スカイスキャナー ニュース 旅のお役立ち情報 これで差がつく!インスタグラム(Instagram)徹底活用テクニック

すべての記事

これで差がつく!インスタグラム(Instagram)徹底活用テクニック

2017年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞した、「インスタ映え」。語源は、SNSコミュニケーションアプリ「インスタグラム(Instagram)」に投稿する際に見た目が綺麗であったり、見栄えがする画像を指し、女性を中心に広い世代に浸透しています。今回は、そんなインスタグラムこと”インスタ”をより活用するための使い方から、たくさんの”いいね”を集めるためのちょっとしたテクニックをご紹介します。

投稿を拡散するために重要な『ハッシュタグ』

Twitterなどでも使われているので一般的になりましたが、ハッシュタグとは、ハッシュマーク(#)に特定のキーワードを付けた単語のことです。ハッシュタグがあることで、インスタ内の検索にもヒットしやすくなり、同じハッシュタグを設定した画像がまとまるため、趣味や趣向の合うユーザーも見つけやすくなります。例えば、「#パンケーキ」とハッシュタグを設定すれば、そのタグがついたパンケーキの画像だけに絞り込まれます。

効果的なハッシュタグを自分で設定しましょう

インスタのハッシュタグのルールは「#●●」●●は文字続きである必要があります。アンダーバーやハイフンを入れると、認識されませんのでご注意ください。また、文中にハッシュタグをセットすることもできます。画像のように「#お台場 に #パンケーキ を食べにきました」これで、「#お台場」と「#パンケーキ」2つのハッシュタグがセットされました。「#お台場に#パンケーキを食べにきました」とすると、長文の1つのハッシュタグになってしまうので、それぞれスペースで空けることがポイントです。また、そのハッシュタグがついた投稿の数がどのぐらいかも検索やハッシュタグセット時にわかるようになっています。数が多いものは人気がありますが、その分投稿頻度も高いので公開した画像がすぐに古いものになってしまう懸念もあります。一方で数が少ないものはその心配はありませんが、見る人が少ないため拡散性には乏しい、という一長一短がありますので、バランス良く画像にマッチしたハッシュタグをセットしましょう。

インスタにおけるハッシュタグの目安は10個以上といわれています。せっかく投稿した画像、たくさんの方に見てもらうための第一歩はハッシュタグです。まずは10個以上をセットすることを心掛けてみましょう。

特別なアプリが必要ない『フィルタ』『編集』を使いこなそう

インスタには、特別なアプリケーションを用いずとも画像の複数投稿やフィルタ機能が備わっています。一度の投稿で複数の画像を投稿したいときには、下図のアイコンを選択することで可能になります。どの部分をトリミング(切り抜き)するかの調整はこの時にしかできませんのでご注意ください。選択された画像はそれぞれ個別にフィルタや編集ツールを使って、簡易に加工することができます。

複数選択やフィルタを使いこなそう

フィルタは用途や画像のテーマに応じて異なりますが、特によく利用される編集機能としては、「明るさ」「コントラスト」です。中央のマンゴーを編集ツールから調整したものが右となります。右にスライドすることで、さまざまな編集機能があることがわかります。ここでは、最新の編集ツール機能を一覧にしてみましたので、投稿の際に参考にしてください。(2018年4月10日現在)

編集機能一覧

編集ツール 内容
調整 画像の角度を変更することができます。
明るさ 画像を明るくしたり暗くしたりすることができます。スマホ撮影の画像は露光が足りないことが多いので利用頻度が高いです。
コントラスト 明るさが明度とした場合、コントラストは明暗となります。明るい部分と暗い部分をより際立たせることができます。
ストラクチャ 画像の質感と輪郭を調整できます。
暖かさ 画像全体を暖色気味に変更することで暖かみのあるイメージに仕上げます。
彩度 色の濃さを調整できます。マイナス100にすると色がなくなるため、モノクロになります。
影部分とハイライトを複数のイメージ色から特定の色へ色味を調整できます。
フェード 画像全体が色褪せたようなイメージに仕上がります。
ハイライト 明るい部分だけどより明るくしたり暗くしたり調整できます。
ハイライトとは逆に暗い部分だけをより暗くしたり明るくしたり調整できます。
ビネット 画像の縁(ふち)の部分を暗くすることができます。
チルトシフト 一眼レフで撮影しているかのような、ピントの調整ができます。
シャープ 画像全体の輪郭を強調できます。

お友達は『タグ付け』、位置情報もシェア!あらゆる手段で投稿を拡散しよう!

