スカイスキャナー ニュース 東京で見たい!絶景の桜スポット3選

すべての記事

東京で見たい!絶景の桜スポット3選

例年3月下旬~4月上旬にかけて、東京都内の桜が咲き誇り、お花見シーズンが到来します。さらに、夜桜のライトアップやさまざまなイベントも各地で催され、どこでお花見を楽しむか迷ってしまいますよね。今回はその中でも特におすすめな、都内3つの桜スポットの魅力を地球の歩き方 東京Web特派員 みみさんに紹介いただきます。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

【その1】ソメイヨシノだけじゃない!新宿御苑は桜の園だった

お花見といえば、ほとんどの名所が「ソメイヨシノ」を中心に植えられていると思います。しかし、新宿御苑には、何と約65種1100本の桜があります。もちろんソメイヨシノもありますが、2月のカンザクラから始まり、4月末の八重桜まで次々といろいろな種類の桜が咲き続けるのでとても人気があります。

「桜の園」新宿御苑

明治時代に国際親善のための皇室行事として「観桜会」が始まり、1917年から1938年までは新宿御苑で行われていました。園内には70種類の桜が植えられていましたが、さらに全国の知事に桜の苗木の提供を依頼して、1919年には、160種、1560本の桜を植樹したのだそうです。現在、新宿御苑でさまざまな種類の桜を楽しむことができるのは、皇室行事の「観桜会」があったからなんですね。

さまざまな種類の桜が咲き続ける新宿御苑

2月中旬から3月中旬までは、カンザクラやカワヅザクラなどが、春の訪れを告げるかわいい花を咲かせます。3月下旬から4月上旬までは、ソメイヨシノはもちろん、オオシマザクラやシダレザクラが華やかに咲き、たくさんの花見客で園内がいっぱいになります。

珍しい種類の八重桜も多く見られる

4月中旬から4月下旬までは、イチヨウやカンザンなどの八重桜がゴージャスな花をつけます。特に八重桜の種類が多いのが新宿御苑の特徴で、黄緑色の花をつけるウコンや緑色の花が珍しいギョイコウなどがとても話題になります。

東京行きの航空券をチェックしてみる

家族連れでも安心してお花見が楽しめる

新宿御苑は桜の種類が多いので、2月から4月までと花を楽しめる期間がとても長く、人気のある公園です。お花見の時期は特にたくさんの家族連れが訪れます。広い新宿御苑の中なら、子供たちが大声を出して走り回っても気にする必要はありません。お花見は、どちらかというと大人の楽しみなので、小さいお子さんたちはちょっと飽きてしまいますよね。

家族連れでも安心してお花見が楽しめる

新宿御苑なら自由に走り回ることができます。また、大人たちもレジャーシートを敷いて横になり、のんびりと過ごすことが出来ます。新宿という都会にいることを忘れるくらい、空が広くてとても気持ちが良いところです。早春のカンザクラから晩春の八重桜まで、次々と美しく咲く桜を楽しむことが出来る新宿御苑で、ゆっくりお花見を楽しんでみませんか。

【スポット情報】 新宿御苑 住所:東京都新宿区内藤町11 開園時間:9:00~16:00(16:30閉園) 休園日:月曜日、年末年始 入園料:大人200円、小・中学生 50円、幼児無料 桜の見頃:例年2月中旬から4月下旬頃 桜の本数:約65種、約1100本 ※アルコールの持ち込み、飲酒が禁止されていますのでご注意ください。 最寄り駅:JR・京王・小田急線 新宿駅南口より徒歩10分

東京行きの航空券をチェックしてみる

追分だんごの喫茶室で甘味に舌鼓

江戸時代、甲州街道から青梅街道の分岐点である「新宿追分」(現在の新宿三丁目交差点あたり)の近くにお店があることから「追分」と名付けられたお店があります。「追分だんご本舗」です。

