地図

福岡 (FUK) 発 - チェジュ(済州) (CJU) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なチェジュ(済州)行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - チェジュ(済州)行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥9,092

直行便航空会社

0

平均飛行時間、合計距離367 km

3 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

大韓航空 (Korean Air)

チェジュ(済州)

1 空港

よくある質問

チェジュ(済州)には 1 つの空港があります。チェジュ(済州)です。
スカイスキャナーで見つけた福岡からチェジュ(済州)までの最安フライト料金は、¥9,092です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡からチェジュ(済州)までの平均フライト時間は3 時間 25 分です。
福岡からチェジュ(済州)への直行便を出しているエアラインはありません。

福岡からチェジュ行き ルートの基本情報

チェジュ島は韓国最南端にある島で「東洋のハワイ」ともいわれるリゾート地です。世界自然遺産に登録されている観光スポットも多く、雄大な自然や美しいビーチが広がっています。ゴルフやカジノのほか、ショッピングやグルメなど魅力の多い海外旅行先です。福岡からは直行便が就航していませんが、乗り継ぎ便を利用すれば最短3時間25分でチェジュ島までアクセスできます。

福岡-チェジュ 直行便を就航する主な航空会社・LCC

チェジュ航空

福岡-チェジュ線は運休が続いていましたが、2019年7月よりチェジュ航空が直行便を開設。直行便を利用すれば、チェジュまでわずか1時間30分のフライトでアクセスが格段に良くなりました。 チェジュ航空は済州国際空港を拠点空港とし、韓国国内をはじめ、日本・中国・グアムへの路線を就航しています。LCCでは事前座席指定や手荷物許容量を追加オプションとして購入可能。旅行のスタイルにあわせて必要なサービスを選べます。

定期便の便数

チェジュ航空:週3便 (火・木・土)

週3便の運航で、曜日ごとにフライト時間が10分ほど前後するので、予約時にフライトスケジュールを確認しましょう。直行便はお昼のフライトで、チェジュには午後到着。到着当日もレジャーやグルメを楽しめる便利なスケジュールが設定されています。

直行便以外のアクセスルート

福岡-チェジュは直行便のほか、釜山での乗り継ぎも便利です。福岡から釜山まではわずか50分、釜山からチェジュも1時間という短時間のフライト。選択するフライトにもよりますが、最短3時間25分でチェジュに到着します。釜山金海国際空港で荷物の預け直しが必要なケースもあるので、事前に航空券の利用条件を調べておきましょう。釜山-チェジュ間は便数も多く、乗り継ぎ時間を利用して釜山で食事やショッピングも楽しめます。

路線の概要・メリット

福岡発-チェジュ行き航空券の相場
夏休みや大型連休は旅行需要が増えるため、航空券の相場も高くなります。LCCでは需要動向やフライトごとの空席予測に基づいて運賃を設定。直行便の場合、通常期の往復航空券は13,000~16,000円台が相場です。8月のピーク期も23,000円台で、乗り継ぎ便よりも安い価格の航空券を利用できます。釜山での乗り継ぎ便を利用する場合は、23,000~24,000円台が相場になります。

路線の特徴
年間を通して人気のある路線ですが、直行便の再就航によりアクセスが格段に良くなりました。旅行客の利用がメインですが、チェジュ島内にはおしゃれなスポットも多く、女子旅の旅行先としても人気急上昇中です。なお8~9月の台風シーズンはチェジュ島も影響を受けることが多いので、悪天候による欠航時の航空券の取扱などは事前に調べておくと安心です。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は、九州で最大規模の空港で国内線28路線・国際線23路線の定期便が発着しています。国際線は東アジア・東南アジアの主要都市からの定期便がメインですが、ヘルシンキ (季節運航) やグアムにも路線を展開。また2019年度内に運休が続いていたハワイ ホノルル線も運航再開が決定し、国際線のネットワークも拡充されつつあります。2019年3月には国内線ターミナルには「地下鉄アクセスホール」がオープンし、地下鉄改札口から直接到着・出発ロビーにアクセスできるようになりました。国内線ターミナルと国際線ターミナル間を結ぶシャトルバスも運航し、ターミナル間の移動や乗り継ぎも便利です。

済州国際空港
済州国際空港は、国内線12路線・国際線14路線の定期便が発着しています。日本からは成田・関西・中部の3空港から直行便が就航。2019年7月より福岡空港発の直行便も開設されます。韓国国内線の利用者が多く、金浦-済州線は1日120便以上が運航。済州国際空港を利用する国内線旅客数は、ソウル金浦国際空港より多く、国内線チェックインカウンターは混雑しています。空港内では名物のみかんチョコレートやみかんジュースがお土産品として人気があります。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は福岡市中心部から5km圏内に位置する都市型空港です。国内線ターミナルには地下鉄が乗り入れ、博多駅から2駅 (5分) 、天神駅から5駅 (11分) で空港駅までアクセスできます。博多駅では新幹線やJR線、天神駅では西鉄線からの乗り換えも可能で、九州北部からのアクセスが便利です。2019年3月には「地下鉄アクセスホール」がオープン。地下鉄改札口から国内線出発・到着ロビーに直接アクセスできるようになりました。また、佐賀・唐津・伊万里・日田など福岡近郊の主要都市からは高速バスも利用可能です。国内線・国際線の両ターミナル間を結ぶシャトルバスも運行しているので、ターミナル移動も 便利です。

済州国際空港
済州国際空港は市内中心部から比較的近いロケーションにあり、島内主要部への主なアクセス手段はバスとタクシーです。リムジンバス (600番バス) は、済州市内をはじめリゾートエリアの中文 (チュンムン) 観光団地や西帰浦 (ソギポ) 市方面に運行。バスの運行間隔は20分程度で、中文観光団地では主要なリゾートホテルにも停車します。交通ICカード「T-moneyカード」を利用すると、島内をバスで移動する際に便利です。タクシーは済州市方面・西帰浦方面にそれぞれ乗り場がわかれています。タクシーのボディに赤・黄・緑の3ストライプが入っている車両は、20年以上無事故のベテランドライバーが運転するタクシーです。車の場合は中文観光団地へは1時間ほど、人気急上昇中の新済州 (シンチェジュ) には10分程度で移動可能です。旧済州にも10分程度でアクセスできます。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。