スカイスキャナー ニュース 沖縄旅行は4月がイイ!那覇から行けるおすすめビーチ

すべての記事

沖縄旅行は4月がイイ!那覇から行けるおすすめビーチ

2017年の観光客数が約939万人(*)と、ハワイの観光客数を初めて上回り、ますます人気の沖縄。特に、4月の沖縄は過ごしやすく、海開きなどのイベントも数多く行われ、実は旅行におすすめのシーズンです。今回は、那覇から行けるおすすめビーチやホテルについて、地球の歩き方 那覇・沖縄Web特派員の菅原 啓さんに紹介いただきます。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

日本一早い海開きは沖縄から

日本一早い海開きは沖縄から
沖縄の海開きは毎年3月21日の春分の日の前後からスタートし、4月いっぱいまで県内各地のビーチで次々と開催されます。海開きは安全祈願から始まり、音楽ライブやエイサー、花火などさまざまなイベントが行われます。

4月の平均気温は21.4℃、最高気温24.1℃、平均水温は24℃と長時間の海水浴には向きませんが、晴天日を選んでのマリンレジャーは十分楽しむことができます。

日本一早い海開きは毎年春分の日前後からスタート

那覇行きの航空券をチェックしてみる

那覇近郊のおすすめビーチ

那覇空港から車で約15分と便利な場所にあり、全長700メートル、県内最大級の美しい人工ビーチ「豊崎美らSUNビーチ」。とても人工のビーチとは思えない、一面に広がるコバルトブルーの海は予想を超える美しさです。

県内最大級の美しい人工ビーチ「豊崎美らSUNビーチ」

ビーチは豊崎海浜公園内に整備されており、夕日スポットとしても人気です。水平線に沈む美しい夕日を一望できる展望台もあります。マリンスポーツも楽しむことができ、バナナボートやシュノーケル、ビッグマーブル、シーカヤック、無人島冒険ツアーと盛りだくさんです。

マリンスポーツを思う存分満喫したい方には、美らSUNパック(バナナボート+体験シュノーケル+ビッグマーブル)という人気のマリンメニューパックもあるので、利用してみると良いでしょう。

那覇行きの航空券をチェックしてみる

蛇口からシークヮーサージュースが無料で飲み放題!?

さまざまな沖縄の特産品が揃う「YONAR'S」

美らSUNビーチ駐車場を出て二つ目の信号を右折し、最初の四つ角を右折すると左手に、「YONAR’S」と書かれた建物が見えてきます。「YONAR’S」はシークヮーサーを使った調味料やジャムなど、県産品を使った商品を作っている店で、さまざまな沖縄の特産品もとり揃えています。店内では沖縄そばや石垣牛カレーなど、低価格で美味し沖縄料理もいただけます。名物は何と言っても、シークヮーサージュースが無料で飲み放題の魔法の蛇口があることです。

シークヮーサージュースが無料で飲み放題の魔法の蛇口

シークヮーサーは柑橘系の果実でとても酸味が強く、沖縄ではレモンの代わりに飲み物や料理、醤油に果汁を加えたり、泡盛に加えて楽しむこともあります。原液は大宜味産シークヮーサー100%で、飲み易いように水で薄めてシロップで味付けされています。ビーチで乾いた喉を、シークヮーサージュースがスッキリと潤してくれるでしょう。

【スポット情報】 沖縄特産販売 株式会社 ヨナーズ本店 住所:沖縄県豊見城市字豊崎3-84 電話:098-850-8633 営業時間:9:00~18:00 定休日:なし

那覇行きの航空券をチェックしてみる

地中海をイメージした新名所「瀬長島ウミカジテラス」

初夏の沖縄では、日中の旅行の場合、服装はTシャツやノースリーブなどで過ごせます。昼夜の寒暖差は小さいのですが、若干肌寒さを感じる時もありますので、長袖シャツや薄手のカーディガンなどを用意していると安心です。4月と言えども沖縄の紫外線は強烈ですので、日中の観光には日焼け止めが必要でしょう。

まるで地中海にいるような感覚が味わえる「瀬長島ウミカジテラス」

この時期にぴったりなのが、瀬長島に2015年にオープンしたショッピングスポット「瀬長島ウミカジテラス」です。美らSUNビーチから車で那覇に向かう途中、瀬長の交差点を左折すると瀬長島があります。那覇空港からも近く、空と海を一度に楽しめる新たな人気観光地になりました。白を基調とした店構えが綺麗で青い海や空との対比で、まるで地中海にいるような感覚が味わえます。

【スポット情報】 瀬長島ウミカジテラス 住所:沖縄県豊見城市瀬長174-6 電話:098-851-7446 営業時間:10:00~21:00(店舗によって異なります。) 定休日:なし(店舗によって異なります。)

那覇行きの航空券をチェックしてみる

那覇でおすすめの宿泊施設

おすすめの宿泊施設は、沖縄で最も賑やかな通りで、那覇最大の繁華街である国際通りから徒歩約1分と、便利な立地にある「JR九州ホテル ブラッサム那覇」です。

国際通りから徒歩約1分の「JR九州ホテル ブラッサム那覇」

2017年6月に開業したばかりの新しいホテルで、客室は床から天井までの一面ガラス窓を採用し、那覇の街並みを一望できます。客室は沖縄の空と海のようなブルーを基調とした色彩で、壁面の格子や行灯は和の癒しを感じさせます。

和の癒しを感じさせる内装

沖縄の街並みと夕日を望むテラス付きの宿泊者専用のライブラリーラウンジがあり、ラウンジ内には沖縄の風景写真集、歴史関連書、絵本などの書籍が置いてあります。また、特注の全方位型スピーカーを備えており、高音質のJAZZやクラシックに耳を傾けながら、旅の疲れを取るのも良いでしょう。

【ホテル情報】 JR九州ホテル ブラッサム那覇 住所:沖縄県那覇市牧志2丁目16-1 電話:098-861-8700

このホテルをチェックする

1年で最も過ごしやすいといわれる4月の沖縄は、日本で一番早い花火大会「琉球海炎祭」や伊江島ゆり祭り、島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)が開催されます。天気も比較的穏やかで過ごしやすく、絶好の観光日和が多くなりますので狙い目ですよ。

那覇行きの航空券をチェックしてみる

筆者ご紹介

地球の歩き方 那覇・沖縄Web特派員 菅原 啓

2010年に転勤で沖縄へ、その後沖縄の魅力に取りつかれ永住を選択した。特に沖縄の食文化に興味を持ち、新しい発見に心躍らせています。ガイドブックには載ってないディープなお店、沖縄ならではグルメが沢山あります。那覇国際通りを中心に、国内外からの観光客にメリットがある情報を地球の歩き方 那覇・沖縄Web特派員ブログよりお届けしています。


*日本経済新聞2018年2月3日掲載の県発表より。

あわせて読みたい

春よ来い!約1,500本もの梅の花が咲き誇る京都・北野天満宮

菅原道真公を祭る「北野天満宮」では、春の訪れとともに約1,500本もの梅の花が咲き乱れます。梅の名所としても名高い「北野天満宮」の魅力を紹介します。

グラデーションの桜が絶景!春の吉野山「一目千本」

シロヤマザクラを中心に約200種・約3万本の桜で山々が彩られる奈良県にある吉野山は、古くから「一目千本」と称えられるほどに多くの桜が咲き誇る桜の名所です。一度は見ておきたい桜の名所、吉野山の桜情報と名物グルメ、名産品を紹介します。

地図