喫茶室がある「追分だんご本舗」

店頭では、名前の通りお団子がとても有名で、他にも季節によって変わる和菓子が人気です。その奥には喫茶室があります。あんみつやおしるこなどの甘味や自慢のお団子、大福などもいただけます。軽い食事として、きしめんなどもあります。おいしい甘味を求めて、いつもたくさんのお客様で賑わっています。

甘味はもちろん、軽い食事もできる

【スポット情報】 追分だんご本舗 新宿本店 住所:東京都新宿区新宿3-1-22 電話:03-3351-0101 営業時間:販売10:00~20:30 喫茶 平日11:00~19:00、土日祝11:00~20:00 アクセス:東京メトロ 新宿三丁目駅から徒歩3分

東京行きの航空券をチェックしてみる

【その2】やっぱり一度は見ておきたい千鳥ヶ淵の桜

東京で一番有名な桜の名所のひとつ、千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵の桜と言えば、東京で一番有名な桜の名所のひとつです。なぜここに桜が植えられたのでしょうか。 1898年、当時の英国大使館の公使アーネスト・サトウが公使館前の空き地に桜の木を植え、それを東京市に寄付しました。このことが発端となり、千鳥ヶ淵公園が整備されて、たくさんの桜が植えられました。その後は、千鳥ヶ淵沿いにも沢山の桜が植えられるようになったのです。

英国大使館の植樹がきっかけで整備された千鳥ヶ淵公園

1950年に千代田区が観光のために区営ボート場を開設し、1955年にはボート場の周辺に桜並木と遊歩道を設置しました。その後、1979年には現在の千鳥ヶ淵緑道が整備され、桜が植えられました。現在では毎年100万人が訪れる、桜の名所となっています。

東京行きの航空券をチェックしてみる

千鳥ヶ淵でおすすめの桜観賞スポット

桜のトンネルをくぐって歩く千鳥ヶ淵緑道は、全長約700メートルの遊歩道です。ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本が植えられています。遊歩道からも美しい桜を見ることは出来ますが、おすすめは千鳥ヶ淵ボート場にある展望台です。

千鳥ヶ淵ボート場にある展望台が観賞におすすめ

ここからは、一度は見たことのある有名な景色を見ることが出来ます。桜の季節になると天気予報やニュースなどで必ず映る景色です。ただし、展望台は24時間開いているわけではなく、ボート場の営業時間に合わせて開放されるので注意が必要です。

【スポット情報】 千鳥ヶ淵ボート場 住所:東京都千代田区三番町2先 電話:03-3234-1948 営業時間:(2018年) 3月1日~20日 11:00~16:30、3月21日~28日 9:30~17:30、3月29日~4月8日 9:30~17:30 4月9日~15日 9:00~17:30、4月17日~11月30日 11:00~17:30 ※受付時間は営業終了の30分前まで。事前予約不可。 定休日:月曜日(観桜期は無休)、12~2月 ※雨天・強風等の場合は営業中止の場合があります。 利用料金:1そう当たり 30分500円(観桜期は800円)

東京行きの航空券をチェックしてみる

千鳥ヶ淵といえば、やはりボートが有名です。特に桜の季節は、桜を間近に見ながらボートに乗れるということで大変な人気です。ボートに乗るための行列もとても長く、時間帯によっては2~3時間待つこともあるようです。予約ができないので、時間に余裕を持ってお出かけ下さい。また、強風など荒天の場合、ボート場が営業中止になることが多いようです。公式Twitterに最新情報が掲載されますので、確認すると良いでしょう。

桜を間近に見ながらボートに乗れる

毎年、桜の季節には「さくらまつり」が開催され、桜がライトアップされます。「さくらまつり」期間中は、ボートの営業時間が延長されるようです。白く浮かび上がる夜桜を見ながらのボートもとてもロマンチックですね。千鳥ヶ淵周辺には、他にも靖国神社や北の丸公園などの桜の名所がたくさんあります。ゆっくりと桜散歩を楽しんでくださいね。

