スカイスキャナー ニュース 海外旅行初心者向けお役立ちTips①旅のお金のお話

すべての記事

海外旅行初心者向けお役立ちTips①旅のお金のお話

卒業旅行で初めて海外へ行く方は必見!海外旅行へのお金の持っていき方です。ポイントは「現金は必要!但し最小限に」。

初めての海外旅行、現金をどう持っていけばよいのか、クレジットカードやキャッシュカードなどを持っていっても使えるのか、不安もさまざま。

2014年3月にトラベラーズ・チェック(T/C)が廃止になってから、お金の持ち方にも多様性が生まれましたが、主には現金、クレジットカード、そして海外専用のプリペイドカードなどが現在の主流になりました。

但し、上記のどれかに偏れば良いということではありません。なるべくバランスよく分散させて持っていくのが最適と言えます。

1. 現金

交通費、施設への入場料、小物の購入など必ず現金が必要になります。チップの風習・文化がある国では少額紙幣があるほうが便利なので、できるだけ細かい紙幣を用意することをおすすめします。

購入(両替)方法は、空港等の「外国為替取扱銀行」の表示がある銀行で、希望額を通貨交換書に記入すれば、外貨を購入(両替)することができます。その際には、ユーロ紙幣なら500ユーロや100ユーロでもらうより、50ユーロや20ユーロでもらうよう心がけましょう。海外では、支払いの際に高額紙幣を出すと、お釣りがないという理由や、または偽札ではないかという疑いから、断られることもあります。細かいお金を持ち歩く方が安心でもあります。

残ったお金は帰国後、日本円や他国の通過に換金できます。ただコインは換金できませんので、ご注意を。

2. クレジットカード(VISA/MASTER/AMERICAN EXPRESS等)

クレジットカードは支払いができると同時に身分証明書の代用にもなります。カードの有無でホテルのチェックインの際の身分証明で手間取ったり、レンタカーが借りられないこともありますので、持参したほうが便利に旅行をすることができます。

行き先により異なりますが、例えば米国やハワイ・グアムなどでは少額の決済でもカードを用いることが普通なので、コンビニや小規模な飲食店など、どこでも使えます。最近では、ICチップ対応の場合に暗証番号がわからないと利用が断られるケースもありますので、事前に確認をしておきましょう。また、現金がなくなった場合も安心で、盗難や紛失の際も再発行してもらえます。紛失時の万が一を想定して、盗難・紛失の際の連絡先をひかえておくことをおすすめします。

3. 海外専用プリペイドカード

最近は、マルチカレンシー(複数通貨)の取り扱いが可能な海外専用のプリペイドカードが数種登場しました。旅行前にチャージして現地のATMから現地通貨で引き出しが可能な便利なプリペイドカードです。

いかがでしたか。旅行前にしっかり準備を整えて、安心で安全な旅行を楽しんでくださいね。

初めての海外旅行の英会話

第1回:入国審査編

第2回:レストラン編

第3回:ショッピング編

地図