新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 年末年始に3万円以内で行ける国内の旅行先3選

すべての記事

年末年始に3万円以内で行ける国内の旅行先3選

2021年最後の休暇、3万円で行ける国内の旅行先のご紹介です。なかなか自由に海外旅行ができなかった今年は、国内を旅行する予定の方も多いことでしょう。行き先が決まっていない方はぜひ参考にしてくださいね。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから出発日2021年12月29日、現地出発日2022年1月3日で検索した際の最安価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便、乗継便含む)。2021年12月1日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 名湯・片山津温泉でのんびり|小松

寒さ厳しい北陸の旅には温泉は外せません。小松空港から特にアクセスがいいのが、車で約20分の距離にある、柴山潟の湖畔に佇む「片山津温泉」。江戸時代に発見された歴史の古い温泉で、保温効果が長く続き湯冷めしにくいとあって、女性に人気。柴山潟にはアイコニックな「浮見堂」が建ち、湖畔からは浮桟橋でつながっているので気軽に歩いていくことができますよ。

柴山潟の湖畔には、近代的なガラス張りの建物が佇んでいます。こちらは温泉観光施設「加賀片山津温泉 総湯」で、柴山潟を眺望する雄大な景色が自慢の「潟の湯」と自然に囲まれた「森の湯」2つの大浴場があり、温泉をのんびり楽しめます。ガラス張りの開放的な空間の建物の中にはカフェもあり、眺望抜群です。

片山津温泉の街から散歩がてらに訪れられるのが、地元の人から「お薬師さん」の愛称で親しまれている「愛染寺」。境内からは加賀のシンボル霊峰白山や柴山潟を望む、雄大な景色を眺望できます。こちらのお寺で特に有名なのが、縁結びの「一心絵馬」。ハート型をはめ込むユニークな形の絵馬が話題です。ロマンティックな絵馬で、新年のお願い事をしてみてはいかがでしょう。

2. 迫力の夜景やイルミネーションを愉しむ|大阪

冬に大阪を訪れるなら、まずは都会の雰囲気を満喫できる夜景を。近鉄けいはんな線荒本駅のすぐ近くには、日本夜景遺産に選ばれた夜景スポットがあります。無料でアクセスできる「東大阪市役所22階展望ロビー」は、地上100メートルの最上階からは大阪市全域が見渡せ、大きな弧を描く東大阪JCTを含む、ダイナミックな夜景が楽しめます。

大阪市内では、毎年冬になると各所でイルミネーションイベントを実施。中心街の「御堂筋イルミネーション2021」や、水都大阪の象徴的な中之島エリアの「OSAKA光のルネサンス2021」は、12月31日(金)まで開催されています。大阪ベイタワーのアトリウム2階で実施される「音と光のウインターイルミネーション 2021」は1月31日(月)まで。年始に入ってからも楽しめるイルミネーションスポットです。

初詣に訪れるなら、大阪らしい遊び心溢れるおみくじを引ける「姫島神社」はいかがでしょう。西淀川にあるこの神社の別名は、「やりなおし神社」。御祭神の「阿迦留姫命(あかるひめのみこと)」が、夫と別れてからこの地で人生を再出発したという伝説があり、「決断と行動の神様」として特に女性に人気です。

転がっても起き上がることで縁起のいい、だるまをを模した「姫だるまみくじ」で、新しい年の運気を占ってみましょう。

3. インスタスポット満載の冬の街|広島

広島の冬は写真に収めたいスポットがたくさん。その一つが広島の冬の風物詩、「ひろしまドリミネーション2021」です。広島市街地の通りや商店街、商業施設など各所が電飾で彩られる美しいイルミネーションは今年で20回目を迎え、日本夜景遺産に指定されました。平和大通りでは、約140万球のライトで「おとぎの国」を演出。今季は2022年1月3日(月)まで実施される予定です。映えスポットを探しに訪れてみては?

また広島で秋から冬にかけて見られる絶景として、ひそかに話題を呼んでいるのが、広島市安佐北区に位置する「荒谷山」からの雲海。標高620メートルの頂上からは山々を這うように広がる美しい雲海が見られるのだそう。雲海が出やすいタイミングは、湿度が高く、前日との気温差が大きい快晴の早朝。頂上まで車でアクセスできるとあって、注目を集めています。

広島にはさまざまなご当地料理がありますが、新名物としてチェックしておきたいのが「レモン鍋」。実は広島はレモンの生産高が全国1位なのだとか。ほとんどが、しまなみ海道沿いの生口島や高根島で収穫されているのだそうです。瀬戸内の魚や野菜がたっぷり入った鍋の上にレモンが敷き詰められた「レモン鍋」。レモンの風味が食欲をそそる、冬に食べたい郷土料理です。