桜がライトアップされる「さくらまつり」も必見

【スポット情報】 千鳥ヶ淵の桜 住所:東京都千代田区 九段南2丁目から三番町先 最寄り駅:東京メトロ、都営地下鉄 九段下駅、東京メトロ 半蔵門駅から徒歩約5分 桜の見ごろ:例年3月下旬から4月上旬頃 桜の本数:約260本

東京行きの航空券をチェックしてみる

たっぷりの豆とビーフを煮込んだチリビーンズがたまらない

千鳥ヶ淵の近くでおすすめのグルメスポット

千鳥ヶ淵の近くでおすすめのグルメスポットは、チリが美味しい「Chili parlor 9(チリパーラー9)」です。良質の豆とたっぷりの野菜、そしてオーストラリア産牧草飼育牛をコトコト煮込んだ自家製のチリは、ボリュームがありますが、とてもヘルシーな料理です。お好みでライスやパンと合わせて食べることができます。辛味はテーブル上のホットソースでどうぞ。

人気ベーカリー「FACTORY」のパンを使ったホットドッグ

このお店は、近くの人気ベーカリー「FACTORY」の系列店で、パンは全て「FACTORY」のものを使っていて、ホットドッグやサンドイッチも大人気です。また、チリパーラーナインの名物は、テーブルに置かれた「自家製コールスロー」と「自家製ピカリリ(ピクルス)」で、これらを自由に食べられるのも人気です。ランチタイムは行列が出来ることもありますが、おすすめのスポットです。

【スポット情報】 Chili parlor 9 (チリパーラー9) 住所:千代田区九段南3-7-12九段玉川ビル1F 電話:03-3234-2309 営業時間:月~金曜日 8:00~22:00、土曜日 9:00~18:00 定休日:日曜日 アクセス:東京メトロ 九段下駅から徒歩10分

東京行きの航空券をチェックしてみる

【その3】目黒川を覆う桜のトンネルの美しさにため息

目黒川の桜は、とても人気があります。東京のお花見人気ランキングでは、いつも上位に入っているようです。人気が高い理由は、駅からすぐというアクセスの良さもありますが、目黒川に覆いかぶさるように咲く桜のトンネルの美しさにあるのではないでしょうか。

桜のトンネルが美しい目黒川

目黒川には、約4キロメートル、約800本のソメイヨシノが植えられています。それぞれが水面を覆うように枝を伸ばし、桜のトンネルを作っています。目黒川には小さな橋が多くかかっていますので、そこから写真を撮ると、桜のトンネルを美しく撮ることが出来ます。桜の枝が下の方まで伸びているので、桜の花と一緒に写真撮影がしやすいのも特徴の一つです。

桜の花と一緒に写真撮影がしやすい

東京行きの航空券をチェックしてみる

目黒川は、中目黒や代官山という人気の街から近い場所にあります。そのためか、川沿いや目黒川付近にあるカフェやレストランなどがとても個性的でオシャレです。お花見に来ている方々も、若い方が比較的多く、カップルの姿も多くみられます。代官山などでの買い物や食事と合わせて気軽にお花見が出来ます。また、夜は提灯に明かりが灯り、お祭り気分で夜桜を楽しむことができます。

夜は提灯に明かりが灯り、幻想的な雰囲気に

お花見と言えば、おいしいお酒や食べ物が気になりますよね。しかし、残念なことに、目黒川沿いの桜スポットでは宴会などが禁止されていて、シートなどを敷いて飲食をすることができません。でも、目黒川沿いでは、たくさんのお店が出店しており、食べ歩きやちょい飲みを楽しむことが出来ます。

個性的でおいしいものが揃う目黒川沿い

一般的な露店はあまり出ておらず、川沿いや近隣のお店が出店しているので、個性的でおいしいものが食べられるようです。お酒もあり、桜のモチーフのスパークリングワインや、ホットワインなども人気のようです。

東京行きの航空券をチェックしてみる

目黒川ならではの桜の楽しみ方

目黒川の桜はとても人気で、毎年大変な混雑となります。出来るだけ早い時間に出かけることをおすすめしますが、そんなに早くは行けないよ!という方に、おすすめの方法があります。

