スカイスキャナー ニュース 【渡欧前に確認】ヨーロッパ旅行に忘れてはいけない8つのアイテム

すべての記事

【渡欧前に確認】ヨーロッパ旅行に忘れてはいけない8つのアイテム

これからはヨーロッパが旅行に最適な季節。気候も良く、日差しも降り注いで、外で過ごすのが気持ち良い季節になってきました。今日はそんなヨーロッパにいく前に、知っておきたいあると便利なアイテムをご紹介。

1. サングラス

サングラス
太陽の光が強く感じられるヨーロッパ。特にスペインの南部などは、日差しがとっても強いです。それに湿度が低いからかもしれませんが、夏でなくてもヨーロッパはサングラスが必需品。夜には必要ないので、バッグにいつも入れておけるような、コンパクトなタイプがおススメです。

スペインへの格安航空券をチェックしよう

2. ストール

ストール
夏の南ヨーロッパは暑い日が多いですが、標高が高かったり、ヨーロッパでも北の方は昼間日光が当たって暖かくても、夜や日陰に入ると肌寒く感じることも。また真夏でなければ、ヨーロッパは全体的に、夜は冷えることもあります。そんな時のために、ストールがあるととっても便利です。

その他にもイタリアなどの教会では、ノースリーブや半パンでは入場できない場所もあります。そんな時に、腰に巻いたり肩から掛けたりして、肌を隠すことができるので重宝すること間違いなしです。

飛行機に搭乗中の寒さ対策にもなるので、ヨーロッパ旅行に限らず、ストールは旅行には欠かせないアイテムかもしれませんね。

イタリアへの格安航空券をチェックしよう

3. 薄手のカーデガン

ヨーロッパ旅行には薄手のカーデガンがおススメ
こちらも寒さ対策ですが、直射日光が強い地域では、一枚持っておくと日焼け対策にもなります。アジア地域のように湿度が高くないので、カーデガンを羽織っていてもびっしょり汗をかくこともありません。着ないときは小さくたたんでバッグに入れておけばいいので、持ち歩きにも便利です。

4. エコバッグ

エコバッグ
ちょっとスーパーでお買い物。なんてこと、旅行中でもしたいですよね。そんな時に必要なのかエコバッグ。日本でも最近多くなりましたが、ヨーロッパではほとんどのスーパーの袋は有料です。そんなに高くはないとはいえ、毎回買うのも嫌ですよね。現地で2ユーロほどでかわいいエコバッグも売っていますが、持っているならバッグに入れて持ち歩いた方が、必要な時に売っていないこともあったりするので、安全ですよね。

5. スニーカー

スニーカー
ヨーロッパ旅行では歩くことが多くなります。街を観光するだけでなく、スイスの山や以前にもご紹介したノルウェーのフィヨルドなど、ハイキングに出かけることもあるかもしれません。そんな時には、やっぱりスニーカーが一番。パリやロンドンではオシャレなフラットシューズ、というイメージがあるかもしれませんが、石畳の街中を一日中歩けば、足の裏も痛くなってきます。今日はあんまり歩かず、オシャレしてカフェでお茶したい、なんていう日は別ですが、荷物に制限があるのであれば、クッションがあるスニーカーを持って行く方が無難です。

スイスへの格安航空券をチェックしよう

6. ビーチサンダル

ビーチサンダル
ストラップが細くないものであれば、長く歩いても疲れる可能性は少なくなります。それでなくても、とっても暑い日で、あんまり歩き回ることはないかな、なんていう日は、ビーチサンダルで出かけてもいいかもしれません。

また最近ではヨーロッパのホテルでもお部屋に用意されていることもありますが、スリッパがないホテルもあります。そんな時のために、スリッパ代わりにビーチサンダルを履けば、疲れた足も少しは癒されることでしょう。ビーチサンダルなら場所も取らないですし、一足持って行くのは賢い選択かもしれませんよ。

7. リップクリーム

リップクリーム
空気は思った以上に乾燥しています。なので気が付けば唇がカサカサに、なんてことも起こります。そんな時のために、リップクリームをバッグに入れておけば、安心ですよね。

また、もし日焼けをしたくないのであれば、日焼け止めを持って行くのをお勧めします。現地でも売っていますが、塗ると白くなってしまうものが多いので、可能であるならばいつも使っている日焼け止めを持って行くのが無難です。それに、現地で買った日焼け止めが合わなくて、肌が荒れちゃった、っていうことも、避けたいですものね。

8. ちょっとオシャレな洋服と靴

オシャレしてレストラン
8月はバケーション期間なので、オペラなども上演されないことが多いですが、それ以外の時期にヨーロッパに行くなら、一度は観てみたいオペラやバレエ。最近ではカジュアルな服装の人も増えていますが、やっぱり少しオシャレして出かけたいですよね。

また高級なレストランでも、ビーチサンダルや半袖のパンツでは入場を断られることもあります。せっかくヨーロッパで美味しいものをいただくのですから、オシャレをすれば楽しみが倍増するかもしれませんよ。

ウィーンへの格安航空券をチェックしよう

筆者ご紹介

ライター Hiroko

イベントやテレビの制作をした後、ライターに。アート、ファッション、ライフスタイルと、幅広く執筆。毎日同じことを繰り返すのが嫌いで、同じ場所にも留まっておくことができず、2~3ヶ月に一度は旅に出る日々。現在はパリと東京を行ったり来たりと、さらに旅を満喫中です。

あわせて読みたい

梅雨の日本を飛び出して行くべき旅先5選

5月のバルセロナ 盛りだくさんのイベントを一挙ご紹介!

地図