新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 10月に2万円以内で行ける国内旅行先4選

すべての記事

10月に2万円以内で行ける国内旅行先4選

カラッと爽やかな秋には、どこかへ出かけてゆったり過ごしたい気分になるもの。景色を眺めるもよし、また秋の味覚も楽しみですね。そんな旅を計画している方に、10月に2万円以内で行ける国内旅行先を4カ所ご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「10月」で検索した際の最安価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便、乗継便含む)。記事公開日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. ピークを迎える紅葉を楽しむ|帯広

北海道・帯広の10月は、すでに紅葉が始まっており、中旬になるとそのピークを迎えます。河東郡鹿追町には、紅葉シーズン限定で公開される「福原山荘」があります。8.5ヘクタールもの広大な敷地の中には、300本のモミジが植えられ、赤や黄色の美しい景色が広がります。庭園の中には、3つの池と小さな滝5つがあり、水面に映る紅葉もまた「福原山荘」の絶景のひとつです。

北海道ならではの大自然を感じたいなら、日本の国立公園の中で一番広い公園「大雪山国立公園」へ。そのなかでも、標高810メートルと北海道の中で最も高い場所にある「然別湖」は“天空の湖”とも呼ばれており、透明度も国内有数。湖の周囲をトレッキングしながら紅葉や動物を観察したり、カヌーやボートで湖の美しさを間近で感じてみたりと、静かでのどかな湖畔でリフレッシュできますよ。

北海道のお土産として大人気の「六花亭」。JR帯広駅から徒歩約5分というアクセスのよい場所に、帯広本店があります。1階は店舗となっており、定番の商品はもちろんのこと新作商品もズラリと並んでいます。バラで購入できる商品も多いので、お土産探しにぴったり。限定スイーツや、限られた店舗でしか購入できないスイーツなどもあり、イートインスペースでその味わいを楽しむことも可能です。2階の喫茶室では、帯広本店限定のスイーツメニューや、ピザなども味わうことができます。

2. 映えスポットがたくさん|広島

広島県呉市の御手洗(みたらい)地区は歴史と文化の町。江戸時代をはじめ、明治や大正、昭和初期までに建てられたという貴重な建物が混在しており、「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。その保存地区を高台から望めるのが「歴史の見える丘公園」です。遠くには、瀬戸内しまなみ海道の来島海峡大橋や四国の山々も一望でき、感動の絶景が広がります。みかん畑の間を通る遊歩道もあり、四季の美しさを肌で感じることができます。

JR三原駅から徒歩で約7分の場所にある「大島神社」では、2020年11月に完成したばかりのあるものに注目が集まっています。それは、なんと62基も連なる鳥居。その厳かな雰囲気とともに、美しい朱色がなんともフォトジェニック。また麓にも1基、境内に3基、石の鳥居も含めて、合計67基の鳥居があります。参道階段にびっしりと並んだ鳥居は見ごたえがあり、石段を登りきった高台からの風景は思わず息を呑む美しさ。瀬戸内海に浮かぶ島々や、三原城跡も眺めることができます。

広島を代表する工場地帯の大竹市では、JR大竹駅数キロ圏内に、工場夜景を眺められるスポットが点在しています。また、亀居公園からはコンビナートが一望でき、その夜景はまるで宝石を散りばめたような美しさ。気温が下がり、澄んだ空気の中で幻想的な風景が広がり、こちらも映えスポットです。

3. 伝統工芸に触れる旅|小松

世界に誇る伝統工芸が多い石川県。小松空港から車で約25分の場所に位置する「加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森」は、輪島塗や九谷焼、金箔工芸など50種類以上もの工芸体験ができる、まさに“伝統工芸のテーマパーク”。ろくろを回すような本格的な体験も、丁寧な指導で初めてでも安心です。

13万坪の広大な敷地の中には、築100年以上の貴重な茅葺き屋根の古民家や、カラフルな傘がたくさん並んだアンブレラスカイなどもあり、SNSに投稿したくなるようなスポットも。

北陸・加賀温泉郷のひとつとして有名な「片山温泉」。そのシンボルともいえる柴山潟は、1日に7度も湖面の色を変え、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。日本有数の巨大噴水もあり、70メートルもの高さのある水しぶきは豪快。まるで浮かんでいるように建つ「浮世道」では、柴山潟の絶景を見渡すことができます。夜になると噴水と合わせたライトアップも行われ、幻想的な雰囲気に包まれます。

海鮮や加賀野菜など、グルメも楽しみのひとつ。一年中フルーツ狩りが楽しめる「加賀フルーツランド」では、その季節のフルーツ狩りが楽しめます。10月は、ぶどうとりんご。そのほか、バーベキューやフルーツバイキングなどもできるため、家族や仲間で楽しい思い出が作れるスポットです。

4. 温暖な気候はまだまだ続く|沖縄

日差しや気温も落ち着く10月の沖縄は、夏よりも台風が少なく、観光にもってこいの季節。そんな10月の海を存分に楽しめるのが名護市に位置する「ブセナ海中公園」です。どこまでも広がるエメラルドグリーンの美しい眺めや、色鮮やかな魚たちが泳ぐ姿を間近に眺められるグラス底ボートなど、海水浴とはまた違った海の魅力を感じることができます。

南国ムードをより楽しみたいなら、沖縄北インターチェンジから約5分の場所に位置する「東南植物楽園」へ。日本最大級の屋外植物園で、約1,300種以上の植物や、50種類の動物たちと触れ合うことができます。ほかではなかなか見ることのできない熱帯・亜熱帯の植物が鑑賞でき、その雰囲気は、まるでジャングルのよう。カピパラやリスザルの餌やり体験もできますよ。

沖縄らしい場所で、沖縄グルメを味わったり、お土産選びができたりするのが、那覇空港から車で約15分というアクセスもよい「瀬長島ウミカジテラス」。地産にこだわったグルメやスイーツ、ジュエリーやクラフトショップなどが並び、自分へのご褒美探しにもピッタリです。傾斜地に白壁の店舗が並び、長島西海岸の絶景も望めるというロケーションで、夕暮れ時は日常を忘れさせてくれるような優しい時間が流れます。