目黒川ならではの桜の楽しみ方

それは、満開を数日過ぎたころに行くことです。明らかに人出は減りますし、目黒川ならではの楽しみ方ができます。それは、「花筏」です。散った花びらが川面いっぱいに流れていく様子と、桜色に染まった川はとても美しいです。また、風が吹くたびに舞い落ちる桜吹雪もとても素晴らしいので、ぜひ体験してみてください。歩きながら見る桜は、また一味違ったとても美しいものです。

【スポット情報】 目黒川の桜 住所:東京都目黒区大橋から下目黒近辺 最寄り駅:東急東横線・東京メトロ 中目黒駅 徒歩約1分 桜の見ごろ:例年3月下旬から4月上旬頃 桜の本数:約800本(ソメイヨシノなど)

東京行きの航空券をチェックしてみる

1人1鍋!農家直送30種類の野菜とお肉をしゃぶしゃぶ食べ放題

目黒川でおすすめのグルメスポットが「しゃぶしゃぶ れたす」です。お鍋が1人に1つずつあることが特徴で、極み和出汁をはじめとして、クリーミー豆乳だし、薬膳麻辣火鍋など8種類から出汁を選べます。1人ずつ別の鍋になるので、複数で行っても好きな出汁が選べるのがうれしいですね。

1人1鍋が嬉しい「しゃぶしゃぶ れたす」

注文を済ませると、はじめに「先出野菜」が出てきます。まるでお刺身の船盛のようにレタスや白菜、大根などが山盛りで出てくるのです。この店では約30種類の農家直送野菜があり、特に店名にもなっているレタスは、常に6~7種類があります。もし食べきれなくても大丈夫。先出しの野菜は残ったらスムージーにして出してくれます。そういった細やかな心遣いが人気の秘密だと感じました。

先出しの野菜は残ったらスムージーにもできる

しゃぶしゃぶ食べ放題の店ですが、たくさんの野菜やきのこを食べられたり、新鮮野菜を使った前菜などもありますので、ダイエット中の方でも罪悪感はなく楽しめるかもしれません。人気のお店なので、事前の予約をおすすめします。

【レストラン情報】 しゃぶしゃぶ れたす 住所:東京都目黒区上目黒2-12-1アックスビル中目黒2階 電話:03-6451-2920 営業時間: 月~金曜日 ランチ 11:30~15:00、ディナー 17:00~24:00 土日祝 11:30~24:00 定休日:年末年始 アクセス:東急東横線・東京メトロ 中目黒駅から徒歩約2分

東京行きの航空券をチェックしてみる

「桜の園」新宿御苑、ボートからの絶景が楽しめる千鳥ヶ淵、桜のトンネルが幻想的な目黒川を紹介しました。他にも東京都内にはたくさんの桜スポットがあります。お気に入りのスポットを見つけて、東京でお花見を楽しんでみませんか。

筆者ご紹介

地球の歩き方 東京Web特派員 みみ

街歩きが大好きで7年前にブログを始めました。 東京はとにかく移り変わりが激しく、街を歩いていても飽きることはありません。東京らしい話題の場所やグルメはもちろん、季節の花が咲く穏やかで美しい東京の旬な情報を地球の歩き方 東京Web特派員ブログよりお届けしています。


あわせて読みたい

春よ来い!約1,500本もの梅の花が咲き誇る京都・北野天満宮

菅原道真公を祭る「北野天満宮」では、春の訪れとともに約1,500本もの梅の花が咲き乱れます。梅の名所としても名高い「北野天満宮」の魅力を紹介します。

グラデーションの桜が絶景!春の吉野山「一目千本」

シロヤマザクラを中心に約200種・約3万本の桜で山々が彩られる奈良県にある吉野山は、古くから「一目千本」と称えられるほどに多くの桜が咲き誇る桜の名所です。一度は見ておきたい桜の名所、吉野山の桜情報と名物グルメ、名産品を紹介します。

地図