新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 写真で旅する世界の絶景シリーズ④|世界の美しすぎるビーチ4選

すべての記事

写真で旅する世界の絶景シリーズ④|世界の美しすぎるビーチ4選

自由に海外旅行ができないこの時期に、写真で旅する絶景シリーズをお届け。今回は鮮やかな海と白い砂浜、「世界の美しすぎるビーチ」編です。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、国や自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各国、自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。

1. フィリピン最後の秘境|エルニド(フィリピン)

「エルニド(El Nido)」は、フィリピンの首都マニラから南西へ飛行機で約50分、パラワン島の北部にあるエルニド村と沖に浮かぶ島々の総称。「フィリピン最後の秘境」と称されるこの一帯は、500m級の岩山や熱帯雨林など手付かずの自然が残り、エキゾチックで神秘的な雰囲気が漂います。

エルニドに50ほどある島々は無人島で、ほとんどが大理石でできているのだそう。フィリピンに数あるビーチのなかでも海の透明度は随一と讃えられるほどで、パラワン島のエルニド港から無人島を巡るアイランドホッピングボートが人気です。

エルニド港からボートで約30分にある「ビッグ・ラグーン(Big Lagoon)」は、石灰岩の断崖に囲まれた人気のスポット。ボートが停泊できないため、カヤックに乗り換えて向かいます。自然環境が保護されたこの地はまさに秘境ムード満点で、浅瀬のビーチでは熱帯魚とともにシュノーケリングも楽しめるそうですよ。

エルニドエリアの南西部にある「スネーク・アイランド(Snake Island)」は、干潮時に現れる白砂のビーチがヘビのような形をしていることから名づけられた島。透明度の高い海は、美しいブルーのグラデーションがかかり、素晴らしい絶景が広がります。

2. 手付かずの自然が残る島|リトルコーン島(ニカラグア)

太平洋とカリブ海の間に位置する中央アメリカの国「ニカラグア」の東海岸沖、カリブ海に浮かぶ「リトルコーン島(Little Corn Island)」。面積2.9キロメートルという小さな島には、車がなく移動手段は徒歩か自転車のみという、手付かずの自然が残っています。

ニカラグア本土にある首都のマナグアから、近くのビックコーン島まで飛行機で1時間半、そこからボートに乗り換えてようやく到着する「リトルコーン島」は、あまり産業化が進んでいないので素朴でのんびりした雰囲気が漂っています。カリブ海の風を感じながら、優雅な時間が過ごせそう。

ビーチの浅瀬も透明度が高く、サンゴ礁を見ながらシュノーケリングをしたり、セイリングボートのクルーズという楽しみ方も。ビーチでのんびりと過ごしながら美しい海を見ているだけでも癒やされそうです。

3. 船でしか行けない唯一無二の絶景|ナヴァイオ・ビーチ(ギリシャ)

ギリシャ本土の西に点在するイオニア諸島のひとつ、ザキントス島の北西部にある入り江「ナヴァイオビーチ(Navagio Beach)」。断崖絶壁に囲まれているため、アクセスできるのは海上からのみという秘境とされるビーチです。

「ナヴァイオ」とは、ギリシャ語で「難破船」という意味があることから、英語の別名「シップレック・ビーチ(shipwreck beach)」とも呼ばれています。名前の由来となったのは、1980年頃にたばこの密輸船だったパナギヨティス号で、ギリシャ海軍に追われてこの海岸に座礁し打ち上げられたものが、今も残っているのだそうです。

錆びたままの状態で白い砂浜に佇むその姿は、まるで映画のセットのよう。美しい自然に囲まれた地に、朽ちていく船が独特な風景を作り出しています。

座礁した船の観光スポットとしてだけではなく、狭い湾の穏やかな海では、ビーチでのんびりしたり海水浴を楽しむ姿も見られます。白亜の石灰岩の断崖と真っ白な砂浜に、鮮やかなコバルトブルーの海が見事に映え、非日常を満喫できそうですね。

4. 天国のような浜辺|ホワイトヘブンビーチ(オーストラリア)

オーストラリア北東部の海岸、2300キロメートルも続く世界最大の珊瑚礁群であり、世界遺産に登録されている「グレートバリアリーフ」。その中でも屈指の美しさを誇る「ホワイトへブンビーチ(Whitehaven Beach)」は、グレートバリアリーフの中心部の無人島にあります。

水上飛行機やヘリコプター、ボートでしかアクセスできないこの特別なビーチは、ウィットサンデー諸島国立公園として保護されており、世界屈指のエコフレンドリービーチとして知られているほか、クイーンズランド州で最もクリーンなビーチにも選ばれています。

特に有名なのが、ホワイトヘブンビーチの最北端にある「ヒル・インレット(Hill Inlet)」と呼ばれる浅瀬の入り江。ここは、潮の満ち引きによって白い砂が渦を巻いているような模様になり、鮮やかな海の色と混ざり合うユニークな絶景が有名です。

ビーチの砂の成分は純度98%のシリカ砂で、きらきらと輝くような白さが特徴。遠浅に続く穏やかな海と発色のいい白い砂浜が独特のムードを漂わせ、天国にいるような気分にさせてくれる、美しいビーチです。