スカイスキャナー ニュース 混雑から離れ豊かな自然に癒される、秘境の温泉6選

すべての記事

混雑から離れ豊かな自然に癒される、秘境の温泉6選

旅行は楽しみたいけれど、人混みに行くのは心配になるこの時期。混雑を避け、あえてアクセスがしにくい秘境の地で、ゆっくりするのはいかがでしょう。豊かな自然に囲まれて、ゆったりと癒やしの時間が過ごせる国内の温泉を紹介します。

※記事公開時点で各自治体は該当都道府県外からの観光客の受け入れを開始しており、各施設も営業を再開していますが、新型コロナウイルス感染症の状況により方針が変更される可能性があります。最新情報、および観光客向けのガイドラインについては、各自治体・施設の公式サイト等でご確認ください。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した 際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名往復。乗り継ぎ便含む)。2020 年7月28日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 奥能登にひっそり佇む一軒宿【葭ヶ浦温泉】

石川県能登半島の最先端、珠洲岬の金剛崎にある葭ヶ浦(よしがうら)温泉は、海沿いに佇む一軒の温泉宿で有名な温泉地。ここまでたどり着く交通手段は、車かバスのみ。バス停からは、さらに1kmほど歩くという、奥能登の人里離れた地にあります。約50個のランプがやさしく館内に灯る「ランプの宿」は、日本海を望む開放的な露天風呂や、洞窟の中にいるような感覚で海を眺めて入れる洞窟露天風呂など、数種類の露天風呂が楽しめるほか、能登の海の幸を堪能できます。

石川県能登市 葭ヶ浦温泉 珠洲岬
金剛崎 葭ヶ浦温泉
Amstk/shutterstock.com

葭ヶ浦温泉のある珠洲岬には、姫島や能登二見、義経の舟隠しといった岩礁が随所にあり、荒波によって作られた自然の造形美が見られます。天気が良い日には、真っ青な空に映える青々とした海を望むことができる絶景の地で、のんびりした滞在を叶えられます。

石川県珠洲市珠洲岬金剛崎
珠洲岬 金剛崎
mTaira/shutterstock.com

2. 圧巻の渓谷美に囲まれる秘湯【祖谷温泉】

日本三大秘湯のひとつとして知られる徳島県の祖谷(いや)温泉は、切り立つ断崖が続く山奥の渓谷の中にあります。徳島空港から電車とバスを乗り継いで約3時間という秘境の地。ケーブルカーを利用して向かう約170m下にある谷底には、渓谷を縫うように流れる祖谷川の間近に露天風呂があるほか、渓谷の上にある建物の露天風呂付の客室なら、祖谷の大パノラマを見下ろす景観を眺めながら入浴を楽しめます。

徳島県 祖谷温泉
徳島県 祖谷温泉
es3n/shutterstock.com

周囲には、平家の伝説が残る「琵琶の滝」や、日本三奇橋のひとつ、野生のシラクチカズラで編んだスリル満点の吊橋「祖谷のかずら橋」といった名所もあります。夏は木々が緑色に染まり秋は紅葉に染まる、堂々たる祖谷峡の大自然を肌で感じられる地です。

徳島県 祖谷のかずら橋
祖谷のかずら橋
Contrail/shutterstock.com

3. 静かな山あいの温泉地【松川温泉】

開湯からおよそ250年という歴史を持つ岩手県の松川温泉は、十和田八幡平国立公園の南東に位置する温泉地です。盛岡駅からバスで約2時間、標高800mの静かな山あいにあります。乳白色のお湯の泉質は、単純硫化水素泉。温泉の近くには、日本で初めて運転を開始した地熱発電所があるほど、地下マグマの熱エネルギーに恵まれた地として知られています。閑静な自然環境の中で、温泉のパワーを感じられます。

岩手県盛岡市 松川渓谷
松川渓谷
yankane/shutterstock.com

松川温泉のある松川渓流沿いの渓谷美も見逃せないポイント。カエデやモミジ、ブナなどの落葉樹が多いので、春から夏にかけての緑溢れる山々の景観はもちろん、紅葉の時期まで四季折々の風景が楽しめます。夏は周囲にある姥倉山や三ツ石山への登山基地として利用され、冬は近場のスキー場と温泉を楽しむなど、一年を通してさまざまな楽しみがある温泉です。

岩手県八幡平 松川
松川
yspbqh14/shutterstock.com

4. 関空から近い穴場的スポット【犬鳴山温泉】

大阪府泉佐野市にある犬鳴山(いぬなきやま)は、修剣道の霊場として開山された地で、その拠点となっている温泉地が、犬鳴山温泉です。関西空港から1時間という便利な立地にありながら、秘湯ムード漂う山奥の渓谷にあります。宿泊できる温泉宿5軒のほか、日帰り入浴施設もあるので、時間の都合や好みに合わせた滞在ができます。

大阪府 犬鳴山
犬鳴山
HIROSHI H/shutterstock.com

犬鳴山には48の滝があるといわれており、その中でも滝修行が行われる行者の滝を含む7つの滝が有名です。渓谷のいたるところに修験道の行場があり、修験者の姿が見られることもある、神秘的な空気が漂う場所。スギ、ヒノキ、モミジ、カエデといった、日本古来の自然風景が残っているので、森林浴をしながらのハイキング客にも人気です。

大阪府 犬鳴山の滝
犬鳴山の滝
Mirko Kuzmanovic/shutterstock.com

5. 太古の地形が残る雄大な自然【然別湖温泉】

北海道十勝地方の然別湖畔に佇む然別湖温泉は、冬には期間限定(1月中旬〜3月下旬頃)で、湖上露天風呂がオープンすることで知られています。夏は、然別湖を間近に眺めながら、露天風呂での入浴が楽しめます。鉄分を多く含むため、空気に触れるとお湯が茶色の濁り湯になるという源泉。帯広空港からバスで2時間弱かかる温泉地で、北海道の大自然に囲まれながら静かに過ごすことできます。

北海道 然別湖
然別湖
San Hoyano/shutterstock.com

標高800mに位置する然別湖は、北海道で一番高い場所にある湖と言われています。大雪山国立公園では唯一の自然湖。約3万年も昔に起きた噴火によって川がせき止められたことで誕生したといわれています。太古に形成された地形が残る然別湖で、北海道ならではの雄大な自然を存分に感じられます。

北海道 然別湖の観光船
然別湖の観光船
Tanya Jones/shutterstock.com

6. 天然炭酸を含む希少な温泉【湯屋温泉】

日本三名泉として有名な岐阜県の山奥にある下呂温泉より、さらに奥地に入った場所に位置する湯屋温泉は、400年以上の歴史を持つ温泉地です。静かな山の中に佇む湯治場として、古くから知られてきました。名古屋や下呂、高山駅からさらに電車で飛騨小坂駅へ、そこから車で30分程で到着する奥地にあります。

岐阜 湯屋温泉
大洞川に沿った閑静な場所にある湯屋温泉
写真提供:飛騨小坂観光協会

湯屋温泉の特徴は、天然の炭酸を多く含んでいる泉質。全国の温泉の0.5%と言われる希少な高濃度天然炭酸泉です。飲用できる温泉としても知られ、江戸時代の文献では「服用の湯」と紹介されていたほど。山里ならではの落ち着きのある素朴な温泉地で、心和む滞在はいかがでしょう。

湯屋温泉 岐阜
湯屋温泉飲泉場
写真提供:飛騨小坂観光協会

市街地から離れた場所で、温泉につかってのんびり過ごす癒やしのとき。この夏は、人混みを避けて豊かな自然に触れる旅をしてみませんか?

地図