スカイスキャナー ニュース 【保存版】海外旅行のコストを下げたい方必見!今さら聞けない「SIMフリー」の基本

すべての記事

【保存版】海外旅行のコストを下げたい方必見!今さら聞けない「SIMフリー」の基本

近頃、“格安スマホ”、“SIMフリー”という単語を街中の電気店などで見かけるようになり、店頭でも盛んに案内をしていますが、SIMフリーとはいったいどういう意味なのでしょうか。今回は、SIMフリーにするメリットは?電話番号はそのまま使えるの?といったソボクな疑問から、海外旅行の際の選択肢としてSIMフリーは使えるのか?といった根本的な疑問にお答えする「今更聞けないSIMフリー」。これを読めば海外旅行時の通信費も下げられるかもしれません。

■SIMロックとSIMフリー

SIM(カード)とは、電話番号を特定するための識別番号が記録されたスマホ用のICカード。画像のような角が欠けた形が特徴の小さいICチップをスマホに認識させることで、電話として使うことが可能になります。2015年5月、総務省から「SIMロック解除原則義務化」が発布され、日本国内でもSIMフリー端末の使用が解禁されました。それまでは、特定の通信キャリアと契約すると、他社の通信サービスを利用することが出来ませんでした。

この制限が解除されることで、例えば新機種の発表にあわせてスマホごと買い換えるような費用の負担がなく、料金プランの安い他社へ気軽に乗り換えることや、機種変更をして使わなくなったスマホにSIMを差して再利用するなど、利用者のメリットが増えました。

但し、この恩恵を受けるためには「SIMフリー対応スマホ」でなければいけません。または、前述の「SIMロック解除原則義務化」以降の機種であれば、一定の条件を満たすことでロックの解除ができるものもあります(手数料が別途発生することがあります)。

■データSIMと通話SIM

SIMカードには、データ通信のみ可能な「データSIM」と、データ通信と音声通話が可能な「音声対応SIM」があります。データSIMは、インターネット利用を目的としたもので、電話はかけられませんが、LINEやアプリケーションはそのまま使うことができます。こちらの記事でご案内した通り、LINEやSkype通話を利用する場合、データSIMで可能となります。また、音声対応SIMに比べて料金が安価なことも特徴です。

一方で音声対応SIMは電話機能を利用することができます。但し、海外の現地SIMの場合、日本の番号をそのまま使うことは出来ず、現地での番号になります。そのため、日本で使用している番号に着信があっても鳴動はしませんのでご注意ください。

■SIMカードの入れ替えによって対応しているもの、いないもの【国内】

SIMカードの入れ替えによって対応しているもの、いないもの【国内】

前章の「音声対応SIM」の場合、日本国内であれば、MNP(ナンバーポータビリティ)を使用することで、電話番号の引き継ぎは可能になりますが、通信キャリアで発行された特有のメールアドレスは引き継ぐことができません。Gmailのようなフリーメールサービスは通信会社とは関係がないので、これまでと同じく使用することができます。また、アプリケーションもこれまで通り、電話機能を使わないものであれば問題なく使用ができます。

■海外旅行でのメリット

通常、SIMカード等の考慮を何もせずに海外で電話を使ったりデータ通信をおこなう場合、契約しているキャリアの国際ローミングサービスを利用する必要があり、料金が高額になるケースがあります。詳しくはこちら

一方でSIMカードは、例えば現地で購入した場合は「渡航先の国内料金」で利用できるため、通信料が安価になることが最大のメリット。滞在日数が短期の場合は逆に割高になったりするケースもありますが、長期滞在を想定されている場合、総額で考慮するとかなり節約になります。

また、現地SIMカードの購入は、空港や街中の電気屋などになりますが、大抵の場合、プリペイドタイプで決まった料金を先に支払って購入するので、後から高額料金を請求されたりすることがないのも安心です。仮に、アメリカへ長期間滞在する想定で、実際に販売されている格安SIMの料金を算出してみました。

金額:$30 利用期間:21日(3週間) 通信速度:4G/LTE データ使用:2GBまで無制限 通話時間:1,000分間 特徴:テキストメッセージ無制限 ※“テキストメッセージ”とあるのは、SMS機能のことです。 ※T-Mobileを参考にしています。

レンタルWi-Fiの場合、同じ通信速度で21日(3週間)借りる場合、26,670円(1日あたり1,270円)となりますので、その差は一目瞭然です。但し、レンタルWi-Fiは複数台同時に利用ができますので、例えば5人でのグループなら一人あたり約5,300円になります。

料金面以外でも、充電を気にするものが1つで済む点もメリットになります。

注意!

渡航先によっては、スマホやBluetooth機器、携帯電話の持ち込みについて注意が必要な国もあります。渡航先の情報をよく把握して安全に通信ライフを送ってください。 例:香港における携帯電話の使用について

■SIMフリースマホの購入

2017年3月現在、各社がSIMフリー対応のスマホを販売しています。大手家電量販店で取り扱っているメーカーの一例です。

Huawei(ファーウェイ) ・ASUS(エイスース) ・FREETEL(フリーテル)

あわせて読みたい

今年の桜はどこで見る?(国内編)

女子ひとり旅のすすめ!ひとり旅に大事なあのこと、このこと

地図