スカイスキャナー ニュース 雄大な自然に囲まれるアイルランドの魅力

すべての記事

雄大な自然に囲まれるアイルランドの魅力

スカイスキャナー特選!2017年に行くべき12カ国(後編)でもご紹介した、アイルランド。アイルランドの風景と言えば、40種類の緑色についての話がたくさんあるほど、緑豊かで美しい島です。今日はアイルランドの自然を満喫できるスポットをご紹介します。今年の夏休みはアイルランドに行くのはいかがでしょうか?夏はアイルランドが最も美しい季節です。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

イギリス領である北アイルランドとダブリンを首都とするアイルランド共和国があるアイルランド島。アイルランド共和国と北アイルランドの間には入国審査もなく、身分証明書を提示する必要もないので、自由に行き来できます。

アイルランド共和国の通貨はユーロですが、北アイルランドはイギリス領なのでポンド。なので両方を訪れる際には、ユーロとポンドの通貨が必要になります。しかし北アイルランドで流通しているポンドは北アイルランド発行のポンドで、北アイルランドでは何の問題もなく使えますが、日本に帰国してから日本円に戻すことはできないこともありますので、現地で使ってしまうことをおススメします。

モハー断崖

モハー断崖
アイルランド旅行で絶対欠かせない場所の一つ、モハー断崖。世界遺産に登録されています。『ハリーポッターと謎のプリンス』のロケ地だったことでも有名ですよね。全長8km、高さは一番高い所で約200mという壮大な断崖のこの地は、かつて要塞として使われていました。

海から見たモハー断崖

天気が良ければアラン諸島まで見えることも。夏にはクルーズもあり、海の上から眺めるモハーの断崖は感動的です。

モハー断崖

住所:Liscannor, Co. Clare, Ireland 電話番号:+353 65 708 6141 アクセス:リムリック(Limerick)からバスで100分(エニス経由)程度。 営業時間:9:00~21:00(7、8月)9:00~19:30(6月)9:00~19:00(5、9月)9:00~18:30(4月)9:00~18:00(3、10月)9:15~17:30(2月)9:15~17:00(11~1月) 入場料 : 大人 6ユーロ / 学生、シニア 4.5ユーロ / 16歳未満の子供は無料 ウェブサイト:http://www.cliffsofmoher.ie

デューングラ城

デューングラ城

500年程前に雄大なゴールウェイ湾を見渡すように建てられた、デューングラ城も近くにあります。城の名前は662年に亡くなったコノハトの王に由来し、彼は古代の要塞の王で多くの招待客をもてなしたことで有名なのだそう。現在は季節によっては、観光客でもこの古城の中世晩餐会を楽しめるそうです。ここだけでなく、他のお城でも晩餐会を楽しめるよう。 是非チェックしてみて!

カイルモア修道院

カイルモア修道院

アイルランドの西部、コネマラ地方はアイルランドの古い文化や言語がいまだ残っている、アイルランドの中でも特にアイルランドらしい場所です。コネマラ国立公園の少し北、ドュークルック山の麓のカイルモア渓谷には、最もロマンティックな建物として知られている、カイルモア修道院があります。

カイルモア修道院の建物内

このお城は、ロンドン出身の富豪、ミッチェル・ヘンリーが、この土地を気に入った最愛の妻マーガレット・ボーンのために、7年以上の歳月をかけて建てました。完成から数年後、マーガレットが急死し、お城はその後様々な持ち主の手に渡り、今では修道院になりました。そのロマンティックな物語を思い浮かべながら、周囲の自然の風景に溶け込んだ美しい景観を楽しんでください。

カイルモア修道院内の教会

ちなみに、ヘンリーとマーガレットは敷地内にある教会の隣にある霊廟に、眠っているそうです。

カイルモア修道院

住所: Kylemore Abbey, Pollacappul, Connemara, Co. Galway, Ireland 電話番号:095-41146 アクセス:鉄道ゴルウェー(GALWAY)駅からバスで1時間ほど。 入場料:大人 13ユーロ / シニア 10ユーロ / 学生 9ユーロ 子供(10歳以下)無料      オンライン割引があります 営業時間:9:00~19:00(7、8月)9:30~17:30(9月、10月)9:00~18:00(4月~6月)10:00~16:30(11月~3月) 公式サイト:http://www.kylemoreabbey.com

ニューグレンジとタラの丘

ボイン渓谷の遺跡群

ピラミッドよりも古いと言われ、秘的な雰囲気で今も多くの謎が残る、ブルー・ナ・ボーニャ – ボイン渓谷の遺跡群。

ボイン渓谷の遺跡群にある立石

ボイン川の屈曲部に位置し、新石器時代の石室墳、立石、その他先史的遺跡などがあります。そこにニューグレンジとタラの丘があります。

タラの丘

今でもケルトの人にとっての聖地であるタラの丘。かつてアイルランドの王が住んでいた場所で、ここからは国土の約70%が見渡せるので、かつての王はこの景色を見ながら国のことを考えていたのかもしれない、なんて思ってしまいます。

ニューグレンジ

約5500年前と、あの有名なイギリスのストーンヘンジやエジプトのピラミッドより前につくられたとされる、アーチ型天井の建物のニューグレンジ。誰が何のためにつくったのか未だ謎のままで、冬至の夜明けのみに太陽の光が建物内部への細長い通路に差し込む設計など、とにかく謎に包まれた神秘的なスポットです。

