スカイスキャナー ニュース 秋の三連休(9月〜11月)、3.5万円以下で行ける海外旅行先7選

すべての記事

秋の三連休(9月〜11月)、3.5万円以下で行ける海外旅行先7選

7~8月のピークシーズンを避けて、秋の旅行を計画する人も多いのでは?今年の9~11月は、毎月3連休があり、海外にも行きやすいタイミングです。9~11月の秋の連休に、往復3.5万円以下で行ける7つの海外旅行先をご紹介しましょう。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーで検索した際の最低価格です(2019 年10月11日出発〜2019年10月14日着、羽田/成田空港発、エコ ノミークラス大人 1 名、往復便。乗り継ぎ便含む)。2019 年6月25日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

釜山(韓国)

「韓国のマチュピチュ」甘川文化村
「韓国のマチュピチュ」甘川文化村
ST_Travel/Shuttertsock.com

韓国第2の都市、釜山。港町という共通点もあり、どこか日本の大阪にも似た雑多な活気が特徴的です。

釜山で今、最もフォトジェニックなスポットが「韓国のマチュピチュ」などと呼ばれるアートスポット「甘川文化村」。山肌にへばりつくカラフルな家々の間に、さまざまなオブジェや壁画が点在し、シャッターが止まらなくなること間違いなし。

2017年にリニューアルオープンした釜山タワーや、アジアらしい活気に満ちた国際市場など、おなじみの観光スポットにも足を運んでみましょう。

10月の釜山は、「釜山国際映画祭」や「釜山国際花火大会」などのイベントが盛りだくさん。夏が過ぎても、釜山はまだまだ熱いんです。

釜山国際花火大会
釜山国際花火大会
Guitar photographer/Shuttertsock.com

バンコク(タイ)

毎年のように風景が変わり、何度訪れても楽しい、タイの首都バンコク。

初めてのバンコクなら、金ピカの仏塔が圧巻の「エメラルド寺院」、巨大な涅槃仏に圧倒される「ワット・ポー」、三島由紀夫の「暁の寺」にも登場した「ワット・アルン」は絶対に見逃せません。

夕闇に浮かぶワット・アルン
夕闇に浮かぶワット・アルン
SAHACHATZ/Shuttertsock.com

近年のバンコクは、フォトジェニック全盛。宇宙を思わせる幻想的な寺院「ワット・パクナム」に、宝石箱のようなナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー」、ブルーのラテが話題のカフェ「ブルーホエール・マハラート」など、写真好きの心を躍らせるスポットは、枚挙にいとまがありません。

フォトジェニックなナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー」
フォトジェニックなナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー」
Chatchai Somwat/Shuttertsock.com

高雄(台湾)

台湾 高雄 開放的な港町、高雄
開放的な港町、高雄
Avigator Fortuner/Shuttertsock.com

台湾南部最大の都市が、高雄。東京や大阪などからLCCの直行便が運航しており、短期間の休みでも満喫できると人気です。

高雄で今話題のスポットが、「駁二芸術特区」。かつての線路や倉庫跡を改装したアートスポットで、広大な敷地内にはユニークなオブジェや壁画が点在。ミュージムやギャラリー、ショップ、カフェ、レストランまであり、一日中遊べると言っても過言ではありません。

市内中心部から少し足を延ばせば、パワースポットとして名高い「蓮池潭」が。巨大な塔と、龍と虎の像が並ぶ昔ながらの観光地で、龍の口から入って、虎の口から出れば善人になると言われています。

台湾 パワースポット「蓮池潭」
パワースポット「蓮池潭」
 Sean Pavone/Shuttertsock.com

加えて、11月の高雄では、躍動感あふれる獅子舞のイベント「高雄戦獅甲」を開催。2019年の日程は、11月16日~11月17日を予定しています。


クアラルンプール(マレーシア)

東南アジア有数の大都会でありながら、マレーシアらしい素朴な温かみを残すクアラルンプール。

そのシンボルといえば、夜空にきらめく「ペトロナスツインタワー」。ツインタワーに上るのはもちろん、タワーの足元に広がる公園から見上げたり、周辺のホテルのバーから眺めたりと、楽しみ方はさまざま。

高さ452メートルのペトロナスツインタワー
高さ452メートルのペトロナスツインタワー
Patrick Foto/Shuttertsock.com

近未来的なペトロナスツインターとは対照的に、チャイナタウンにはカオスなアジアの雰囲気が残っています。このエリアには古くからの名店が多く、安ウマローカルグルメで食い倒れといきましょう。

