地図

福岡 (FUK) 発 - 上海 (SHA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な上海行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - 上海行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥23,992

直行便航空会社

4

週の便数

30

平均飛行時間、合計距離877 km

1 時間 45 分

先月の最も人気の航空会社

中国東方航空

浦東(プドン)国際、虹橋(ホンチャオ)、および長海

3 空港

よくある質問

上海には 3 つの空港があります。 浦東(プドン)国際、虹橋(ホンチャオ)、長海です。
スカイスキャナーで見つけた福岡から上海までの最安フライト料金は、¥23,992です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡から上海までの平均フライト時間は1 時間 45 分です。
福岡から上海まで直行便を出しているエアラインは、4 社あります。
11月時点では、福岡から上海までは毎週 30 本のフライトがあります。

福岡から上海行きのフライト情報

平均所用時間 1時間35分
料金 往復 ~low_price_display~〜
航空会社 中国国際航空 (エアチャイナ), 中国東方航空
最も安いルート 福岡空港 - 上海 浦東国際空港 (FUK - PVG)
最も人気のルート 福岡空港 - 上海 浦東国際空港 (FUK - PVG)

福岡から上海行き ルートの基本情報

福岡から上海までは約1時間45分のフライトで、福岡-羽田線の飛行時間 (1時間35分) と移動時間はさほど変わりません。上海には浦東国際空港虹橋国際空港の2つの空港がありますが、福岡からは浦東国際空港に直行便が就航しています。浦東国際空港経由で他の海外都市へのフライトへの乗り継ぎも便利です。

福岡-上海 直行便を就航する主な航空会社・LCC

中国国際航空 (Air China) 中国東方航空

中国国際航空 (Air China) は中国のナショナル・フラッグキャリアで、スターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、就航都市は国内線・国際線あわせて189都市に及びます。北京・成都を拠点とし、深圳航空・山東航空・吉祥航空とはパートナーシップ提携を結んで路線ネットワークを拡充しています。中国東方航空は上海を拠点とする中国四大航空グループを構成する航空会社のひとつ。上海浦東国際空港と虹橋国際空港をハブ空港とし、日本国内17都市にも乗り入れています。日本-上海線には日本人客室乗務員が乗務しているだけでなく、上海浦東国際空港に日本人スタッフがいるので、コミュニケーションで困ることはありません。中国東方航空はスカイチーム (SkyTeam) に加盟していますが、アライアンスの枠組みを超えてJALとも提携しています。

定期便の便数

中国国際航空 (Air China) :1便、中国東方航空:3便

1日4便のダイヤ編成でデイリー運航です。中国国際航空はスターアライアンス加盟航空会社のANAと、中国東方航空はJALとコードシェア提携をしています。中国東方航空は午前・午後・夜の各時間帯に1便ずつの3便が設定されているので、スケジュールの調整がしやすく観光やビジネスに便利です。

直行便以外のアクセスルート

福岡-上海線は比較的短距離のフライトのため、直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、ソウルや釜山など韓国の主要空港を経由するルートがありますが、上海到着まで4時間30分以上かかります。また虹橋国際空港へは青島で乗り継ぐ方法がありますが、こちらも上海到着まで6時間30分を要するため、直行便のほうが便利です。

路線の概要・メリット

福岡空港発-上海 浦東国際空港行き航空券の相場
年間を通して航空券の相場が安定している路線のひとつです。航空券はエコノミークラスの場合、往復36,000円前後が相場ですが、午前便・午後便など選択するフライトの組み合わせにより45,000円前後になる場合もあります。ビジネスクラスの場合は、往復90,000円台で設定されている航空券もありますが、10~11万円が相場です。

路線の特徴
ビジネス・観光ともに需要が高く、中国からのインバウンド旅行客の利用も多い路線です。LCCは就航していませんが、早期購入割引運賃を利用すれば格安航空券も利用できます。スターアライアンスやスカイチームのネットワークをいかし、上海経由で他の海外都市へ乗り継ぎもスムーズです。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は国内線28路線・国際線23路線の就航ネットワークを有し、九州で最も大きな規模の空港です。国際線の旅客数は成田・関西・羽田についで多く、年間630万人を超えています。地理的にも東アジアに近いことから韓国・中国・台湾をはじめ東南アジアの主要都市への定期便がメインですが、グアム・ヘルシンキ (季節運航) へのフライトも人気があります。国内線ターミナルと国際線ターミナル間は連絡バスで約10分と離れているため、国内線から乗り継ぐ場合は時間に余裕をみておきましょう。国際線ターミナルビルの搭乗待合室のなかにもカードラウンジやエアラインラウンジがあり、出発前に利用できます。

上海 浦東国際空港
上海 浦東国際空港 は中国のなかでも北京とならぶ大規模なハブ空港で中国東方航空・上海航空・中国国際航空が拠点を置いています。グローバルな就航ネットワークを有し、24時間運用空港のため早朝・深夜も多くの便が発着。空港施設は第1ターミナル (1号航站楼) とターミナル2 (2号航站楼) のほか、第3ターミナル (サテライトターミナル) も建設され、年間許容旅客数8,000万人に達する見込みです。空港内はショップやカフェも充実し飲茶や点心が食べられるお店もあるので、到着時に利用することもできます。エアラインラウンジのほか、プライオリティパスで入室できるラウンジもあるので上海に到着後の休憩にもおすすめです。なお、上海虹橋空港発着の国内線に乗り継ぐ場合は4時間以上の乗り継ぎ時間が必要とされています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は市内中心部から近く、公共交通機関が発達しているため交通利便性の高い空港といえます。空港ターミナルに地下鉄が乗り入れ、博多・天神といった市内主要スポットから15分圏内という近さです。地下鉄は国内線旅客ターミナルビル (南側) に乗り入れているため、国際線ターミナルまでは連絡バス (約10分) で移動します。バスを利用する場合は、博多駅・天神・太宰府の各方面から路線バスが運行。またキャナルシティ博多・天神市役所前・ヒルトン福岡シーホークといった市内主要スポットからも空港行きのバスに乗車可能です。タクシーを利用する場合は博多駅から約20分で空港に到着します。

上海 浦東国際空港
上海 浦東国際空港は上海市中心部から約30kmに位置し、主な交通手段はエアポートバス・リニアモーターカー・地下鉄・タクシーです。空港からはリニアモーターカーを利用すれば約8分で、上海市郊外の龍陽路駅に到着します。龍陽路駅からは上海地下鉄2号線・7号線・16号線に乗り換え可能です。空港から地下鉄を利用する場合は、上海地下鉄2号線で人民広場駅・南京西路駅・中山公園駅といった主要駅までアクセスできます。空港バスも路線数が多く、市内中心部までの所要時間は80~90分。浦東国際空港と虹橋国際空港を約70分で結ぶシャトルバスは15~25分間隔の運行です。タクシーは到着ロビー正面から乗車可能ですが、23〜5時は深夜料金で割増になります。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。