スカイスキャナー ニュース 【連載:週末海外の極意⑤】旅の満足度を上げる20のアイデア

すべての記事

【連載:週末海外の極意⑤】旅の満足度を上げる20のアイデア

週末を使って海外旅行を満喫している”リーマントラベラー” 東松寛文さんの連載企画。今回は、旅の満足度を上げるとっておきのアイデアを教えてもらいました。ちょっとした工夫で旅が何倍もワクワク楽しくなるアイデア満載。次の旅行から早速取り入れてみませんか?

1. 海外旅行を続けるワケ

時間もお金もかかる海外旅行だからこそ、せっかく行くのであれば、できる限り、“満足度”は高めたいものです。

僕は平日はサラリーマンをしているため、海外旅行へは、週末や三連休といった短い休みで行くことがほとんど。それでも、旅にはまって6年が経ちますが、いまだに年間10回以上のペースで海外旅行に行き続けています。

なぜ飽きることなくそんなに行き続けられるのか。それは、たとえ短い休みでも、現地での“満足度”が高すぎるからです。満足度が高すぎると、不思議なことに、買うときには高かったはずの航空券が、帰るときには、安かったかも?と勘違いしてしまうのです。そして数ヶ月経ったら、ついつい、また海外旅行に出かけてしまいます。

すベての場所から航空券を検索
海外旅行
Montri Thipsorn/Shutterstock.com

しかしながら、最近の海外旅行は、一般的には、以前より満足度が下がる傾向にあると思います。なぜなら、ほとんどの情報や画像がスマホで確認できるからです。

かつては、海外旅行といえば、発見の連続でした。情報といえば、ガイドブックくらいで、現地に着いてもWi-Fiは使えず、地図と自分の勘を頼りに歩くしかありませんでした。もしくは、ツアーに参加するか。

しかし、今はWebに情報が溢れてしまっており、海外旅行も、もはや“確認作業”になってしまっています。下手したら、現地で本物を見るより、Webで見つけた写真の方が綺麗だったなんてことも・・・。

そんな中、僕は満足度が高い海外旅行を実現してきました。せっかく行く海外旅行であれば、最大限満足度を高めたいあなたへ。今回は、そんな“旅先での満足度を高めるプロ”である僕が実践している、旅の満足度を上げる20のアイデアを紹介します。

旅行 アイディア TODOリスト

2. 満足度を上げる鍵は「お約束」と「オリジナル」

定番のツアーに参加したり、ガイドブックに載っているおすすめばかりめぐったりしても、なかなか満足度は高められません。それはいわば、“確認作業”。また、みんなが行ったことのあるような場所では、なかなかインスタ映えも狙えません。

そんなのもったいない!

しかしながら、ガイドブックも見ずに、何も予定を立てずに行くのも不安すぎると思います。そこで僕が提案するのは、「お約束」と「オリジナル」を織り交ぜた旅です。

まずは「お約束」。この後紹介する「オリジナル」の効果を最大限高めるためにも、この「お約束」が重要になってきます。どこの観光地にも超定番のスポットがあると思います。ニューヨークであればタイムズスクエア、パリであればエッフェル塔、バルセロナであればサグラダファミリア・・・。これがいわば、旅のお約束。

パリ エッフェル塔

まずは、旅先に着いたら、そこへ行き、お約束を制覇しておきましょう。ここまでは規定演技なので、満足度が高まることはありません。しかしながら、お約束から最低限の満足度を得ておくことが重要です。その上で、「オリジナル」を付け加えることで、旅の満足度を高めることができるのです。

「オリジナル」では、人と被らないようなアクティビティや、ガイドブックに載っていないアクティビティを狙いましょう。確認作業ではない、オリジナルのアクティビティこそ、旅の満足度を一気に高めてくれます。と言っても、「どんなことをしたらいいの?」と思われた方も多いはず。別にそんなに難しいことに挑戦する必要はありません。

世界地図を見ながら航空券を検索

それではここで、僕が実践している、旅の満足度を上げる20のアイデアを紹介していきます。

ラオスで象使いになる!?
ラオスで象使いになる!?
ラオス行き航空券を確認 往復40,956円〜

3. 旅の満足度を上げる20のアイデア

1.レンタカー/レンタルバイクを運転

2.現地の民族衣装を着る

UAEで民族衣装を着て砂漠へ
UAEで民族衣装を着て砂漠へ
アラブ首長国連邦(UAE)行き航空券を確認 往復44,143円〜

3.本当は日本でも着たいけど、ちょっと恥ずかしくてなかなか着られない服を着る(タンクトップ、短めの短パン、ビキニなど)

4.現地の布で服をつくる

5.スポーツ観戦時に応援するチームのユニフォームを着る

アメリカでNFL観戦

6.雑誌などのパロディ写真を撮影

7.現地の市場を見学

8.現地の人しか行かないレストランへ行く

9.日本で流行している店の発祥の地/本店へ行く

10.キャンプやBBQをする

11.地元でしか食べられないものを食べる(ゲテモノや地元のお酒など)

エルサルバドルでイグアナ料理に挑戦
エルサルバドルでイグアナ料理に挑戦
エルサルバドル行き航空券を確認 往復114,599円〜

12.温泉やサウナへ行く

13.床屋や美容院へ行く(散髪、シャンプー、髭剃り)

14.クラブへ行く

15.早起きしてランニング/筋トレ

16.映画やアニメ、有名人の聖地巡礼

中国で漫画「キングダム」の聖地巡礼
中国で漫画「キングダム」の聖地巡礼
中国行き航空券を確認 往復19,157円〜

17.登山やマラソン大会などに参加

18.現地の人と写真を撮る

キューバで現地のおじいさんと一緒に記念撮影
キューバで現地のおじいさんと一緒に記念撮影
キューバ行き航空券を確認 往復164,833円〜

19.日本のことを紹介する現地のガイドブックを見てみる

20.日本未上陸の商品・サービスを探す


僕はこのような、人とはなかなか被らないアクティビティを旅の中に盛り込めるだけ盛り込んで、自分「オリジナル」の旅を完成させます。すると、めちゃくちゃ満足度の高い旅に仕上がることがほとんどです!

日本で調べてもなかなか見つからないこともあります。そんな時は、思い切って、現地の人にヒアリングすると良いでしょう。しかし、なかなか突然声をかけるのは難しいと思いますので、そんな時は、写真撮影をお願いした人やタクシーの運転手などに、お願いした流れで聞くのが良いでしょう。僕はいつもそうして現地の情報を仕入れています。

このアイディアは、あくまで一例ですので、皆さんにとってのベストな「オリジナル」のアクティビティを見つけて盛り込むことで、旅の満足度はもっと高められると思います。

さあ皆さん、次の旅は、「お約束」ばかりの定番の旅ではなく、「お約束」に「オリジナル」をふんだんに織り交ぜた旅をして、満足度が高い旅をしてみてはいかがでしょうか。

LAの映画「LA・LA・LAND」撮影地でなりきり撮影(※一人です)
ロサンゼルス行き航空券を確認 往復58,914円〜

著者プロフィール

東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
リーマントラベラー・作家



東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
リーマントラベラー・作家

1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。2016年、3か月で5大陸18か国を制覇し「働きながら世界一周」を達成。同年、地球の歩き方から旅のプロに選出される。現在、東洋経済オンライン、CLASSY.等で連載・執筆中。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』。
Blog| http://www.ryman-traveler.com/

リーマントラベラー東松さんの連載企画「週末海外の極意」、過去の記事はこちら!

地図