世界遺産の古都として知られるマラッカは、クアラルンプールからバスで約2時間。時間に余裕があれば、マラッカにも足を延ばして東西の文化が入り混じる古都の雰囲気を感じてみてください。

世界遺産の古都マラッカ
世界遺産の古都マラッカ
COO7/Shuttertsock.com

ハノイ(ベトナム)

ノスタルジックなハノイの路地
ノスタルジックなハノイの路地
JunPhoto/Shuttertsock.com

ベトナム北部に位置する、首都ハノイ。陽気なホーチミンとは異なる独特の空気に包まれた街には、重厚感溢れる建造物が並び、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

ハノイのランドマークにして堅固な要塞のような大教会や、ベトナム最古の大学「文廟」、建国の英雄が眠る「ホーチミン廟」など、歴史に裏打ちされた見どころがいっぱい。小さなショップやカフェが点在する旧市街では、古き良きベトナムが感じられます。

ハノイを旅するなら、近郊の世界遺産「ハロン湾」も見逃せません。「海の桂林」と呼ばれ、エメラルドグリーンの湾に大小1600もの奇岩がそそり立つ光景は圧巻。船上で宿泊するツアーに参加すれば、さらに忘れられない体験になることでしょう。

「海の桂林」ハロン湾
「海の桂林」ハロン湾
JunPhoto/Shuttertsock.com

ヤンゴン(ミャンマー)

「アジア最後のフロンティア」と呼ばれたミャンマー最大の都市が、ヤンゴン。近年は各国企業の進出が著しいとはいえ、まだまだ素朴な風景が数多く残り、「昔の日本を思い出す」という人も多いようです。

ヤンゴンの観光スポットの代表格が、ミャンマー最大の寺院「シュエダゴン・パゴダ」。2600年前に端を発する長い歴史を持つ寺院で、黄金色に輝く巨大な仏塔や豪華な装飾から、人々の信仰心の篤さが伝わってきます。

圧巻のスケールのシュエダゴン・パゴダ
圧巻のスケールのシュエダゴン・パゴダ
Patrick Foto/Shuttertsock.com

天然石やテキスタイルなどが買えるお土産ショッピングスポット「ボージョーアウンサンマーケット」や、大きな涅槃仏がある「チャウッタージー・パゴダ」も必見。時間に余裕があれば、古都バゴーに足を延ばしてみるのもいいでしょう。

チャウッタージー・パゴダの涅槃仏
チャウッタージー・パゴダの涅槃仏
waiyawut rochanavibhata/Shuttertsock.com

シェムリアップ(カンボジア)

神々しい世界遺産アンコールワット
神々しい世界遺産アンコールワット
Oleskaus/Shuttertsock.com

カンボジアのシェムリアップは、「一生に一度は行きたい世界遺産」として人気の「アンコール遺跡群」のお膝元。周辺には、現在のカンボジアの元となったクメール王国時代の遺跡が数百もの規模で残っています。

その代名詞的存在が、カンボジア国旗にもデザインされている「アンコールワット」。ヒンドゥー教の宇宙観を基に造られた大寺院で、壁面に残る精緻なレリーフは圧巻。アンコールワットに昇る神々しい日の出も忘れられません。

ほかにも、微笑みをたたえた四面像が印象的な「バイヨン」や、映画「トゥーム・レイダー」のロケ地になった「タ・プローム」など、個性豊かな遺跡が目白押し。壮大な遺跡がこれほど多く残っていることに、驚嘆せずにはいられないはずです。

自然の神秘を感じるタ・プローム
自然の神秘を感じるタ・プローム
Tim Pryce/Shuttertsock.com

お得な出発日の見つけ方

Yuganov Konstantin/Shuttertsock.com

「どの日程がお得なのか、狙い目の出発日を知りたい」という人のために。スカイスキャナーには特定の出発日を入力しなくても、航空券が検索できる機能があります。

出発日を入力する際に、特定の日付を指定せず、「月全体」で検索。すると、最安価格帯の出発日が緑色、最高価格帯が赤色、その中間が黄色で表示されたカレンダーが現れます。

より視覚的に比較するなら、カレンダーの右上に表示されている「チャート」をクリックすれば、棒グラフで航空券の価格変動を見ることができます。

航空券の価格は常に変動しており、出発日が一日ずれるだけで一万円以上の差が出ることも。スカイスキャナーを活用して、少しでもお得な航空券を見つけたいですね。

カレンダー/チャートを活用した航空券検索のコツは、こちらの記事でも紹介しています!
「【保存版】スカイスキャナーを使い倒す!7つのワザ」〜カレンダー/チャート表示〜

地図