スカイスキャナー ニュース 【機内食特集】みんな大好きシンガポール航空の京懐石料理と女子旅向け”家庭の味”機内食

すべての記事

【機内食特集】みんな大好きシンガポール航空の京懐石料理と女子旅向け”家庭の味”機内食

多国籍な人々が暮らし、文明的にも地理的にもアジアの十字路として人気と注目を集めるシンガポール。今回は2017年度、スカイトラックス社の「ワールド・エアライン・アワード」において、「ベスト・エアライン・イン・アジア」に輝いたシンガポール航空の機内食について、インタビューさせてもらいました。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

マリーナベイ・サンズなど観光スポットが目白押しのシンガポール

上空で味わう本場の“京懐石料理”。ビジネスクラスで人気の和食を味わおう!

シンガポール航空の機内食、と聞くと、まずシンガポールにおける伝統料理を思い出しませんか?知名度はあまり高くないながらも、中華にそのルーツを持つチキンライス、豚肉のスペアリブを煮込んだバクテーなど、実は多様性に富んだ料理がありますが、機内食は和食、それも京都の老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘料理長が監修する、本場の“京懐石料理”が、ビジネスクラスで味わえます。2014年には安倍総理大臣の和食紹介レセプションにて、フランスのオランド大統領(当時)にもその料理の腕を振る舞った「首相の料理人」でもある村田さん監修のシンガポールならではを、和食に取りこんだ機内食はもはや芸術の域です。

村田吉弘氏監修の京懐石料理

見た目も美しい、梅の花をあしらった重箱は、日本を訪れる外国人にとっては、和の真髄である粋とその味のポテンシャルに驚き、シンガポールを訪れる日本人にとっては、まるでお正月のような特別感を機内で感じることができます。

シンガポール行きの航空券をチェックしてみる

美食へのこだわり!機内食の味を追求する鉄人たちのチーム「ICP」とは?

シンガポール航空では、機内食の味を追求するために結成された、スペシャルチーム「ICP」があります。インターナショナル・カリナリー・パネル(International Culinary Panel)と呼ばれるこの“機内食の鉄人たちは、前述の村田吉弘氏をはじめ、イタリア料理、フランス料理、中華料理、ニューアメリカ料理など世界のグルメ大国から招集されたシェフ8人で構成される、まさにグルメ界のドリームチームです。各分野でのトップ・シェフの斬新で豊かな才能が織りなす、クリエイティブなグルメ・メニューはそれだけでもシンガポール旅行のひとつの目的になりそうですね!

インターナショナル・カリナリー・パネル(ICP)の面々

シンガポール行きの航空券をチェックしてみる

(ここだけ話)実はどこよりもウマイと評判の「サテー」は機内にあった

シンガポール・サテーといえば、シンガポールを代表する料理の一つでもあり、直火で焼いたチキン、マトン、またはビーフの串焼き料理のことです。とりわけ、シンガポールという国の独自性を謳う場合、多民族国家であり、食文化もそれに応じて異なることで、マレー系のムスリムへの対応上、豚肉が使えないことで別方面に進化を遂げた“マレー風焼き鳥”であるサテー。香ばしい鶏肉にピーナッツソースがよく合うトラディショナル・ソウル・フードですが、ここだけの話、現地のどこで食べるものより、シンガポール航空の機内で食べるサテーが一番ウマイのだとか。(シンガポール航空内の事情通談)

シンガポール航空内で評判のサテー

こちらの噂のサテーは、ファーストクラス、ビジネスクラスで注文可能です。その実力は実際に食べてみてのご判断。

シンガポール行きの航空券をチェックしてみる

女子旅必見!2018年1月から登場の“インスタ映え“メニュー@エコノミー

「ビーフ or チキンはもう古い」と語るのは今回のインタビューでお答え頂いた、シンガポール航空日本地区広報・業務部長の鹿野さん。健康志向や多様化が進んだことで、海外旅行は昔のような贅沢品から日常化し、機内食に求められるものは「ホッと一息つけるもの」だとか。そこで、生まれた発想が“日本の家庭の味”。

シンガポール航空は2018年に、日本就航50周年という節目の年を迎え、これを記念したさまざまなキャンペーンを開催中。その一環で、この『日本の家庭の味』をテーマにした新メニューを1月から3ヶ月の間、実際に提供を開始することが決まりました。これは、エコノミークラスの旅をさらに快適にするための取り組みとして2017年7月から開始した、日本で広く親しまれている家庭料理をテーマにした機内食の第三弾となります。

