に行ったら一度は訪れたい「東洋一の砂浜」とは?

「宮古ブルー」と呼ばれる宮古島の海は、透明度が抜群で、日常を忘れさせてくれるような絶景が私たちを迎え入れてくれます。 中でも、「東洋一のビーチ」と讃えられる前浜ビーチや、オシャレなカフェが立ち並ぶ来間島の魅力を、地球の歩き方宮古島Web特派員サセボンさんに紹介いただきます。「んみゃーち(宮古島の方言で『ようこそ』)、宮古島へ!」

「東洋一の砂浜」前浜ビーチの魅力

宮古島は、大昔にサンゴが隆起してできたといわれており、地質はおもに石灰岩です。雨水などが、この地層を通ることでろ過され、キレイな湧水へと変わり、澄んだ海ができあがるそうです。

その美しさから世界の旅行者からも注目を集める宮古島の前浜ビーチは、島の南西に位置し、正式名称を「与那覇前浜ビーチ(よなはまえはまビーチ)」といいます。7 kmにわたって続く白い砂浜と、透明度の高いエメラルドグリーンの海とのコントラストが印象的で、「東洋一美しいビーチ」ともいわれています。特に、砂のきめ細かさが有名で、裸足で歩いたときの感触は格別です。

【スポット情報】
与那覇前浜ビーチ
沖縄県宮古島市下地与那覇1199

前浜ビーチでの楽しみ方・アクティビティー

前浜ビーチでは、透明度が高く澄んだ海で泳いだり、写真を撮ったりするだけでなく、ジェットスキーやバナナボート、シュノーケリング、パラセーリングなど、さまざまなマリンアクティビティーも楽しめます。ほかにも、ビーチバレーやビーチサッカーなど、きめ細かい砂の感触が楽しめるビーチスポーツもおすすめです。

もちろん、無料のシャワーやトイレ、駐車場が完備されていますので、時間を忘れていつまででも楽しめます。

ジェットスキーなどが楽しめる前浜ビーチ

のんびりしたいときは、絶景ビーチを眺めているだけでも一日を過ごせます。パラソルの下で、波打つエメラルドグリーンの海と、刻々と形を変える雲を眺めたり、横になったりして、何もしないというのも絶景ビーチならではの過ごし方。
最近では、結婚式用の写真を撮る人が多く、タキシードとウエディングドレスで撮影中の新郎新婦を見ているだけでも幸せな気分になれます。夕暮れ時、茜色に染まりゆくビーチもまた見応えがあります。

前浜ビーチで開催されるイベント各種

前浜ビーチでは、毎年いろいろなイベントが催されており、宮古島市民をはじめ、多くの観光客でにぎわいます。

・宮古島海開き(4月1週目の日曜)
・宮古島トライアスロン大会(4月中旬頃)
・ビーチバレー宮古島大会(6月上旬頃)
・宮古島ジェットスキー耐久レース(12月上旬頃)

白い砂浜の上に作られたビーチバレーコート

前浜ビーチへのアクセス方法

前浜ビーチへは、宮古空港から車(レンタカー、送迎車)を利用して行きます。空港から南西の方角に車で約15分、東急リゾートホテルの目の前です。車で移動中は、途中にある「与那覇前浜」「来間大橋(くりまおおはし)」「東急リゾート」などの標識や看板を目指して行くとわかりやすいです。

スカイスキャナーでレンタカーを探す
絶景ビーチへと続く一本道

少し足をのばして来間島へ

宮古島から車で気軽に行ける離島、来間島(くりまじま)もぜひ訪れたいスポットです。宮古ブルーの海を眺めながら約1.7 kmの「来間大橋」を渡ると、前浜ビーチの対岸には、サトウキビ畑が広がる来間島が現れます。

Photo by nikosto / Shutterstock.com

島には、オシャレなカフェや雑貨屋が立ち並び、その中でも、最近インスタグラマーに人気なのが、「AOSORAパーラー」です。まるで海外リゾート地のような虹色のサーフボードやハンモックが目を引きます。

南国のビーチ感漂う「AOSORAパーラー」の外観
ついついカメラを向けたくなるオブジェ

「AOSORAパーラー」には、見た目からしておいしそうな、それでいて健康にもよいスムージーがずらりと並びます。おすすめはマンゴー味のスムージー。ほかにも、紅芋やマンゴーなど島の素材を使ったフードやスイーツが人気です。
お店の外観をはじめ、ドリンクやフードもフォトジェニックな色合いで、思わずカメラを構えたくなります。

これはおすすめ!マンゴー味のスムージー

また、併設している「美ぎ島(かぎすま)雑貨がじゅまる」や「琉球ザッカ青空」には、かわいい雑貨やハイセンスな宮古島アクセサリーなどがあり、おみやげにおすすめです。

「琉球ザッカ青空」の開放的な店頭

【スポット情報】
AOSORAパーラー
沖縄県宮古島市下地来間104-1
http://aosoragr.com

地図

著者プロフィール

地球の歩き方宮古島Web特派員ブログ サセボン

スキューバダイビングインストラクター。1995年に同資格取得後、日本各地でダイビング業務に携わり、2011年にダイビングガイドとして宮古島へ移住。 2013年に宮古島でダイビング店を開店。宮古島の海の情報はもちろん、宮古島の食の情報や文化など地球の歩き方宮古島Web特派員ブログからお届けしています。