スカイスキャナー ニュース 2020年に羽田発の直行便が就航した世界の9都市(9月時点)

すべての記事

2020年に羽田発の直行便が就航した世界の9都市(9月時点)

今年もさまざまな航空会社が新路線を開設しました。このページでは、東京・羽田空港発で新しく直行便が就航した世界の9都市をピックアップ。また旅ができるようになったときのために、これを読んで想像をふくらませてみてくださいね。

※新型コロナウイルス感染症に伴う日本からの渡航に関する勧告等については、外務省の海外安全ホームページをご確認ください。また、目的地の政府も観光客の受け入れに関して制限を設けている場合があります。方針は随時変更されます。出発国・目的国政府の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。2020 年9月18日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. ダラス|アメリカン航空

2020年7月11日に羽田-ダラス線を就航したアメリカン航空。ダラスはアメリカのテキサス州北部に位置する近代都市です。ここにはジョン・F・ケネディ最期の日の謎に迫る展示を鑑賞できる「シックス フロア ミュージアム」、ゆっくりと花や木々と触れ合える広大な「ダラス樹木園・植物園」、ダラスの街を一望できる「リユニオンタワー」など観光名所が多数点在しています。

ダラスの隣の街、フォートワースのストックヤードに足を伸ばせば、カウボーイの世界がお出迎え!大迫力のロデオやロングホーン牛の行列行進を見学できたり、メキシコと国境を接するテキサス州ならではのメキシコ風アメリカ料理を味わえ、テキサスウェスタンの世界観にどっぷりと浸れます。

アメリカ・フォートワースのストックヤード
西部劇を彷彿させるストックヤードの街並み
Allen Furmanski / Shutterstock.com

2. ワシントンD.C.|ANA

2020年8月17日から就航したANAの羽田-ワシントンD.C.線。アメリカ政治の中心地であるワシントンには、初代大統領のジョージ・ワシントンの偉業を称え、建てられたオベリスク「ワシントン記念塔」や真っ白な大理石のリンカーン像が鎮座する「リンカーン記念館」、アメリカ合衆国議会議事堂、ホワイトハウスなど観光スポットが盛りだくさん。

大小19の博物館と美術館を有する「スミソニアン博物館群」には、宇宙に関する展示が並ぶ「航空宇宙博物館」もあり、アメリカの政治や歴史、文化を一挙に学べ、好奇心を刺激されます。

アメリカ・ワシントンD.C.ワシントン記念塔
ナショナル・モールの中心にそびえ立つワシントン記念塔
Sean Pavone / Shutterstock.com

3. アトランタ|デルタ航空

2020年8月から運航を開始したデルタ航空の羽田-アトランタ線。アトランタはアメリカ南部ジョージア州北西部に位置する活気ある都市。街の中心にあるダウンタウンには、世界最大級の「ジョージア水族館」やコカ・コーラの歴史を学べる博物館「ワールド オブ コカコーラ」、ガイド付きのスタジオツアーに参加できるCNNの本社などがあります。

アトランタは名作『風と共に去りぬ』の作家であるマーガレット・ミッチェルのゆかりの地でもあり、彼女が本作を執筆した家「ミッチェルハウス」を見学することもできますよ。さらにアトランタはビスケット、グリッツなどアメリカの南部料理を味わえる街。庶民的でおいしい料理の数々を思う存分、楽しめそうですね。

アメリカ・アトランタのダウンタウン
夕焼けに染まるダウンタウン
Sean Pavone / Shutterstock.com

4. シアトル|デルタ航空

デルタ航空の羽田-シアトル線は2020年3月に開設されました。シアトルは、カナダと国境を接するアメリカ・ワシントン州最大の都市で、海や湖、山、森などの自然の美しさから「エメラルド・シティ」の愛称で親しまれています。

「スターバックス・コーヒー」発祥の地で、1号店は人気の観光スポットですが、チェーン店以外にもカフェ巡りを楽しめます。ボーイング社誕生の地でもあることから、飛行機の組み立て工場や、大統領専用機エアフォースワンの実物が展示されている「航空博物館」の見学も可能。100年以上歴史のある市場「パイク・プレイス・マーケット」で名物のクラムチャウダーを堪能したり、ランドマーク的存在のタワー「スペース・ニードル」から街を一望することもできます。