ブルー・ナ・ボーニャ – ボイン渓谷の遺跡群

住所: Newgrange、Donore、Co. Meath, Ireland 電話番号:+353-41-9880300 アクセス:ダブリンから車で1時間程度。 入場料:大人 13ユーロ / シニア 10ユーロ / 学生・子供 8ユーロ  営業時間:9:00~19:00(6月~9月中旬)9:00~18:30(9月中旬~末)9:30~17:30(2月~4月、10月)9:00~17:00(11月~1月) 公式サイト:http://www.worldheritageireland.ie/bru-na-boinne/

キラーニー国立公園

キラーニー国立公園

アイルランドではじめて国立公園に指定された歴史ある公園、キラーニー国立公園。一番大きなレイン湖、マックロス湖、アッパー湖の3つの湖や、トルク滝やダンロー渓谷など、見どころが沢山。

レイン湖

レイン湖のほとりにはロス城があったり、自然を楽しみながら悠久な時の流れを感じることが出来ます。

ロス城

馬車に乗ったり、自転車をレンタルして、広大な公園を回ることも。またハイキングコースもあるので、ゆっくり自然の中を歩き、マイナスイオンで癒されるのはいかがでしょうか。

ダンロー渓谷

キラーニー国立公園(Killarney National Park) 住所:Co. Kerry, Ireland 電話:+353 1 888 2000 営業時間:8:00~18:00 公式サイト:http://www.killarneynationalpark.ie/

アイルランドへの格安航空券をチェックしよう

ダンルース城

ダンルース城

北アイルランドのブッシュミルズ地方にあるコーズウエー海岸の断崖絶壁にある古城、ダンルース城 。周辺にたくさんの古城が残っていますが、岬から延びる橋からでしか城の中に入ることはできず、このお城の規模は最大級です。

外壁や道だけが残るダンルース城

かつての要塞を17世紀にスコットランド貴族が改築し、居城となりました。海沿いの岩壁に建てられたため、長年の波風によって日々風化進み、外壁や道のみが残されていますが、この古城と一面に広がる海の眺めは壮観です。

ダンルース城と夕日

城の真下には、侵攻を受けた際の逃げ道としての外層に延びる洞窟があり、見学することもできます。

ダンルース城 住所 : 87 Dunluce Rd、Bushmills、County Antrim 電話番号: +44 28 2073 1938 開館時間 : 10:00~17:00(12月1日~1月31日までは16:00まで) アクセス:ポートラッシュからバスで10分程度。 入場料 : 大人 5ポンド / 子供(4~16歳) 3ポンド 4歳以下 無料 ウェブサイト:https://www.discovernorthernireland.com/Dunluce-Castle-Medieval-Irish-Castle-on-the-Antrim-Coast-Bushmills-P2819

ジャイアンツ・コーズウェイ

ジャイアンツ・コーズウェイ

北アイルランドの定番観光スポットで、世界遺産の一つでもあるジャイアンツ・コーズウェイ。 火山活動で生まれた4万もの玄武岩の柱状奇岩が連なる地域で、海岸線上に伸びる景観は約8kmも続きます。約5000万年~6000万年前に起きた火山活動により流出した溶岩が冷えて固まり、割れ目が生じたことにより形成されました。最も高い柱は12mにもなります。

最も高い柱は12mのジャイアンツ・コーズウェイ

ジャイアンツ・コーズウェイを日本語に訳すと、巨人の道。アイルランドの神話に出てくる「フィンマックルー」の伝説に由来しているのだとか。

巨人の道、ジャイアンツ・コーズウェイ

フィンマックルーが、スコットランドにいるライバルの巨人、ベナンドナーと戦いのため、だとか、恋をしたスコットランドに住む女性がアイルランドに渡れるように作った道、だとか色々な伝説が今でも地元の人に語り継がれているそうです。

伝説のフィンマックルーを想像しながらジャイアンツ・コーズウェイを海岸線に沿って歩く方が、なんだか夢があって楽しいですよね。

ジャイアンツ・コーズウェイ 住所 : 44 Causeway Rd、Bushmills, Antrim BT57 8SU 電話番号:+44 28 2073 1855 開館時間 : 9:00~19:00(7月、8月)9:00~18:00(3月~6月、9月、10月)9:00~17:00(11月~2月) アクセス:ポートラッシュからバリーキャッスル行きのバスで25分程度。 入場料 : 大人 10.5ポンド / 子供 5.25ポンド ウェブサイト : https://discovernorthernireland.com/Giant-s-Causeway-Antrim-Northern-Ireland-Bushmills-P2800/

アイルランドにはいくらで行ける?

筆者ご紹介

ライター Hiroko

イベントやテレビの制作をした後、ライターに。アート、ファッション、ライフスタイルと、幅広く執筆。毎日同じことを繰り返すのが嫌いで、同じ場所にも留まっておくことができず、2~3ヶ月に一度は旅に出る日々。現在はパリと東京を行ったり来たりと、さらに旅を満喫中です。

あわせて読みたい

ヨーロッパ旅行に忘れてはいけない8つのアイテム

スカイスキャナー特選!2017年に行くべき12カ国(前編)

地図