スカイスキャナー ニュース 海外旅行で余ったお金はまとめて電子マネーに!「ポケットチェンジ」活用術

すべての記事

海外旅行で余ったお金はまとめて電子マネーに!「ポケットチェンジ」活用術

海外旅行帰国後に、意外と小銭を持って帰って来ていることに気づきませんか?空港で買い忘れたおみやげを買ったり、空港ラウンジで飲食しても、じゃらじゃらと残ってしまう小銭たち。今日はそんな「海外旅行あるある」の悩みを解決してくれる画期的なサービスをご紹介します。

こんな画期的なサービスが日本にあったなんて!「ポケットチェンジ」って知っていますか?

帰国後、処分に困りがちな余った外国硬貨

楽しかった海外旅行、帰国後に忘れがちの両替に注目してみよう

海外旅行の最終日、両替できない外貨の小銭をおみやげや飲食でどうにか使い切ろうとバタバタした経験はありませんか?結局、使い切ることができなくて空港の募金箱に寄付したり、次の海外旅行まで取っておこうと持ち帰る人がほとんどではないかと思います。気づくと旅の思い出の品々とともに、オブジェと化していたり、自宅のどこかに眠っていたり。そんなお金としての役割が全うできず、国内で眠ってしまう外国硬貨は日本国内だけでなんと年間3,500億円にもなると推定されています。

新・外貨交換サービス「ポケットチェンジ(Pocket Change)」

アメリカ行きの航空券をチェックしてみる

新・外貨交換サービス「ポケットチェンジ(Pocket Change)」

そんなスカイスキャナーユーザーに朗報!2017年2月20日から羽田空港国際ターミナルの到着ロビー階に、外貨を電子マネーやギフト券と交換できるサービス「ポケットチェンジ(Pocket Change)」が設置されました。

ポケットチェンジは、これまでの複雑な両替手続きに比べ、操作も簡単・スピーディに希望の電子マネーやギフト券に交換できるので誰でも気軽に利用が可能です。交換可能なサービスのうち楽天EdyやWAONなどの非接触ICカード型電子マネーの場合は、ICカードやおサイフケータイをかざしてチャージができます。また、Amazonギフト券、LINEギフトコード、iTunesギフトコードなどにも交換が可能です。そのほか、ユニセフなどの団体に寄付をすることもでき、交換先サービスは全部で10種類以上。その後好評につき、福岡空港国際線ターミナル到着ロビー階(2017年6月15日より)、新宿歌舞伎町(6月28日より)にも増設されました。

交換先サービスは全部で10種類以上

フランス行きの航空券をチェックしてみる

対応している硬貨・紙幣ってどこの通貨?

現在「ポケットチェンジ」で対応している通貨は米ドル、ユーロ、中国人民元、韓国ウォン、日本円の5通貨で、今後台湾ドルやタイバーツなど硬貨の両替需要が高い通貨を利用できるようにする予定とのことです。特に「ポケットチェンジ」のすごいところが、複数の異なる通貨を一度にまとめて入れても、瞬時に対応している通貨としてない通貨を見分けて合計投入額を表示してくれること。またその通貨を日本円で表記してくれるのでいくらになったのかも一目瞭然です。

投入出来る硬貨の枚数は一回あたり約20枚、一取引で計100枚まで、米ドルであれば1セント~、韓国ウォンであれば1ウォン~と少額貨幣から換金可能です。

通貨を日本円で表記してくれるのでいくらになったのかも一目瞭然

ポケットチェンジは、訪日外国人にも優しいサービス

ポケットチェンジは日本人旅行者だけでなく、訪日外国人旅行客も利用できるサービスです。世界の中でも日本の500円硬貨は貨幣価値が高い硬貨なのですが、紙幣ではないことで両替ができなく持ち帰る訪日外国人が多いのです。そういった訪日外国人にも便利なサービスが「ポケットチェンジ」。先程ご紹介しました電子マネーやギフト券のほかに中国人向けにはWeChat(微信)や台湾人向けには楽天スーパーポイント、Viberなどにも対応しています。

訪日外国人にも優しいサービス

中国行きの航空券をチェックしてみる

ポケットチェンジの利用方法

ひと月に1台あたり数千人もの人が利用する「ポケットチェンジ」ですが、その利用方法は簡単で、メールアドレスや電話番号など個人情報を入力することもないので安心。タッチパネルを操作してお金を投入するだけ!

画面のスタートボタンをタッチ
画面のスタートボタンをタッチ

利用したい交換先サービスの国を選択
利用したい交換先サービスの国を選択します。

硬貨を投入
紙幣を投入
硬貨・紙幣を投入して

指定したサービスにいくら交換されるか確認
あとは指定したサービスにいくら交換されるかを確認するだけ。

最後にはレシートが出るので、あとから確認できて安心です。
最後にはレシートが出るので、あとから確認できて安心。

英語、中国語、韓国語にも対応しているので、訪日外国人も利用できます。
現在は空港到着ロビーに設置していることもあり日本人利用者が多いようですが、英語、中国語、韓国語にも対応しているので、訪日外国人も利用できます。

各年代によって交換するサービスが異なるようで、中高年の方は楽天EdyやAmazonギフト券、WAONなどが人気で、学生はLINEギフトコードやiTunesギフトコード、中国の方はWeChatに交換される方が多いそう。為替レートに関しては固定ではなく、頻繁に更新しているのも利用者にうれしいところ。また、交換するサービスによってレートが若干異なるので最終的に交換するサービスを変更する人もいるのだとか。

レートによって最終的に交換するサービスを変更する人も。

韓国行きの航空券をチェックしてみる

ポケットチェンジの今後の展開は?

すでに羽田空港と福岡空港、新宿歌舞伎町に設置されているポケットチェンジですが、その他の空港や空港駅などにも設置が決定していて、各空港や観光名所など訪日観光者も利用できるところに設置する予定とのこと。また、利用者のニーズによって提供するサービスを今後増やし、対応できる通貨も増やしていく予定とのことなので、これからの設置場所や提供されるサービスに注目したいところですね。

今後は各空港や観光名所等にも設置予定

【取材協力】 株式会社ポケットチェンジ 住所:〒105-0014 東京都港区芝1丁目15-13 芝エステービル

あわせて読みたい

知って得する「海外プリペイドカード」の賢い使い方

海外旅行へ行くとなるとお金の持って行き方をどうすればいいのか悩みませんか?今回は、海外旅行時の利用者が増加中、海外プリペイドカード(トラベルプリペイドカード)についてご紹介します。

【保存版】海外旅行に必携!充電に困らないモバイルバッテリーの基本

ご旅行中に持ち歩く電化製品、意外に多いってご存知ですか?気になるのが”充電”の悩み。そんなときにおすすめしたいモバイルバッテリーをご紹介します。

地図