スカイスキャナー ニュース ファッションコーディネーターが厳選!旅に持って行きたい靴4選

すべての記事

ファッションコーディネーターが厳選!旅に持って行きたい靴4選

旅行の準備をしていると、洋服選びはもちろんのこと、靴選びも意外と悩みますよね。歩きやすさを重視しすぎて”THE観光客スタイル” になっていませんか?今日は、前回の旅の服選びの記事に引き続き、インスタグラムで紹介する旅先ファッションが注目を集める、ファッションコーディネーター佐藤匠さんに、旅の靴選びのコツを教えてもらいます。

旅にはどんな靴を持っていけばいい?

ニューヨーク アッパーイースト
ニューヨーク行き航空券をチェック

4日〜1週間の旅に私が必ず持っていく靴は、スニーカー2足、フラットシューズ1足、ヒール1足の合計4足です。

その内、1足のスニーカーは、行き帰りの機内で履いています。例えば、5月にニューヨークへ6日間行った時には、写真の4足を下記のような行程で履き回しました。

到着日 スニーカー①
2日目  スニーカー① →SOHOエリアでショッピング
3日目  フラットシューズ →知人とアッパーイーストでランチ
4日目  スニーカー②  →電車で遠出観光
5日目  ヒール→ お洒落なレストランでブランチ
帰国日 スニーカー①

同じ靴を毎日履き続けると足は疲れやすくなります。歩きやすいお気に入りの靴を中心に、シチュエーションに合わせて、履き回しをすると、足の疲れも解消しながらおしゃれができますよ!           
また、冬の時期には、防寒対策のためにスニーカーを1足減らして、ショートブーツにしても良いですね。

 ストックホルム 海沿いを散策
ストックホルム行き航空券をチェック

しかし、あまり大荷物にしたくないことは大前提です。それでは具体的にどんな靴が必要か見ていきましょう。

基本アイテム①:往復のスニーカー

安全面を考えると、飛行機を含んだ往復のスタイルはスニーカーがおすすめです。また、スニーカーはかさばりやすいので、履いて持っていきましょう。簡単に履きやすい、足になじんだものだとより良いです。

私は、足になじんで、ひもの締め直しをしないコンバースを履いていきます。

空港・乗り継ぎ中

基本アイテム②:お助けスニーカー

お気に入りのスニーカーを旅行中に履き続けることも良いですが、万が一雨に濡れたら?何かのトラブルで履けなくなってしまったら?と考えるともう1足ある方が安心です。

現地調達も良いですが、探す手間や靴ずれのことを考えると心配ですよね。2番目に良く履くスニーカーを持っていきましょう。また、去年までよく履いていた、なんていうスニーカーは旅行の時に再度活躍するので、靴箱で大事に保管しておくと良いですよ。

ニューヨーク・グランドセントラル駅
ニューヨーク行き航空券をチェック

基本アイテム③:きれいめフラットシューズ

観光地を歩く上ではスニーカーが最適ですが、ローカルなおしゃれエリアに行く時や、ホテルで朝食をする時には、少しだけおしゃれをして行ってみましょう。黒のシンプルなフラットシューズはどんなコーディネートにも合わせやすいので、1つあると安心です。

ストックホルムのホテルで朝食
ストックホルム行き航空券をチェック

基本アイテム④:思い出の1日のためのヒール

最終日の夜のビッグディナーやオペラ鑑賞等、旅ならではの思い出のイベントでは、ヒールを履きましょう。こういった場では、現地の人々もドレスアップして参加しています。まさに、“郷に入れば郷に従え“ですね。

仕事で履き慣れているヒールでも、普段なかなか履かないお気に入りのヒールでも良いです。ヒールは女性を美しく魅せてくれるとっておきのアイテムです。ぜひ、ヒールと共に最後の旅の思い出を作りましょう。

ロンドン・コッツウォルズのマナーハウス
ロンドン行き航空券をチェック

おまけアイテム:着圧ソックス

足の疲れを解消するアイテムでおすすめは、着圧ソックスです。お風呂上がりに足をマッサージして、着圧ソックスを履いて寝るだけで、次の日の足の負担がグッと楽になりますよ。

マッサージ後は着圧ソックスがおすすめ
Natthawon Chaosakun/Shutterstock.com

旅の豆知識:靴のパッキング術

履きやすい靴を最適な状態で持っていくことを心掛けましょう。靴は型崩れすると、普段履き慣れていても靴ずれを起こしやすくなります。巾着袋に入れて負担の掛からない状態で持って行くと安心ですね。

靴専用の巾着袋があると便利

ヒールは、写真のようにつま先をかかとに差し込むようにして持ち運ぶと、型崩れしません。荷物に押し潰されてしまう形の靴は、新聞紙を詰めて形を保持します。


旅をする上で靴はキーアイテムです。靴を変えるだけでおしゃれに、そして快適に過ごせます。ぜひ参考にして、旅を充実させてください!

旅の服選びのコツは「ファッションコーディネーターが厳選!旅に持っていきたい服5選」で紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。


著者プロフィール

佐藤匠
ファッションコーディネーター/2MOLTプロデューサー


東京生まれ東京育ち。雑誌JJでは代表読者として単独企画を持ち活躍。ファッションコーディネーターとして様々なブランドとコラボした実績があり、お洒落なライフスタイルとセンスの良さで多くの女性から支持される。旅好きとしても知られ、インスタグラム(@hello_takumi)で紹介する旅先でのファッションにも注目が集まる。

  

地図