ホッと一息、日本のご家庭の味を再現

彩り豊かで座席からスマホで撮影すればきっとフォトジェニック間違いなし。

日本発シンガポール行きの便で新たに8種類の“家庭の味“が、目と舌の両方で楽しめます。特徴は、塩や醤油ベースのヘルシーでも深みのある味わいを限界まで引き出す「麹」を用いたメニュー。グリーンピースの緑と筍のコリコリした食感が口に至福をもたらし、塩糀の味わいをバターソースでとじこめた芳醇な香りが漂う豚ロースでご飯もきっと進む「ポークロインの塩糀バターソース筍ご飯」(左:成田発)、福神漬けがあればもはや和食のカテゴリ、スパイシーなルゥがかぼちゃやニンジンの甘みでできあがる、まさに家庭のカレー的な「和風チキンカレー」(中央:成田発)、鶏そぼろの時点でテンション3割増し、飛行機なのに気分は鉄道の駅弁旅、「鶏八幡二色丼」(右:羽田発)などがラインナップ!

「麹」を用いたメニュー

シンガポール行きの航空券をチェックしてみる

「ホッと一息つける」上に、自分の家にいるかのような寛ぎを機内食で堪能できることで、その後の旅行への英気を養えること確実な取り組みです。そして、外国人のお客様にとっては、これが日本の“おもてなし”食文化の代表であり、世界各国で昨今流行の“弁当”(Bento)にも触れる良い機会になりそう。エコノミー、プレミアムエコノミーでの提供になりますので、フォトジェニック&インスタ映えな「お弁当」機内食をぜひSNSでもシェアしてくださいね。

シンガポール老舗の「ラッフルズ・ホテル」で生まれたピンクのカクテル“シンガポール・スリング”と一緒に撮影するのも、インスタ女子的には外せない!?

伝統と格式のラッフルズ・ホテル シンガポールのシンガポール・スリング

画像は、実際にシンガポールにあるラッフルズ・ホテルからの提供。ホテル内のバーの景観と色のコントラストが素敵なシンガポール・スリング。ラッフルズ・ホテルでも、そして機内でもご賞味ください。

いかがでしたか?今回の取材でお聞きした内容で驚いたことは、シンガポール航空では全エアラインで唯一、地上に減圧室を用意して実際に上空と同じ環境で機内食の研究をおこなっている、という究極のこだわり設備の存在でした。上空では地上と異なり、塩味を感じにくくなり、全体的に薄味と舌が錯覚してしまうことには以前の記事でも触れましたが、テイスティングそのものを、同じ環境でじっくり取り組むことで、“上空舌”への自然なアプローチがおこなわれている事実、「この機内食美味しい!」の裏にはこんな努力が隠されていたのですね。

地上にある減圧室

設立70周年記念!シンガポール人気アトラクションの“どれか1つ”が70%オフになる夢の特典「Your Singapore Passport」キャンペーンのご案内

2017年は、シンガポール航空設立70周年。これを記念して、シンガポール内にある人気のアトラクションの1つに70%オフで入場できる特典「Your Singapore Passport」の提供を開始しました。気になるラインナップはこちら。

  1. マリーナ湾を望む広大な植物園『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』

  2. 動物たちを間近で見ながら世界の大河を大冒険『リバーサファリ・シンガポール』

  3. 11のゾーンに分かれた体験型動物園『シンガポール動物園』

  4. 大空を舞うカラフルな鳥たちの楽園『ジュロン・バード・パーク』

  5. 歴史的建造物が巨大な美術館になった『ナショナル・ギャラリー・シンガポール』

  6. シンガポール最古の博物館『シンガポール国立博物館』

  7. 滞在中のたよりがいのあるオトモ『Wi-Fiルーターレンタル』

キャンペーン詳細はこちら

「Your Singapore Passport」キャンペーン

シンガポール行きの航空券をチェックしてみる

取材協力:シンガポール航空

あわせて読みたい

シンガポール、3つの植物園からなるガーデンズ・バイ・ザ・ベイを徹底調査!

シンガポール航空70周年記念キャンペーンでも取り上げられている「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」を大特集。

【機内食特集】KLMオランダ航空の美しすぎる機内食の数々

チューリップ、風車、運河、チーズなど、色彩豊かな情景と歴史を感じるオランダ。そんなオランダの航空会社、KLMオランダ航空の機内食と機内で出会える芸術性に富んだアイテムをご紹介します。

地図