タグ付け機能は、facebookの登場により一般化しました。同じ画像の中に映っているお友達(ユーザー)を検索してセットすることで個別に通知することができます。タグ付けされたユーザーには、「〇〇さんが投稿にあなたをタグ付けしました」という通知がきます。タグ付けされた画像をタップすることで、吹き出しが表示されるのでわかるようになっています。このタグ付けをされた側は任意でタグを削除することも可能です。(フォロワー同士の場合)インスタでは、人の顔以外にもタグ付けができるので、変な部分に表示されてしまっていることもあるかも?

同じ画像に映っているお友達に知らせよう!

さきほどご紹介した『ハッシュタグ』とは別に、1投稿につき1箇所、『位置情報』を登録することができます。その写真を撮影した場所、関連する場所などを任意にセットすることができる機能となり、リアルタイムである必要はありません。何年も前に撮影した画像に現在の位置情報をセットすることも可能です。この位置情報もハッシュタグと同じような絞り込み機能を持っているため、セットされたスポットに投稿された画像を一覧で見ることができるようになっています。

入力できる部分には全てセットしておきましょう

ここまで、『ハッシュタグ』『タグ付け』『位置情報』をご紹介しました。最低限、人物が存在しない風景写真、フード写真には『タグ付け』は適しませんが、他2種類は最低限、投稿毎にセットするようにしましょう。また、キャプション内でのURLの取り扱いについて、表記は可能ですがリンクはされないようになっています。

ツールを使って他の投稿に差をつける!

インスタにはさまざまなサードパーティツールが存在します。特に何も導入しなくても、最初から複数の画像を1つの投稿にコマ割りしてレイアウトできたり、動物の耳や鼻などを好きな位置にセットできるツールなど、他の投稿に差をつけるためのツールは進んで使ってみましょう!

レイアウトを調整したり顔にパーツをつけたりできる

こちらは1つの画像を9分割にして9つの投稿とすることで、一覧で見たときに1つの画像として認識ができるようになっています。コマ割した一部分を動画にしたり、使い方のバリエーションは無限大!あなただけのこだわりの1枚をつくって、投稿してみましょう。

1つの画像を9分割して投稿するツールもある

スカイスキャナーでも「インスタ映え」の記事がたくさん!

スカイスキャナーでは特にインスタユーザーに参考になるような「インスタ映え」「フォトジェニック」をテーマにした記事がたくさんありますので、ぜひご覧になって、実際に旅行計画に取り入れてみてください!

インスタ映え間違いなし!香港の美しい観光地トップ10

9月に成田‐メルボルンJAL直行便開設!インスタ映えスポット「ブライトン・ビーチ」に行ってみよう!

どこを見てもフォトジェニック!香港で行きたいインスタスポット6選

インスタ映え間違いなし!グアムで話題のビーチバーと豪快!手づかみで食べるシーフード

インスタ映え間違いなし!夏に向かうメルボルンのルーフトップバーでアウトドア飲みを楽しもう!

見るなら今!ラスベガスで大ブレイク中の絶景スポット、セブンマジックマウンテンズ

LAで訪れたい注目スポット!フォトジェニックな空間でワンプレートランチはいかが?

台北リピーター必見!穴場観光ルート「藍色公路」で楽しむフォトジェニックな旅

スカイスキャナーで旅に出てインスタに素敵な写真を投稿しよう

地図