新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 【連載:週末海外の極意21】最高の旅をスタートする!行きの機内での過ごし方

すべての記事

【連載:週末海外の極意21】最高の旅をスタートする!行きの機内での過ごし方

週末を使って海外旅行を満喫している”リーマントラベラー” 東松寛文さんの連載企画。フライト中をいかに快適に過ごすかによって、旅全体の充実度も変わります。現地に着いた瞬間から元気いっぱい動けるようにするための、リートラ流・行きの機内での過ごし方とは?

海外旅行を初日から全力で楽しむには、行きの飛行機の中でいい過ごし方をすることが大事。それがすべてを決めるといっても過言ではありません。僕は毎回エコノミークラスで渡航するのですが、狭い座席でも自分なりの方法でリラックスしたり、熟睡したりして、数時間後から始まる観光に備えます。特に週末を使った海外旅行で、深夜発のフライトを利用したとき、機内で寝られないとそれが命取りになりかねません。

今回は、週末旅行を繰り返している僕が実践している、“最高の旅のスタートを切るため”の行きの機内での過ごし方を紹介します!

空港 出発
仕事の帰りに空港へ向かう時もこの方法を実践しています!

1.“三種の神器”を持参せよ!

飛行機に乗る前から戦いは始まっています!機内での体力回復に欠かせないグッズは、搭乗前に準備しておきましょう。僕が飛行機に乗る時に、欠かさずに持っていく物は3つあります。

ノンカフェインの栄養ドリンク
平日の仕事で疲れた体を最大限労るために、おやすみ前に栄養をチャージ!機内で眠るためには、間違ってもカフェイン入りを飲まないように気をつけましょう。

着圧スパッツ
機内では足がむくみ、それが疲れにつながります。着圧スパッツで少しでもむくみを軽減してあげましょう。僕はスポーツでのリカバリー用の着圧スパッツを持参し、空港に着いたら穿くようにしています。

ホットアイマスク
栄養補給&むくみの対策をしたら、機内に乗り込み、眠る直前にホットアイマスクを装着しましょう。普通のアイマスクのように光をさえぎることもでき、さらに目元が安らぐ!一石二鳥!

アイマスク 栄養ドリンク 着圧スパッツ
これが僕の“三種の神器”

ノンカフェインの栄養ドリンクとホットアイマスクは空港でも買えるところが多いので、あらかじめ準備するのを忘れてしまっても安心です。これにマスクも加えたら、もう怖いものはありません。

2.機内エンターテンメントは自分で充実させよ!

映画をはじめとした機内エンターテイメントが飛行機に乗る楽しみの一つ、という人も多いのではないでしょうか。もちろん僕もその一人!まだ日本では未公開の映画のラインナップが一番楽しみですね。

しかし、長時間や外国の航空会社によるフライトとなると、少し事情が異なります。気になる映画が数本しかなく、すぐに見終わってしまったり、日本語対応の作品が極端に少なかったり、そもそもモニターがついていなかったり・・・。可能な機体ならWi-Fiをつなぐという手もありますが、通信料を払ってまでつなぐ気にはなかなかなりません。

機内エンターテイメント
Aureliy/Shutterstock.com

そこで僕は、必ず、NetflixやAmazon Prime Video、Huluといった動画配信サービスや電子書籍などのアプリを使い、作品を事前にスマホにダウンロードして、オフラインでも見られるようにしておきます。

スマホにダウンロードしておけば、機内アナウンスがあっても中断されることはありません。また、搭乗前の待ち時間から見始めることができるので、僕は最近はスマホダウンロード一択です。

なお、サービスや作品によっては海外でダウンロードできない場合があるので、日本で事前に行っておくことをおすすめします。

機内 スマホ

3.機内食を最適化せよ!

深夜や早朝のフライトだと、食事をとるタイミングが難しい・・・結局迷った結果、搭乗前も機内でもがっつり食べてしまい、満腹で寝付きが悪くなったり、到着後に胃もたれから旅がスタートしたり。それではもったいない。

僕は、機内食の変更を事前にリクエストできる場合は、フルーツミールなど健康的なメニューに変えています。深夜や早朝にフルで食事するのを避けて睡眠に集中できるだけでなく、現地に着いた瞬間から爆食いスタート可能!

フルーツミール 機内食
一人暮らしの僕がこんなにもフルーツを食べられるのは、機内だけです(笑)

また、機内食を変更すると早いタイミングで届けられることが多いので、早く食べ終えて、すぐに寝ることも可能です。睡眠のために1分も無駄にしたくない場合にもピッタリですね。

ここまで対策しておけば、エコノミークラスでも、きっと最大限体力が回復することと思います。三種の神器の準備をし、コンテンツをスマホにダウンロードし、機内食を変更して、最高の旅のスタートを切りましょう!


リーマントラベラー東松さんの連載企画「週末海外の極意」、過去の記事はこちら!


著者プロフィール

東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
リーマントラベラー・休み方研究家

1987年岐阜県生まれ。神戸大学卒業後、平日は激務の広告代理店で働くかたわら、週末で世界中を旅する“リーマントラベラー”に。また、週末で人生を変えた休み方のスペシャリストとして“休み方研究家”としても活動する。社会人3年目に旅に目覚め、7年間で58カ国123都市に渡航。2016年、3カ月で5大陸18カ国を制覇し、世界一周を達成。『地球の歩き方』から旅のプロに選ばれる。以降、TV・新聞・雑誌などのメディア出演・執筆多数。全国各地で講演も実施。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革』(徳間書店)。
Blog| http://www.ryman-traveler.com/