アメリカ・シアトル スペース・ニードル
スペース・ニードルからは街が一望できる
emperorcosar / Shutterstock.com

5. シカゴ|JAL

JAL羽田-シカゴの新路線は、2020年3月29日に開設されました。ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカの大都市シカゴは、豊かな自然と共存する場所です。アメリカ3大美術館のひとつ「シカゴ美術館」や、科学と産業をテーマにした「シカゴ科学産業博物館」など見どころも充実。

本場のブルースやジャズ、ゴスペルを聴けるライブハウスも数多く存在し、本場の生歌や生演奏に酔いしれることができそうです。アメリカを横断するルート66の起点となる旅人憧れのダイナー「ルー ミッチェルズ」で、食事するのも旅情をかき立てられます。リバークルーズに参加すれば、船上からシカゴの街並みを眺めることもできますよ。

アメリカ・シカゴのリバークルーズ
シカゴのさまざまな建築や夜景を楽しめるリバークルーズ
f11photo / Shutterstock.com

6. ヘルシンキ| JAL

2020年3月29日に就航を予定していたJALの羽田-ヘルシンキ線ですが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期になり、7月1日に運航を開始。フィンランドの首都ヘルシンキには白亜の壁に緑のドームが映えるランドマーク「ヘルシンキ大聖堂」や北欧最大規模を誇るロシア正教の教会「ウスペンスキー寺院」といった魅力的な観光スポットが豊富です。

エスプラナーディ通りの端にあるマーケット広場には色鮮やかな野菜や果物、民芸品を売る露店が並び、お土産探しにもぴったり。主要な観光スポットにはトラムや徒歩でアクセスできて、観光しやすい街でもあります。

フィンランド・ヘルシンキ大聖堂
ヘルシンキ大聖堂を望むヘルシンキの美しい街並み
Oleksiy Mark / Shutterstock.com

7. ロサンゼルス|JAL

2020年3月30日に就航したJALの羽田-ロサンゼルス線。ロサンゼルスはいわずと知れたアメリカ・南カリフォルニアの大都会。映画やテレビなど世界のエンターテインメントの中心地であり、スターたちの名前が刻まれた星形のプレートが並ぶ「ウォーク オブ フェイム」、スターの手形や足形が飾られた映画館「TCLチャイニーズシアター」などの人気スポットが点在しています。

セレブ街の目抜き通りとして有名な「ロデオドライブ」には、有名ブランド店や注目のセレクトショップが軒を連ね、運が良ければセレブに遭遇できることも!ハンバーガーやピザだけではなく、メキシカンや和食などバラエティに富んだ食事を味わうこともでき、贅沢な旅ができそうです。

アメリカ・ロサンゼルスのロデオドライブ
世界有数の高級住宅街「ビバリーヒルズ」にあるロデオドライブ
Gabriele Maltinti / Shutterstock.com

8. シドニー|JAL

2020年3月29日に運航を開始したJALの羽田-シドニー線。シドニーといえば、帆を彷彿させるユニークなデザインが目を引く「シドニー オペラハウス」が思い浮かび、都会というイメージがあります。

オーストラリア・シドニーのオペラハウス
高層ビル群とシドニー オペラハウス
rina Sokolovskaya / Shutterstock.com

しかし、少し足を伸ばすと、ボンダイからクージーまで美しい海と白い砂浜が広がる海岸線を、徒歩でのんびりと散策することも可能。「シドニー ワイルドライフ ワールド」を訪れれば、オーストラリア固有の動物、カンガルーやコアラ、イリエワニ、クオッカ、エキドナにも出合えて、充実したひと時を過ごせますよ。人気レストランやオシャレなカフェもたくさんあり、食事や休憩場所にも困りません。

9. イスタンブール|ターキッシュ エアラインズ

2020年7月4日から運航を再開したターキッシュ エアラインズの新路線、羽田-イスタンブール。アジアとヨーロッパにまたがるトルコの大都市イスタンブールは、東洋と西洋の文化が混在した魅惑の街。

旧市街には内部に美しい青いタイルが貼られた「ブルーモスク」、モザイク画で有名な「アヤソフィア」など歴史的建造物が点在しています。世界最大の活気を誇るグランドバザールには、カラフルなランプや陶器、お菓子が所狭しと並んでいて、エキゾチックなショッピングを楽しめそうですね。世界三大料理のひとつトルコ料理に舌鼓を打つのもいいでしょう。

トルコ・イスタンブールの旧市街
見どころが凝縮されているイスタンブールの旧市街
Seqoya / Shutterstock.com

自由に海外旅行ができるようになったら、あなたが次に訪れたい都市はどこですか?スカイスキャナーで検索して旅の想像を膨らませてみましょう。

地図